【ClassiCube】『マインクラフト クラシック』の世界をそのまま再現してしまった「掟破り」のPCゲーム登場!オリジナルとは無関係ながら再現度の高さは絶品!



PC サービス中 購入 外国語版 シミュレーション

『ClassiCube』のタイトル画像

2019/5/17から正式配信が開始されたClassiCube Team購入型PCゲーム!『マインクラフト』に似たサンドボックス世界で思う存分クラフトシステムを楽しめる本格シミュレーション!

 

ブロック単位でできた3D世界でオブジェクト積み上げていくゲームプレイ、他のプレイヤーとチャットできるマルチプレイ要素が大きな魅力で、世界的な人気を誇るサンドボックスゲーム『マインクラフト』の世界観やゲームシステムが好きな人、500円以下で購入できる安価なPCゲーム作品を求めている人におすすめ!

廉価版『マインクラフト』誕生?

現在PCゲームのポータルサイト「STEAM」で販売中の『ClassiCube』は、ゲームプレイ画像を見てお分かりのように世界的に有名なサンドボックスゲーム『マインクラフト』の世界観に強くインスパイアされたPCゲーム作品。ちなみに権利を有するMojangやマイクロソフトとは一切関係がない。

 

「1つのブロックゲームが全てを支配した2009年の時代にあなたを連れ戻す」とSTEAM上で述べられている通り、本作が目指したのは2009年に世界に初登場したマインクラフトのオリジナル作品である『マインクラフト クラシック』の世界。タイトルの『ClassiCube』もそこに引っ掛けたネーミングになっている。

『マインクラフト クラシック』にインスパイアされた『ClassiCube』

▲懐かしの『マインクラフト クラシック』がそのまま蘇る。商品としては限りなくグレーゾーンだが・・。

 

2019年5月に誕生から10周年を迎えた『マインクラフト クラシック』は現行バージョンの基礎を築いたゲーム作品で、少ないブロックでクラフト要素を楽しむ原点が詰まっている。10周年記念企画としてブラウザ版が無料公開・配信されたことを記憶している人も多いのではないだろうか。

 

全世界で1億7600万本以上を売り上げた『マインクラフト』はバージョンアップを重ねることによってゲームシステムが拡張し、現在の内容に落ち着いているが、『マインクラフト クラシック』のシンプルな世界観を懐かしむ人は多い。本作はそんなユーザーの「気持ちの隙間」を突いた作品と言えるだろう。

 

実は無料でもプレイ可能

本作は「STEAM」では「販売」されているが、ClassiCube Teamの公式サイトからダウンロードすれば完全無料でプレイが可能。内容は販売版と全く同じで、ClassiCube Team曰く「STEAM」バージョンをユーザーが購入することで同チームへの資金援助になるということらしい。選択肢がある点に注意しよう。

無料でも遊べる『ClassiCube』

▲Windows、MacOSなど代表的なOSに対応。32bit版と64bit版が両方存在する。詳しくは公式HPを参照のこと。

 

なお『ClassiCube』は公式サイトの無料版および「STEAM」での販売版の両者共通で英語インターフェースのみとなり、日本語UIは実装されていない。基本プレイやオンラインマルチプレイ機能を利用して他ユーザーとコミュニケーションを取る場合には一般的な英会話能力と読解力が要求されるぞ。

 

以外にも多くのユーザーが高評価

モロに『マインクラフト』の世界を完コピしてしまった本作。その反応は批判の嵐ばかりかと思いきや、STEAMで購入したユーザーたちのレビューは軒並み高評価。公式ではブラウザ版でしか遊べなくなった『マインクラフト クラシック』の代替品としての価値を認める趣旨のレビューが多い。

 

ClassiCube Teamは10年前にリリースされた『マインクラフト クラシック』が持っていたシンプルかつ独特なクラフトシステムに大きなノスタルジックと愛情を抱いており、度重なるアップデートで変わってしまった『マインクラフト』現行版について行けなくなったオールドユーザーの囲い込みに成功しているようだ。

ユーザー評価の高い『ClassiCube』

▲パチモノと見るか愛情あふれるレプリカと見るか。自分の倫理観や価値観と照らし合わせてからプレイしよう。

 

「アップデート」イコール「改良・進化」とならない点がゲームの難しさで、「前の方が良かった」と感じるゲームはジャンルを問わず多数存在する。根幹的なシステムが変貌を遂げてしまった『マインクラフト』をプレイしなくなったユーザーが本作を発見してプレイした時、かつて感じたトキメキを再び覚えるはずだ。

 

したがって本作は2009年に初お目見えした『マインクラフト クラシック』にハマっていた往年のユーザーにはおすすめの作品であり、プレイすればあの頃夢中になってクラフトに時間を費やしたプレイ体験がフィードバックされてくるはず。ノスタルジックな気分で『マインクラフト』に浸れるPCゲームだぞ。

 

繰り返すが本作は『マインクラフト』にインスパイアされた別会社の作品であり、本家『マインクラフト』とは一切関係がない。パクリ商法と言われたらそれまでかもしれないが、本家が置き去りにしたスピリットを宿したファンメイドの作品と考えれば納得できるはず。『マインクラフト』愛に溢れた作品だ。

 

【おすすめポイント】掟破りのPCゲームが誕生!

究極のサンドボックス体験!

『ClassiCube』では、ユーザーの創造性が続く限り果てしないクラフト要素で何百時間でも遊ぶことができる。無論これはオリジナルの『マインクラフト』が持つ最大の魅力であり、本作が考え出したシステムではない。それでもブロックを重ねてオブジェクトを創造しているうちについ夢中になってしまう。

 

大人を夢中にさせる究極のブロック遊び要素こそ『マインクラフト』そして本作の醍醐味。巨大な構造物にチャレンジする場合には画面表示への慣れやテクニックが必要とされるが、意味を持ったオブジェクトを作り上げればゲームプレイが一気に楽しくなってくる。コツコツ型の人におすすめの作品だぞ

クラフト要素が抜群に楽しい『ClassiCube』

▲ドットを配置して絵を描く感覚で3D空間にブロックを積み上げる。モザイクタイルの仕組みにも近い。

 

協力プレイで大作を作ることも可能

本作はマルチプレイに対応し、ユーザー同士が交流できる。チャットで会話を交わし、一緒にオブジェクトを建造していく「協力プレイ」もバッチリ楽しめるので、1人ではかなりの時間を費やす「大作」を生み出すことも可能だ。フレンド同士でゲーム世界を共有することで面白さが増していく作品だぞ。

協力プレイにも対応する『ClassiCube』

▲オープンワールドゲームに登場するような世界も生み出せる。労力を惜しまなければ誰にでも作れるはず。

 

本作の元になっている『マインクラフト』も、この「創造性」を活かせるかどうかがプレイを楽しいと感じられる分水嶺になっている。多彩なブロックを積み上げて「それらしく見える」オブジェクトを生み出すことが好きな人であれば、つい時間を忘れて建設プレイに熱中できるはずだ。

創造性で楽しさが増す『ClassiCube』

▲にわかには信じがたいが、こんな大都市もクラフトで生み出すことができる。忍耐と努力の賜物だ。

 

ユーザーが持っている想像力と創造力を遺憾なく発揮できる『ClassiCube』は、原作『マインクラフト』と同様にプレイする人によって面白さが変わってくる作品。クラフトを辛抱強くできる人にはおすすめのPCゲームで、ちょっとした頭の体操にもなる。知的なパズルゲーム好きな人にも向いているぞ。

 

『ClassiCube』はSTEAMにて410円で販売中。オリジナル『マインクラフト クラシック』の世界を愛する人や、安価に『マインクラフト』風ゲームを遊びたいと考えている人には断然おすすめの作品だ。

 

【おすすめポイント】クラフト要素が抜群に楽しいPCゲーム!

ClassiCubeスペック/動作環境

動作環境 必須環境 推奨環境
対応OS Windows 2000
CPU
メモリー 1GB
グラフィックカード Not required
VRAM
HDD空き容量 15MB以上の空き容量
DirectX
回線速度

ClassiCubeの評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

ClassiCubeのレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

2
3