『Pacific Drive (パシフィック・ドライブ)』のタイトル画像

『Pacific Drive (パシフィック・ドライブ)』は、2024/2/22からSteamで正式配信されているKepler Interactiveのドライビング・サバイバル・アドベンチャーゲーム。

ステーションワゴンを操縦しながら超常現象に立ち向かっていくプレイ要素が特徴で、ミステリアスな雰囲気を持つドライブゲームに興味がある人におすすめ。

このゲームはココが魅力!
  • 新感覚のジャンル
  • 危険地帯をドライブ
  • 車両カスタマイズ

ワゴン車で超常現象に挑む新作

現在Steamで正式配信中の『Pacific Drive (パシフィック・ドライブ)』は、超常現象とドライビングシム要素がドッキングしたユニークな新作。

超常現象とドライブシムがドッキング

ステーションワゴンを一人称視点で操作しながら探索を進め、持ち帰ったアイテムで車両改造を施しながら生存を進めていく必見のタイトルだ。

ゲームを開発したのは、ワシントン州シアトルに拠点を構えるIronwood Studiosで、パブリッシングはKepler Interactiveが担当。

シアトルのスタジオが開発

開発チームはロードトリップへの愛情を持つ面々で構成され、車両とドライバーの関係性を持つゲームを生み出すことに注力してきた経緯を持つ。

プレイヤーの行動によって異なる結果を得られるゲーム作りを念頭に開発された本作には、予測不可能なミステリアスな世界観が満載だ。

ゲームの世界観

作品の舞台となるのは、不可解な現象や異常現象に満ちた太平洋岸北西部。廃れた研究所区域「オリンピック隔離ゾーン」の謎を解き明かすことが主題となる。

ポストアポカリプスな世界観

「生き延びるためにドライブする」というキャッチコピー通り、プレイヤーが頼れるのは改造を施したステーションワゴンと己の運転操作のみ。

容赦なく襲い掛かってくる予測不可能な異常環境を生き残る術を学びながら運転を続け、世界に隠されている謎を解き明かしていこう。

世界に隠された謎を解き明かす

放射能に汚染された地域も登場する本作には、ホラーゲーム風の恐怖感とドキドキする探索要素が同居し、片時も目を離せない展開を体験できるぞ。

アメリカの映画を見ているかのような世界観設定と独特なビジュアル構成が光る新作ゲームで、幅広いゲームジャンルのファンを惹き寄せる魅力を持つ。

日本語環境をサポート

Steamでの販売価格は3,400円。ゲームは標準で日本語インターフェースをサポートしており、参入の敷居は低い。汎用コントローラーでも操作可能だ。

一人称視点でプレイ

なお、本作はソロプレイ専用のタイトルとなり、オンライン協力・対戦プレイ要素は非搭載。1人でじっくりと楽しめるおすすめのPCゲームだ。

解除できるSteam実績は合計で49種類と豊富。何度チャレンジしても飽きのこないゲームデザインとシステムを持つ作品なので、長時間遊べるだろう。

夜間のロケーション

PCへの要求スペックは中程度。推奨要件で提示されているグラフィックボードはRTX 2080/3070クラスとなるため、ミドルスペックPCが安全圏と言える。

インストールサイズは18GB程度。CPUの推奨モデルはIntel Core i5-10600kなので、古いCPUを使っている人はこの機会に新調を考えるのもアリだ。

ゲームのマップ

なお、Steam Deckとの互換性についてはストア上に言及がなく、今後対応タイトルになるのかは未定。Valveが検証するのを待つしかない。

ストアでは別売ダウンロードコンテンツとして、カスタマイゼーション・パックやオリジナル・サウンドトラックも併売中なので、こちらの購入も検討しよう。

不気味な世界

ミステリアスかつダークな世界をステーションワゴンで走り抜けていく新作ゲーム『Pacific Drive (パシフィック・ドライブ)』は、現在好評配信中。

興味が湧いた人は今すぐストアへアクセスして、詳細なゲーム情報をチェックしよう。

【おすすめポイント】未知のドライブへ出発!

ゲームの特徴

相棒のステーションワゴンと一緒に、過酷で容赦ない世界をドライブしていく本作には、ドライブシム+サバイバルゲームの魅力が詰まっている。

秘密組織「ARDA」が残した実験の痕跡がゾーンの至る場所にあり、異常気象に立ち向かいながらこれらを調査していくことも必要になってくる。

ゲーム内のロケーション

闇に紛れるシルエットや迫り来る鉄片の塊、高々とそびえ立つ土柱など、運転を進める毎に遭遇する奇妙なロケーションの数々が圧巻だ。

巨大な嵐がプレイヤーの命を付け狙うこともあり、プレイ中は油断ができない。視界を遮る恐怖の光景に臆することなく、運転を続けて逃げ切ろう。

車両アップグレード

マップ内で使える資源を拾い集め、自慢のステーションワゴンに改造を施すことが可能。生存率を上げるために車をチューンナップしていこう。

ステーションワゴンの改造は、プレイヤーの拠点でもある放棄されたガレージ内部で実行できる。車両部品単位でカスタマイズが可能だ。

車両カスタマイズ要素も実装

ボディパネルの強度を高めて予測不能な衝撃に耐えうる構造を生み出すなど、改造のバリエーションは豊富。カスタマイズ好きな人はハマるはずだ。

臨機応変な修理と適切な改造行為が危機を生き延びる確率を高めてくれるため、探索を行いながらパーツを手に入れるプレイも捗るぞ。

繰り返しプレイの面白さ

より過酷なロケーションほど、有用性の高い物資が眠っている。ハイリスク・ハイリターンなタルコフ風のプレイ要素を持つ新作ゲームだ。

放棄された車両

謎を解くためのデータを収集しながら無事にガレージへと帰還し、車両改造でアップグレードを行いながらさらなる探索へと旅立つ。

本作はこういった繰り返しプレイを面白く楽しめるシステムを持つ作品で、新たな試練へと向かう勇気も試される。ドキドキ感が止まらないゲームだぞ。

ゲームのイメージ画像

プレイ中はオリジナル楽曲を含む多彩な楽曲を聴くこともでき、終末世界を探索するプレイ要素に熱中できるはず。没入感の高い作品だ。

総評

アメリカ生まれのゲームらしい世界観が光る作品。過酷なドライブ要素が面白く、リアリティー満点のグラフィックも気分をアゲてくれるだろう。

超常現象が発生

ビジュアルデザイン的には映画『ゴーストバスターズ アフターライフ』や『マッドマックス』にインスパイアされた感覚も受けた。映画的なゲームだ。

SF映画や終末世界を描く映像作品が好きな人にもおすすめのタイトルで、BGMでノリノリになりながらポストアポカリプス世界を楽しめるだろう。

不気味な森林地帯

ミステリアスなポストアポカリプス世界をステーションワゴンで走り抜けていく新作ゲーム『Pacific Drive (パシフィック・ドライブ)』は、現在好評配信中。

タイトル画像の別バージョン

興味が湧いた人は今すぐストアへアクセスして、詳細なゲーム情報をチェックしよう。

【おすすめポイント】やり込み要素満点!

Pacific Driveスペック/動作環境

動作環境 必須環境 推奨環境
対応OS Windows 10
CPU Intel Core i5 8600
メモリー 16GB
グラフィックカード GTX 1060
VRAM 6GB
HDD空き容量 18GB
DirectX Version 12
回線速度

あなたにおすすめのオンラインゲーム

準新作

ダンまちファン必見!累計発行部数1,500万部超えを誇るライトノベルのアニメシリーズをアクションRPG化したおすすめの新作スマホゲームアプリが基本無料で配信中!

メカで戦え!SF世界のアリーナバトルを体験できるおすすめアクションゲームが基本プレイ無料で好評配信中。5vs5のリアルタイムMOBAバトルでチーム力を発揮しよう

3Dモデルで製作された背景が「グリグリ」と動くので、かなり立体的な「奥行き感」を味わうことができるビジュアルを楽しめる新感覚のおすすめの横スクロール型の新作シューティングだ。

プレイヤーの操るキャラクターも色の違いだけで把握できる。敵を銃で倒すだけなので、ルールも操作も簡単で、非常にわかりやすい。初めての人でも十分に楽しめるシンプルなシステムが魅力!

武芸者達の熱きバトロワ!アジアンファンタジー世界を舞台に60名のプレイヤーが一堂に会して腕前を競い合うおすすめ新作PC向けアクションTPSがSTEAMで好評配信中。華麗な移動アクションも堪能できるぞ。

近未来的な世界を舞台とした新作ローグライク横スクロールアクションゲーム!ジャンプやダッシュ、ショットで敵を倒しながら進んでいこう!

Pacific Driveの評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

Pacific Driveのレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。