001 1

「Team Fortress2」は、知る人ぞ知るFPSの名作『Half Life2』の開発チームValveが開発し、steamにて2007年より配信中のコミカルなグラフィックスでアクの強いアゴの張ったキャラクター達で戦える基本プレイ無料のオンラインFPSゲームだ!

 

いわゆる陣取りルールの「コントロールポイント」を中心にゲームモードは10種類!基本的に復活は無制限で、復活地点にはヘルスと弾薬を全回復する補給棚も設置されており、ガンガン攻める大胆なプレイが可能だ!

超モンスター級のFPSビッグタイトルなのだ!

本作は、リリース当初はサーバーが足りず、ログインしようにもできない時期があったほど大人気でその凄まじいまでの人気は今なお衰えることなく、2015年4月の時点で総プレイヤーは500万人以上アクティブプレイヤーも常に100万人という超モンスター級のビッグタイトル!

 

001 2

001 5

1 5

 

リリース当時は有料だったが、2011年のアップデートの際に無料化されているのでプレイしやすくなった!

 

チーム戦が楽しすぎる!

本作はの面白さはアクションゲームとしてFPSの基本に忠実に作られていることで、ゲームの内容もシンプル!コミカルな見た目の反面、移動や射撃、自分のした操作に忠実な動作特性なので一瞬の判断や正確さを問われることになります。

 

001 6

1 8


また射撃・回避・巧妙さといったFPSのプレイに重要なスキルが露わになるので決められたマップの中で、ライバルと腕を競い合ってFPS本来の楽しさを味わえること間違い無い!!

敷居は低く、窓口は広く

冒頭で触れたとおり、TF2はFPSの初心者から上級者まで絶大な支持を誇る超人気作

一体どんな秘密があるのかと思っていよいよ起動してみると、その理由はすんなりと飲み込めた。

 

チュートリアルのローディング時間に古風なキネマスタイルでチュートリアルの内容が表示される。なかなか見てて飽きが来ない。

 01

 

多くのFPSではこうしたトレーニングモードがないことも珍しくない。そのため、初心者は実際にマルチプレイに参加してルールを覚えなければならないのだが、そこはすでに十分に実戦に慣れたプレイヤー同士が凌ぎを削る鉄火場となっているのが常識だが、TF2では最初にゲームを起動すると、新規プレイヤーにチュートリアルのプレイを促すメッセージが表示される。

 

02

 

右も左もわからないプレイヤーは自分が足を引っ張らないようビクビクしながら少しずつゲームに慣れていかなきゃいけないのが普通だが、TF2ではこうした心配をする必要はない♪

 

最初はロケットランチャーショットガンを得意とするソルジャークラスしか使用できなかったけど、一つ一つのレベルをクリアする度に新しいチュートリアルがアンロックされ、新たなクラスの能力について学べる仕組みになってる。

 001 4

 

また、チュートリアルに含まれる実戦形式のAI戦は親切なつくりになっている

 

詳細なガイドテキストつきでマルチプレイの基礎を学ぶことができたり、コーチの資格を持つプレイヤーを招待することで自分のプレイを見てもらいながらアドバイスを得る事ができるコーチ機能という非常に独特な仕組みもあり、このゲームを初めてプレイする人間でも、この部分さえ触っておけばすぐに実戦にいけるぞ!

 

個性的なキャラクター(クラス)が面白い!

キャラクターにはそれぞれ9つのクラスが割り振られており、どれもユニークで特徴的で個性的なクラスが楽しめるのも魅力だ!

 

1 2

 

TF2では各キャラクターがそれぞれの得意分野を持ち、各自が連携することでゲームメイクをしていく作りになっている。

そのクラスを少しだけ紹介してみよう。

防御型

▼ヘビー

1 20

見るからにマッチョな大男。
見た目通りタフネスと火力のモンスターで、全クラス中最大のヘルス量を誇る。
(ヘルスとはHealth=体力のこと。尽きると当然死んでしまう)

後述のメディックによるブーストを受けることでさらに耐久力が増し、ほとんど移動砲台とも言えるような戦力になる頼れるマッチョ!

▼エンジニア

1 13

自動で敵を攻撃してくれるセントリーガン(自動砲台)や、周囲の味方に弾薬とヘルスを供給するディスペンサー、任意の場所へと瞬間移動できるテレポーターを作成できる。

セントリーガンは火力も精度も圧倒的。守りの要としてなくてはならない存在だ。

 

▼デモマン

1 15

 酔いどれ爆弾野郎。トップクラスの火力を持つ。

 

支援型

▼メディック

1 12

おっさんだが戦場の天使。戦闘面ではからっきしだが、仲間のヘルスを回復したり、基礎最大値を超えてブーストすることができる。

また、仲間を回復し続けることで特殊なゲージが溜まり、これが最大値に達すると一定時間味方と自分を無敵にするという超強力な特技がある。

 

▼スナイパー

1 18

 遠距離から敵を仕留める狙撃手。

 

▼スパイ

1 17

透明化や変装を駆使して敵の防衛戦をすり抜け、こっそり敵の拠点を制圧したり、専用の装備でセントリーガンを無力化できる。

背後から敵を攻撃すると即死されるという能力もあり、敵後方の攪乱に多大な貢献を果たす。

 

攻撃型


▼スカウト

1 16

ゲーム内で最速のスピードを誇るは接近戦が得意で、陣地を2倍の速度で占領可能。

 

▼ソルジャー

1 19

脳筋兵士。ロケットジャンプで急襲が可能。

 

▼パイロ

1 14

炎を撒き散らす『TF2』のアイドル。何かと謎が多い。

 

クラス制度のあるFPS自体はそれほど珍しくはないが、大抵は他のクラスよりできることが一つか二つ違う程度だ。しかし、TF2のクラスのほとんどが他のクラスでは代用できないほど個性豊かなものになっているため自分に合ったプレイスタイルを選べるのが面白い!

 

まったく替えが利かないレベルにまで尖った作りになってるゲームはほとんどお目にかかったことがない。

 

クラスが一種の専門家となっていることはある種のプレッシャーを感じるかもしれないが、そこはプロ中のプロが行うバランス調整のたまものか、どのクラスも自分の役割を果たすために取るべき行動は単純で、直感的な操作だけで望む結果を導き出せる。

 

強いて言えばエンジニアはアイテムの設置場所によって貢献度がまったく変わってしまうため、ある程度マップの構造を知ってからチャレンジしたほうがいいかもしれない。

 

▼セントリーガンを作成中の「エンジニア」

08

左手にあるのはディスペンサー。効果的な場所におければ敵をまったく寄せ付けないほどの陣地を作れるが、設置にはそれなりのマップ理解度が必要。

 

実際に戦ってみた

実戦に出てみることにした。この辺、面倒な設定などが必要ということはなく、お望みのゲームタイプを選んで『今すぐプレイ』を押すだけ

 

もちろん、サーバー検索機能を使って好みのサーバーを探したりすることもできるようだった。一応そっちも使ってみたが、さすがにネットインフラについては業界最大手企業ということらしく、検索にもたついたりするようなことはなかった

  

アクティブユーザー100万人というのは伊達ではなく、対戦相手に困ったりサーバーが見つからない事態とは無縁のゲームだった。

 

記念すべき第一回目のマルチプレイは『キング・オブ・ザ・ヒル』


マップ中に一つしかない拠点を奪い取り、一定の時間だけ保守できた方が勝ちという、かなり激しいルールだ。

 

筆者はトレーニングのAI戦でヘビーの火力に惚れ込んだため、ヘビーが活躍できるならこれだろう!と期待してのチョイス。

 

09

これは違うAI戦の画像。開幕と同時にブルーチームのプレイヤーたちが丘目がけて走っていく。
この調子で敵味方の全プレイヤーが一カ所に集合するため、戦闘はすさまじい激しさになる。

 

ヘビーの鈍足でえっちらおっちら丘を登り始めるころには、すでにあちこちで戦闘が起き、死体が散らばってるようなありさまだった。

 

戦場にはロケットランチャーやグレネードがバンバン飛び交い、巻き添えだけでそれなりのダメージを食ってしまった。

 

だが後ろになんとメディックが着いてきてくれた。彼はなかなかのやり手メディックらしく、筆者の操るヘビーのヘルスをブーストしながら一緒に丘を登り、陣地の攻略に貢献してくれるようだった。

 

10

左下の十字の中に表示されているのが筆者のヘルス。
本来の最大値は300だが、メディックのおかげで限界値を超えている。

 

AI戦で何戦かした経験からか、ヘビーにメディックがついてくれていれば恐いものなしだと思っていたのだが、ここで誤算があった。当然といえば当然なのだが、人間のプレイヤーはAIなんかと比べものにならないほど強かった。

 

ヘルスブーストを受けていた状態だったにも関わらず、後ろから近づいてきたスパイにあっさり後ろから刺され、あっけなさすぎる最初の死亡。

  

その後もめげずに丘の中央に突撃しては、ヘルスの続く限りひたすらミニガンを垂れ流しては敵をなんとか追い返し、スナイパーに頭を撃ち抜かれたり、こっちの死亡中にこっそり設置されていたセントリーガンに蜂の巣にされたりしながら戦うこと五分強。

 

こちらの占領時間がついに所定の三分に近づき、勝利のカウントダウンが始まる。だがテニスにデュースのルールがあるようにカウントダウン終了と同時に終わるということはないらしく、カウントがゼロになっても十秒ばかりの猶予が発生。

 

ここで一度陣地を取り替えされ、三十秒ほど追加で戦う羽目に。敵のタイマーも残り一分秒を切っていたため正直かなり焦らされたが、こちらも何度殺されてもめげずに前に出たのが功を奏したのか、無事に中央を取り返し、ここで第一セットを先取。

 

記念すべき初マルチプレイで見事勝利を収めることができた。

敵の時間も残り二十秒ぐらいの時点でなんとか勝利。
トップのキルスコアがすごいことになっているが、筆者のスコアではない。残念。

「Team Fortress2」を遊んでの感想

こうして筆者のTF2、初めてのマルチプレイがつつがなく終わった。感想は『大満足』。

 

わずか六分に満たない試合だったが、BOT戦では決して味わえない後方攪乱をしてくる厄介なスパイの存在や、足の速さを活かして凄まじい回避力を見せるスカウトなど、対人戦ならではの醍醐味がギュッと詰まった濃厚な試合を楽しむことができた

 

今まではトレイラーや風聞で、「シンプルで楽しい大衆向けのゲームなんだろう」程度にしか考えてなかったが、いざ実際にプレイしてみると、強烈な個性を持っていながらも扱いやすいという本当に見事なクラスシステムや、まるでストレスを感じないマッチングシステムきめ細やかに変更できるコンフィグ回りなど、『楽しさ』と『遊びやすさ』を両立させるために最大限の考証を重ねてあると感じた。

 

チュートリアル一つを取っても間にムービーをはさむことで初心者をきっちりおもてなししてくれるし、圧倒的な検索速度と利便性を持つマッチングシステムは、一日のうちに何度も何度もリピートして遊ぶ重度のFPSプレイヤーを心から満足させてくれる。

 

一回のマッチも五分もあれば終わらせられるほどコンパクトで、一戦を終えたら今度は別のルールで試合をするなり、あるいはそのサーバーで心行くまで試合したり、プレイヤーが思った通りに遊ばせてくれるおすすめFPSだ!

チームフォートレス2(Team Fortress2)スペック/動作環境

動作環境 必須環境 推奨環境
対応OS Windows7(32/64bit) Vista/XP,Mac OS X Leopard 10.5.8 / Snow Leopard 10.6.3 Windows 7(32/64bit)/Vista/XP
CPU Windows:1.7GHz以上のプロセッサ Pentium 4 プロセッサ(3.0GHz 以上)
メモリー Windows:512MB,Mac: 1GB 以上
グラフィックカード Windows:DirectX® 8.1 レベルのグラフィックカード(SSE のサポート必須),Mac:NVIDIA GeForce 8 以上 または ATI X1600 以上 または Intel HD 3000以上 DirectX 9 レベルのグラフィックカード
VRAM Windows:128MB 256MB以上
HDD空き容量
DirectX
回線速度

あなたにおすすめのオンラインゲーム

プレイヤー数1億6000万人以上!世界的に絶大な支持を得る無料戦車TPSゲーム!戦車好きにはハマる要素しかないオンラインゲームだ!第二次世界大戦を550以上の忠実に再現された戦車での多人数同時参加型オンラインア...

ガンダムがオンラインで熱い!シリーズ史上最大級100人同時参加のモビルスーツ部隊戦で大乱闘できる「機動戦士ガンダムオンライン」がやめられない!!

伝説の戦艦「大和」や「長門」も登場するオンライン海戦アクションストラテジー!大迫力の戦艦を駆使し戦術を詰めてガチの海戦を楽しめる!戦艦好きは絶対ハマる海戦バトルゲーム!

日本でNo.1人気の無料オンラインFPS!ユーザー数200万人突破し、プレイ人口、グラフィック、武器種類、MAP数、そして多彩なモードなど最高峰のタイトルだ!

2008年にオープンβ版としてリリースされた前作の「Dead Frontier」の流れをそのまま受け継ぐ。ゾンビウイルスが何らかの原因で蔓延した世界を舞台に、生き残ったプレイヤー達がゾンビと戦っていくストーリーのゲー...

3Dという壁を超えた「リアル」な世界の狩猟FPS!太陽による光の明暗や木漏れ日、風に揺れる木々に至るまで動画と思えるほどの高グラフィック!

ZOOM人気記事

チームフォートレス2(Team Fortress2)の評価・レビュー・評判(6件)

Clock Varkid(男性)
4.0点

他のFPSにはない戦い。

【良かった点】
・それぞれ特徴がある多彩なクラス。
・初期武器が安定している。
・マナーはかなり良い。
・コンフィグ設定をすればノートPCでもさくさく動く。
・MAPがよく作りこまれている。
・ゲームバランスは悪くない。
・ルームが多く,プレイに困ることはない。
・なんというか,ユニーク。クラスの自己紹介動画はクスッと笑ってしまった。

【悪かった点】
・翻訳が一部できていない。できているものもあるが翻訳度が低い。
・武器はゲームを行って手に入れなければならないことが主。リアルマネーでも買うことができるが...
・グラフィックに少し癖がある。例えるならトイストーリーのような感じ。
・セントリーガンが強すぎる。慣れればそれほど苦ではないが,初心者にとっては壁となる。

5.0点

後にも先にも前にもない!一世一代の名作

【良かった点】
TF2のアメコミチックな絵が駄目な人も多くて、そこで辞めちゃう人もいるみたいですが、、、

もったいねええええええええ!
ここまで面白くてよくできたゲームは二度と無いかもしれません。
制作はCS(Oは付けるな?付けたら駄目だぞ?)シリーズ、L4Dシリーズ、そして三大FPSの1つHLシリーズを手掛けるあのValve。SteamやSourceエンジンで沢山のFPS愛好家がお世話になっているあのValve。
流石Valveさんってな感じですね。

まずこのゲーム、制作に8年かかってます。
有名なFPSタイトルだと、CoDとかBFがあがりますが、こっちはシリーズものをたったの1、2年周期でポンポン出しますから、内容が浅くて似たり寄ったりなゲームが大量生産されます。
そしてこれにユーザーが流れていくわけです。
つまり、作る側が「煮詰める」時間も、遊ぶ側が「やり込む」時間も、同じように短いわけです。
これでは半端なゲームが半端に遊ばれている・・・。信者さんも怒らないで、冷静に考えてみればそうでしょう?

Valve製のゲームはよく作り込まれているので、グラフィックも有名タイトルのような表面上のではなく、しっかりした良い描画になってます。ちょっと言葉では伝えづらいのですが、まあそんな感じです。
画は綺麗なのに軽いのも魅力。
内容においても、本当に飽きない。よくできています。
他の方の言う「レビューじゃ伝えきれない」がまさにそうでしょう。やればやるほど楽しくなる、ぶっといスルメのようなゲームです。

さらに、元々有料のパッケージゲームだっただけあって、クオリティは言うまでも無く無料ゲーとは比べものにならないくらい高いです。

でもやはり気になるのは、アイテムによる性能の差だったり、初心者ならではの劣等感について、ですよね。

大丈夫です。TF2は初期武器が一番強いですから(゜∀゜)
初期武器が一番強い、というより安定してます。これだと伝わりにくいかもしれませんが、なんだかんだ言って本当に一番強いのは初期武器です。後から遊んでるだけで「タダで」どんどんもらえる(ドロップと言います)アイテムは、初期武器より「強い」のではなく、変わった性能を持つ特殊な武器だけなんです。
んー、やはり言葉では難しいですね。とにかくやれば分かりまっせ!!!

あとはもう溢れるセンス。調べればそんな背景が!ってのや、アイテムや武器から様々な深みがあったりします。手始めに、YouTubeにもTF2公式サイトにも落ちてる、「Meat The Pyro」って動画を見て下さいな(笑)

【悪かった点】
・日本語訳がユニークで、始めは「んん?」ってなるかもしれない。慣れればむしろこっちの方が(ry
・アイテム鯖がたんまーに落ちる。大抵すぐ直るし初期武器を強引に使う機会になるから考え様によっては大して痛くも無い。
・アメリカンコミカルチックな絵に吐き気がする人は注意。そんでもやる価値は大いにアリ。
・「リアルな方が好きなんや」「わいは大戦略で充分」とかほざいて始めるのに抵抗ある人が多い。やれば分かるのに、最近の「超爽快☆」「リアル☆」「ヌルヌルスピーディ☆」「ユーエーブイオンラーインwwwwwwwww」
とかに溺れて抜け出せない子たちにいくら言い聞かせても中々やりたがらない。本当にもったいない。
で、なんとかやらせると「さっさと始めなくて後悔した」「今までの俺は馬鹿だった」なんて言い出す始末。
実際に私が誘ってこの台詞を言った人だけで4人も居ます。

Clock gn(男性)
5.0点

レビューでは全ての魅力を語りつくせないほどの名作

【良かった点】
魅力溢れるクラスと完成されたゲームバランス、多彩なゲームモードと元々が有料だっただけに無料FPSとしてみれば一線を画している。武器の種類も非常に豊富で帽子やアクセサリ等のアバター変更装備も充実している。他の無料FPSとは違い一部条件はあるがそういった追加武器もランダムドロップで手に入る。K/Dという概念が無いのでいくら死のうがチームが勝てば良いというシンプルさも有り余計な事を考えず遊べるゲーム。公式MAPに飽きてしまった人にもカスタムMAPという有志が作製したMAPを回してくれている鯖もある。

【悪かった点】
発売から4年以上が経過し完成されている反面、今後の伸びしろが少ない。
良くも悪くもお祭りゲーなのでクラン戦等の少人数戦にあまり向かず、日本でのクラン活動は下火だと思う。
個人的にももっと活発になってくれればと思う。

5.0点

なかなかいいFPSです。

【良かった点】
もうすでに他の人が書いているようなので手短に言うと、どのクラスもみごとに一長一短、決定的に強いものが無いのがよかった。

【悪かった点】
日本人にあまり認知されてないことですかね。

あと、プレイヤーの技術がものを言うので、課金無双なんかはしにくいと思います。

5.0点

そこらに転がってるオンラインゲームより楽しい!

【良かった点】
1999年夏に初代 TEAM FORTRESSが単品で発売!
そして2008年にTeam Fortress2が単品で発売!!

それから3年後...あまりの人気がありすぎてとうとう!!
無料で出来るようになった!!
今もメンテナンスなどがあり運営の管理がスゴい出来てると思います! 

TF2には9つのクラス(キャラクター)がおり、その紹介をしたいと思います。まず

攻撃型...
Scout(スカウト)散弾銃を使いクラスの中でNo1の足の速さを持っている。しかし体力が120と少ない...でも使いこなせれば最強ではなく”最恐”になります!!

Soldier(ソルジャー)ロケットランチャーなどを使い敵を吹き飛ばす!ミサイルが直撃すれば"即死"

Pyro(パイロ)火炎放射器を使い敵を燃やし殺すとんでもないヤツ!

そして防御!!
Demoman(デモマン)グレネードランチャーを使い隠れた敵を簡単に殺せる!その他にもいろんな方法が...

Heavy(ヘビー)クラスの中で体力と武器の弾数が半端ないキャラ!なんたってガトリングガン...敵を簡単に一掃出来る!

Engineer(エンジニア)...組み立てたセントリーガンで敵を食い止める事が出来る!

Medic(メディック)名前のとうり!衛生兵だ!

Sniper(スナイパー)スナイパーで仲間を狙っている敵を殺される前に殺れ!

Spy(スパイ)敵に偽装し後ろからさしてやれ!

【悪かった点】
悪い点など一つもない!むしろFPS回史上最高の超大作です!
さぁ!みんなも今まで味わったことのないteam Fortress2の世界を飛び出そう!!

4.0点

勝てば壮快!負ければ不愉快!非常に愉快なアメリカンFPS!

【良かった点】
・色々な職業があり、しかもどれが一番強いと言う事がなく、みな助け合いながら戦う事が勝利への道となる超良バランス
・仲間との連携こそが勝利のカギ、そのおかげでスコアが突出するプレイヤーが少ない。
・無課金でもほとんどの武器などのアイテムが手に入る良心性
(二週間あればほぼ全て集まるようにしているらしい)
・他のゲームで言う主力となるアサルトライフルがなく、クセの強い武器ばかりなので、一長一短であるので、選びがいがある
・いちいちキャラクターがおもしろい
・アイテムやキャラクターのエモーションが多い
・可愛くはないが、かっこよくおもしろくお着替え
・勝利時のご褒美は、征服感を刺激する最高の時間が待っている
・実績も多く、やりがいがある
・運営が常にバランスを考えて調整をしている
・自分を倒した相手がアップになり、さらに続けるライバルとされるので、勝負が自然と熱くなる
・敵にライバル視される(制圧する)と、征服感のようなものが刺激される
・どっかのTPSにパクられる安定の楽しさ
・とりあえずやれば必ずはまる

【悪かった点】
・日本での知名度が低いのか、海外のサーバーが多く、回線によってはラグくなってしまう
・味方との連携が大事すぎて、雑魚が多いと本当にクソチームになる
・無料版になってからNOOBが増えていた黒歴史
・プレミアムにするには課金が必要
・アイテムのほとんどは手に入るがランダムなのでどうしても欲しいときは課金になる。
・職業バランスを考えているが、どうしてもみんなやりたがる職業があり、やりたがらない職業があるので、チームのために犠牲になることも
・爆死すると完全バラバラ死体、首を落とされることもある
・初心者にも優しいが、少しは学習してほしい時がある。

チームフォートレス2(Team Fortress2)のレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

2
3
Chevron up