『Sker Ritual』のタイトル画像

『Sker Ritual』は、2022/10/7からSteamで早期アクセス版が配信されているWales Interactiveの購入型PCゲームで、超自然的襲来物Quiet Onesから生き延びるプレイが展開する協力型サバイバルシュータータイトル。

呪われた地で展開する不気味な敵との戦い、ファーストパーソンビューで臨場感満点に楽しめるアクションSTG要素、最大4名のプレイヤーが遊べるオンラインマルチプレイ、武器とキャラクターのカスタマイズ要素が魅力で、みんなと盛り上がりながら遊べるホラーゲームが好きな人におすすめの新作。

4名のCO-OPで遊べるホラーゲーム

現在PCゲームのポータルサイト「Steam」で早期アクセス版が配信されている『Sker Ritual』は、最大4名のプレイヤーがCO-OPで過激なサバイバルシューター要素にチャレンジできるおすすめの新作。ソロとマルチプレイの両方でスリリングなアクションSTG要素をたっぷり体験できるタイトルだ。

早期アクセス版の現時点では1種類のマップが実装されており、プレイヤーはスチームパンク風の武器を手にとって不気味な敵キャラクター「Quiet Ones」とその仲間たちとの壮絶なバトルに身を投じていくことになる。迫力満点のファーストパーソンビューで過激なバトルを大いに堪能できるぞ。

CO-OPで遊べる『Sker Ritual』

▲次々と出現する敵キャラを攻撃しながら生存を目指す痛快なプレイ要素が展開する新作。

ゲームの開発を手掛けているのは、受賞歴を持つ2020年のホラーアドベンチャーゲーム『Maid of Sker』で知られるWales Interactive。前作では背筋が凍るようなゴシックホラー要素が強烈なインパクトを残したが、本作では怒涛のアクションシューティングバトル要素へ全振りしている点が大きな特徴だ。

プレイ人数に関しても前作の1名から本作の最大4名へと進化を遂げ、フレンドや世界のプレイヤーたちと一緒に共闘しながら遊べるので、怖いゲームが苦手な人には本作の方がおすすめ。群がる不気味な敵キャラクターたちを多彩な武器で粉砕し、完成版で実現するクリアに向けてゲームを進めていこう。

日本語インターフェースはサポート外

Steamでの販売価格は1520円で、現在はリリース記念価格となる10%引きの1368円で購入できる(2022/10/14までの期間限定価格)。なお、ストアではシリーズ関連作品をバンドルにした形態のアイテムも併売中となっているので、スタジオの作風が気に入った人は、こちらの購入も検討してみよう。

前作『Maid of Sker』は標準で日本語インターフェースをサポートしていたが、残念ながら本作のインターフェースは英語一択。ただし前作と比較してストーリー要素は希薄なので、一般的な英語読解力を持っていれば十分にプレイできるはず。一緒に遊ぶフレンドが英語に詳しいと安心だ。

日本語インターフェースがサポート外の『Sker Ritual』

▲ノリノリのサバイバルシューター要素が特徴。狙いを澄まして敵をどんどん撃ち抜こう。

作品は汎用コントローラーでの操作をフルサポートしており、キーボードとマウスでの操作が苦手な人でも安心してプレイできる。またValveが販売している携帯ゲーム機「Steam Deck」との互換性もあり、ゲームを外に持ち出して遊ぶことも可能。様々な遊び方でホラー要素を満喫できる新作タイトルだ。

解除できるSteam実績も10種類あり、実績ハンターを自負する人にもおすすめ。現段階は「ベータ版」扱いとなり、アクセスできるコンテンツにも限りがあるが、CO-OPでアクションシューティング要素を楽しめるため、リプレイ性は抜群。ちなみに正式版は2023年の第1四半期にリリースを予定している。

超自然的襲来物Quiet Onesから生き延びるプレイが展開する協力型サバイバルシューター『Sker Ritual』は、現在「早期アクセス版」としてSteamで配信中。痛快なホラーアクション要素が展開していく必見のタイトルだ。興味が湧いた人は今すぐストアにアクセスして、詳細なゲーム情報をチェックしよう。

【おすすめポイント】不気味な敵を粉砕せよ!

ゲームシステム

早期アクセス版の『Sker Ritual』では、完成バージョンで予定されている4種類のマップのうち、「ラヴァーノックの呪われた地」1種類でプレイを楽しめる。スタート方法はソロとオンラインマルチプレイに分かれており、マルチは「クイックプレイ」と「プライベート」の2種類に分かれているぞ。

プレイヤーに襲い掛かってくる敵キャラクターは、倒すことでポイント「ミラクル」を落とす。ミラクルを取得することで上昇するミラクルポイントは、プレイヤーに3種類のアビリティー効果アップの選択肢を与え、3つの能力から1種類を選択してキャラビルドを行える仕組みだ。有効活用していこう。

プレイ画面中央には大きめのクロスヘアが表示され、手持ちの武器を使いながらバリバリと敵キャラを殲滅していくプレイ要素が大いに捗る。自分のロードアウトは画面右下のアイコンで確認でき、状況に応じて近接武器も利用できるようになっているので、武器を使い分けながら激戦を切り抜けよう。

武器を切り替えながら戦える『Sker Ritual』

▲インターフェース関連は高度にデザイン化されており、かなりスタイリッシュだ。

ミラクルポイントで獲得できる各種能力はテキストで表示されるが、この文章は英語表記になっており、かつ長めに説明されるため、英語があまり得意ではない人は意味を理解できないかもしれない。ともあれ「3種類あるアップグレード要素を選びながら戦える」という基礎知識だけは覚えておこう。

敵キャラクターを撃破していくとゲーム内通貨を稼ぐことができ、この通貨はマップ内にある無人ベンダーでの武器購入に利用できる。前作と比較するとかなりアーケードライクな作風になっているため、初見プレイヤーでも問題なく遊べるはず。難しい事を考えずにガンガンFPSの世界を楽しめる新作だ。

特定までプレイを進めると「ストーリーミッション」がアンロックされ、マップ内にある特定のオブジェクトを破壊していくなどの「任務」が示される。このクエスト内容は画面左上で確認できる上、透過形式のアイコンで目標物が表示されるため、誰でも間違いなく先を目指せる。任務を遂行していこう。

マルチプレイ時には敵の数もアップ

本作で可能になったオンラインマルチプレイについては、基本的にソロプレイ時と同じマップを共有しながら最大4名で進んでいくが、CO-OPでプレイ中の場合のみ、参加人数に応じて敵キャラクターの数も増加。みんなと一緒に連携しながら撃退していかないと進めない難易度となっている。

CO-OP対応の『Sker Ritual』

▲マルチプレイ中は敵出現数が増加。やり込み要素満点のアクションSTGを体験できる。

プレイヤーが操作するキャラクターには「マスクの取替機能」があり、外見を変えて一緒に遊ぶプレイ要素も大いに捗る。自分自身の腕以外をプレイ中に見ることはできないが、一緒に参加しているユーザーのマスクを見ながら遊べるので、お遊び要素としては十分。CO-OPが楽しくなる仕掛けが秀逸だ。

また、作品は武器のアップグレードもサポートし、ランダムで出現する基本レベルの高い武器を手に入れる「お楽しみ要素」もあるので、スチームパンク風の武器を用いながら戦う要素も加速していく。ゴリゴリのサバイバルシューターを満喫しながら、ソロとマルチプレイでゲームを遊び尽くそう。

【おすすめポイント】白熱バトルで盛り上がれ!

システム要件

『Sker Ritual』のシステム要件は中程度。推奨環境で提示されているグラフィックボードは「GTX 970」もしくは「R9 290」となるため、現行のミドルスペック帯のゲーミングPCがあれば余裕で動かせる。高解像度かつ最高設定で遊びたい人は、ミドルハイクラスのPCが推奨ラインだ。

推奨環境で提示されているCPUは「Intel i5-10500」もしくは「AMD Ryzen 5 2600」となり、プロセッサーの面でも参入の敷居は低い。OSも最低でWindows 7をサポートしており、インディーゲームタイトルらしい「幅広いユーザーが遊べる環境」が整っている。最適化も進んでいる印象だ。

システム要件が中程度の『Sker Ritual』

▲グラフィックのクオリティーと比較すると、要求スペックは低めに抑えられている。

インストールサイズは現段階で15GBとなっているが、これは今後のアップデートで増加する可能性が高い。現時点で4種類あるマップの1種類しか実装されていないため、完成バージョンではさらにストレージサイズが要求されるだろう。SSDやHDDの空き容量が少ない人は、今後に備えて空けておこう。

【おすすめポイント】幅広い人が遊べる新作ゲーム!

正式版への展望

2023年の第1四半期にフルバージョンのリリースを予定している『Sker Ritual』は、完成版で最低4種類のマップをフル実装し、ゲーム内でユニークなアイテムを獲得できる収集型コンテンツも搭載する予定。これ以外に何か目新しいシステムが登場することは無さそうだが、作風を見ればこれでOKだろう。

受賞歴を持つ前作と比較すると「内省的な部分」が消え、単純明快なアクションシューティングゲームタイトルへと変貌しているが、これはあくまで「スピンオフ」作品となっているので、そこまで目くじらを立てる必要はない。『バイオハザード』シリーズの「マーセナリーズ」コンテンツと同じだ。

完成が待たれる『Sker Ritual』

▲深く考えずにプレイできる世界観とシステムが秀逸な新作サバイバルシューターだ。

超自然的襲来物Quiet Onesから生き延びるプレイが展開する協力型サバイバルシューター『Sker Ritual』は、現在Steamで「早期アクセス版」として好評配信中。前作を全く知らない人もプレイできる必見のタイトルだ。興味が湧いた人は今すぐストアにアクセスして、詳細なゲーム情報をチェックしよう。

【おすすめポイント】完成が楽しみな新作!

Sker Ritualスペック/動作環境

動作環境 必須環境 推奨環境
対応OS Windows 7, 8.1, 10 (64-bit required)
CPU Intel® Core™ i5-4460 or AMD FX™-6300 or better
メモリー 8GB
グラフィックカード NVIDIA® GeForce® GTX 760 or AMD Radeon™ R7 260x
VRAM 2GB
HDD空き容量 15GB
DirectX Version 11
回線速度

あなたにおすすめのオンラインゲーム

プレイヤー数1億6000万以上!実在戦車を操りながらオンラインバトルを楽しめるおすすめのPCゲームが基本無料で好評配信中。世界のプレイヤーと一緒に戦いを楽しもう

低スペックPCでもバトロワができる!最適化によって『PUBG』を驚異の軽さにしたおすすめのPCゲームが好評配信中。独自のゲームモードも追加されて遊び甲斐は満点。「ドン勝」目指して他プレイヤーと戦おう。

【アルマ3(Arma3)】290平方キロに及ぶオープンワールドで真の戦闘を体験できるミリタリー系アクションFPS!地中海の巨大サンドボックスを舞台に、真の戦闘を体験できる!拡張性も抜群。

西部劇風のファンタジー世界で冒険するおすすめのFPS!単純なFPSとしての魅力はもちろんのこと、アドベンチャー的な要素も感じさせてくれる人気の新作FPSだ!

サイボーグだけになった世界で生き残った狐の物語。安全な場所を目指し、子狐を咥えて旅に出る。知力を絞り、難題をくぐり抜けよう!「狐」が主人公を努める驚き設定で、おすすめのTPSのサイバーパンクアドベンチャ...

2015年韓国ゲーム大賞「優秀賞」受賞!インドネシア国内同時接続数“最高記録”達成タイトルが日本上陸!FPS開発に情熱を注ぐNS Studioが贈る、現代プレイヤーの求める要素が凝縮された正統派オンラインFPSだ!

Sker Ritualの評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

Sker Ritualのレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。