【クリスタル オブ リユニオン】自国を強化し覇者となれ! 英雄を集めて王国拡大を目指す、スマホ&PC両方で楽しめる大人気純国産ストラテジーRPG。



PC スマホ サービス中 無料 オンラインRPG MMORPG シミュレーション

「クリスタル オブ リユニオン」はスマホ&PC両方で楽しめる純国産ストラテジーRPG

「クリスタル オブ リユニオン」は株式会社gimiにより2016年4月6日スマホ版がリリース、2017年7月25日にDMM GAMES版が配信された、スマホ&PC(Windowsのみ)両方で楽しめる純国産ストラテジーRPG。
※PC版はブラウザ型になります。

 

全世界累計100万ダウンロードを突破した大人気オンラインゲームで、王国の主となり ”ジャンヌダルク” や ”伊達政宗” などの英雄を率いて自国の発展を目指す。

 

「建設」は本作の最大の特徴で、多くの王(プレイヤー)と英雄が出逢う豊かな大地ミッドガルドを舞台に、兵力を上げるための “兵舎” や、生産力を高めるための “農園” などの「施設建設」「軍備拡張」などを行い最強の王国を作り上げていく。

 

バトル要素も充実しており、魔獣討伐や他プレイヤーとの同盟、攻城戦などのリアルタイムバトルは迫力抜群。

本格戦略ストラテジーに加え、英雄育成や専用ストーリーの搭載といったRPG要素もある

また、拠点育成や魔獣討伐といったストラテジーゲームのやり込み要素だけでなく、”英雄” との親密度を上げることで解放されていくボリューム満点のキャラクターストーリーが楽しい。

 

もちろん英雄は育成したり装備をカスタマイズして自分好みに戦わせることも可能なので、本格的なストラテジーでありつつも、物語性、キャラクター性を兼ね備えた純国産ならではのRPG要素もしっかりと体験できる内容となっている。

 

クリエイター&声優陣も超豪華で、日笠陽子、杉田智和、日高里菜、沢城みゆき、花澤香菜、石田彰、堀江由衣、小清水亜美、神谷浩史、釘宮理恵、水樹奈々、梶裕貴、森久保祥太郎、田村ゆかり、福山潤……主役級ばかりの大物&人気声優が名を連ね、総勢40名以上の全英雄ボイス付きというのだから、制作側の本気度が伺える。

 

資源の貯蓄に応じてどの要素を強化していくか、敵地に兵を送る際にどのような編成で攻め入るかなど戦略と知略を駆使しながら進める本格的なストラテジーゲーム「クリスタル オブ リユニオン」。

 

英雄の育成や強化、専用ストーリーの搭載といったRPG的要素の導入によって遊びやすい内容となっているため、戦略シミュレーションゲーム初体験の人にもぜひオススメしたい。もちろん声優ファンやキャラクター重視の人にも大人気のタイトルだ。

 ひたすら建設あるのみ! 施設建設で最強の国を目指せ

「クリスタル オブ リユニオン」は、「拠点」で様々な施設を建設したり「マップ」で英雄や兵士を行軍させて資源獲得や敵国への攻撃を行ったりしながら、自分の国を成長させていくストラテジーゲーム。

 

拠点となる「城」にはレベルアップ要素があり、高いレベルを解放するには、自国内で各種の「施設」を建設することが最も重要な要素になる。プレイヤーが治める王国の実力は「POWER」という数値で表されるが、この値を上昇させるのが自国の充実度、すなわち建設による各種「施設」の発展なのだ。

クリユニの中で最も重要な要素である「施設建設」を進めて最強の国を目指せ

拠点では、資源の生産や装備製作が可能になる「生産施設」や、城を守る城壁や敵の偵察行動を察知できる監視塔といった「敵対施設」などの施設を自由に建設することができる。

 

施設はレベルアップさせると生産効率や資源の獲得上限が上がりゲームをより効率的に進めることができるようになるのだが、レベルアップをする際にも資源が必要となるので、まずは「農園、伐採所、採掘所、鉄鋼所」といった資源施設を建設して手持ちの資源を蓄えていくのがオススメだ。

 

戦略シミュレーションゲームが初めてという人は進め方に不安を覚える人もいるかもしれないが、本作では「受注クエスト」形式によって、どの施設を建設&レベルアップすれば良いのか分かりやすくガイドしてくれるので、ゲーム開始直後はとにかくクエストに従って建設可能な施設を作れるだけ作り、どんどんレベルアップさせよう。

 

ちなみに、施設の建設やレベルアップにはリアルタイムで時間がかかるので、あまりにも時間がかかる作業はログアウトする前に開始しておくのがゲームを効率的に進めるコツだ。

 

施設のレベルを上げると、今まではアクセスできなかった他の施設がアンロックされるので、自国の建設と発展はやりこむほど多様性が広がってくる。「クリスタル オブ リユニオン」が「超建国」と形容されているのは、この「王国建設シミュレーション」システムに力を入れているからなのだ。

まずは農園、採掘所といった資源施設を建設して資源を蓄えていくのがオススメ

「超建国ストラテジックファンタジー」の名の通りの充実した王国建設システム

また、国の中にある「マザークリスタル」と呼ばれる施設で様々な能力の「研究」を行えば、内政行動時にボーナス値を付与させることが可能なので、資源に余裕があるときは研究も行って国をどんどん活性化させていこう。

 

研究には「資源」「建国」「軍事」「英雄」「防御」「防御Ⅱ」「覇者」という7つのカテゴリーがあり、それぞれのカテゴリーはツリー形式で研究分野が細分化されている。

 

研究の成果は “建設速度UP” や “生産率UP” といった各種ステータスの上昇に直結し、自国をより発展させることに繋がってくるが、偏りすぎた成長は良い結果には繋がらない。内政を重視するか、それとも戦争に強い国家を目指すか、プレイヤーの判断が試されるのが「研究」というシステムなのだ。

マザークリスタルで様々な能力の「研究」を行い、自国の強化を目指そう

自身が目指す国づくりのために「研究」のツリーは慎重に選択したい

マップでは、「兵舎」施設を建設することで雇った兵士を派遣させて未開拓の土地へ資源採集に向かわせるほか、敵国へ攻撃を仕掛けて資源奪取をすることができる。

 

派遣させる兵士の数は自由に変更できるので、周りに資源地が多くあれば兵士を分散させて一度に色々な種類の資源を手に入れたり、敵国の戦力などを “偵察” して勝利を確信したら総員で攻め込んだりと、臨機応変な部隊編成で自国の富国強兵を目指していこう。

絆を深めていくことで知る、英雄たちの物語

 ゲームに登場するキャラクターは、“アーサー” や “クレオパトラ”、“平将門” といった、史実の英雄や神話の神々など様々。最初から選択できるキャラクターから条件達成でアンロックされるキャラクターまで多数存在し、資源採集や敵国の攻撃、魔獣討伐などに連れていくことができる。

 

メインストーリー以外にも英雄たちには各ストーリーが用意されており、それぞれの「親密度」を上げていくことで英雄個別のストーリーが読めるようになる。親密度が1つ上がるたびに解放されていく仕組みなので、ボリューム満点のファンタジーストーリーを堪能できるのも特徴だ。

 

親密度を高めて特殊能力「アビリティ」を取得させると、さらに頼もしい存在へと変化する。


親密度を上げると個別ストーリーが解禁される、史実の英雄や神話の神々1

親密度を上げると個別ストーリーが解禁される、史実の英雄や神話の神々2

親密度を上げると個別ストーリーが解禁される、史実の英雄や神話の神々3

ミッションや討伐などによって獲得した英雄の “経験値” や、ポイントを割り振って獲得できる “スキル”、“装備” などは、他の英雄にそのまま引き継いだまま切り替えることができるため、キャラクターごとに育成を行う手間がなく色々な英雄との冒険を気軽に楽しむことが可能だ。

 

ただし、条件を満たすことで解放される各英雄固有の特殊能力「ヒーローアビリティ」は引き継ぐことができないので注意したい。

 

“手、頭、胴、足、アクセ×2” の装備品を身に付けさせればパラメータ上昇ができたり、装備に「カード」をセットすれば特別なアビリティを使用できるようになったりと、自分好みの育成カスタムが楽しめるのもポイントだ。

英雄もスキルや装備品など、自分好みの育成カスタムが楽しめる

 

昨日の敵は今日の友。「同盟」に参加せよ!

本作は、国の発展や英雄、兵士の育成などを一人でも楽しむことができるが、オンライン上にいる他のプレイヤーと「同盟」関係を結び、同盟国同士で力を合わせて勢力を拡大していくこともできる。

他プレイヤーと「同盟」関係を結び、力を合わせて勢力を拡大しよう

同盟に加入すれば、歯が立たない強敵を倒したい場合も同盟メンバーへ「討伐応援要請」出して一緒に戦いを挑んだり、「同盟支援」を行って国の建設や研究に掛かる時間の短縮をしたり、同盟メンバーが魔獣を倒すとメンバー全員が「贈り物」をもらえる育成支援系のサポートがあったりと様々な恩恵を得られる。

 

さらに、敵国を攻撃する際に同盟内で招集をかければ、最大9名の仲間と「集結攻撃」を行えるようになるのも同盟ならではの機能。集結攻撃を行うには「軍事司令所」と「魔石」が必要となるが、一人の力では到底倒すことのできない敵にも対抗できる兵力になるので、必須条件を満たして仲間と共に行軍し勝利を収めよう。

同盟メンバーへ「討伐応援要請」を出して、一緒に強敵に戦いを挑もう

同盟が賑わってきたら、イベント期間中のみ挑戦できる占領戦「叡智の塔」に挑戦してみてほしい。「叡智の塔」は1つのワールドに1つしか存在しない建物なので、塔占拠のために行軍してくる様々な同盟とお互いの兵力をぶつけ合う白熱のバトルを体験できる。

 

最終的に塔を占拠した同盟の盟主は1つだけ「願い」を叶えられ、ワールド全体に大きな影響を与えることとなる。ゲームの世界を支配できる能力になるので、メンバーと協力しながらワールドNo.1の同盟を目指そう。

イベント期間中のみ挑戦できる占領戦「叡智の塔」を制し、願いを叶えよう

庶民との対話も王の役目!

余談だが、ストラテジー型RPGである本作では、自国の街にいる一般市民との会話を楽しむこともできる。自国領土内に施設の建設が進むほど多くの人が歩き回るようになり、人物をクリックすれば会話が始まる仕組み。

 

基本的にはどのNPC(ノンプレイヤーキャラクター)をクリックしても挨拶してくれるが、会話が始まる人物には「!」や「…」のサインが出ているので、見かけたら積極的にクリックして会話を楽しもう。

 

中にはゲームのヒントとなるような発言をする市民もいるので、プレイ中は建設にばかり夢中になるのではなく、国を治める長として一般市民と触れ合いを持つことも忘れずに。

国を治める長として、街にいる市民と触れ合いを持つことも忘れずに

市民との会話の中には、ゲームを進めるヒントが隠されている場合も

 

豪華すぎる! 声優&クリエイターの布陣に驚くなかれ

「クリスタル オブ リユニオン」の世界を華麗に彩るのは、実力派クリエイターと豪華すぎる声優陣。

 

ゲーム音楽は 「世界樹の迷宮」「セブンスドラゴン」の古代祐三、オープニングアニメ総監修は「TIGER & BUNNY」「黒執事」のさとうけいいち 、オープニングアニメ音楽は「相棒」「黒子のバスケ」の池頼広、オープニングアニメ制作は「HUNTER×HUNTER」「サマーウォーズ」などを手がけるマッドハウスが担当。

 

総勢40名以上の英雄には、日笠陽子、杉田智和、日高里菜、子安武人、沢城みゆき、花澤香菜、石田彰、堀江由衣、小清水亜美、神谷浩史、釘宮理恵、水樹奈々、梶裕貴、森久保祥太郎、田村ゆかり、福山潤、斎藤千和、能登麻美子、朴璐美……などまだまだ紹介しきれないが、主役級ばかりの大物&人気声優が起用されている。


総勢40名以上の全英雄は、豪華有名声優たちによるフルボイス付き

この豪華さで全英雄ボイス付きというのだから、制作側の本気度が伝わるはずだ。彼ら演じる魅力的な声を聴きながらゲームを楽しめるというのは、声優ファンには特に嬉しいのではないだろうか。

 

ここでは本作に登場する一部の英雄を紹介するので、ビジュアルやキャラクターの能力、担当声優陣をぜひチェックしてみてほしい。

 

 

▼左/クローディア(CV:日笠陽子)

青い髪の毛が印象的な女性の英雄で、本作のメインビジュアルに起用されている。性格はいたって真面目で忠誠心も高い。剣と槍を持って戦うスタイルが特徴だ。


▼右/ベオウルフ(CV:杉田智和)

巨大な両手剣を自在に操る熱き英雄。実直な性格で曲がった事が嫌いなため、周囲とはよく衝突してしまう一面も持っている。

共に戦う英雄たち「クローディア(CV:日笠陽子)、ベオウルフ(CV:杉田智和)」

 

▼左/ジャンヌダルク(CV:日高里菜)

実在した女性と同じく、予知能力によって王国のために役立とうと考えている少女。本作に登場するジャンヌダルクは、失敗にもめげない明るい性格の持ち主だ。

 

▼右/クー・フーリン(CV:子安武人)

長髪が似合うクールな男性で、「力」についての鋭い考察を行なっている。根っからの戦闘好きでもあり、戦いの場では笑みを浮かべることもあるという。

共に戦う英雄たち「ジャンヌダルク(CV:日高里菜)、クー・フーリン(CV:子安武人)」



▼左/ヘラクレス(CV:沢城みゆき)

衣装も性格も解放的な女性の英雄で、大胆不敵で奔放な言動が目立つ。自分よりも大きな斧を振り回して戦う男勝りの戦士だが、反面情にはもろく、ピュアな一面も持っている。


▼右/平将門(CV:石田彰)

実在した平将門とは全く印象が異なるおとなしい青年の佇まいを持つ英雄。目つきは鋭く、それでいながら常に口元に笑みを浮かべる物静かなキャラクターだ。

共に戦う英雄たち「ヘラクレス(CV:沢城みゆき)、平将門(CV:石田彰)」


 

▼左/太公望(CV:森久保祥太郎)

智略を巡らし策謀を以て勝利へと導く英雄。皮肉なことに戦嫌い。何事にも無気力だが、王を幸福にしたいという気持ちは確たるもの。


▼右/伊達政宗(CV:大原さやか)

妖艶な雰囲気を纏う、隻眼の女英雄。戦場ではまさに鬼神の如き活躍で恐れられる。血に塗れた姿は美しく、妖しい香りを放つ。

共に戦う英雄たち「太公望(CV:森久保祥太郎)、伊達政宗(CV:大原さやか)」

 

▼左/ペルセウス(CV:梶裕貴)

高みを目指し頑張り続ける少年の姿をした英雄王と高みへゆく為、日夜努力を重ねる熱血少年。ちなみに子供呼ばわりは禁句な模様。

▼右/源義経(CV:水樹奈々)

薙刀を振り回す雅豊かなギャル英雄。イマドキのパナいテンションモリモリな彼女の前に敵はなく、越えられない壁は無いという。

共に戦う英雄たち「ペルセウス(CV:梶裕貴)、源義経(CV:水樹奈々)」

 

▼左/エンキドゥ(CV:斎藤千和)

兄お揃いの黒衣を纏い幾百の魔獣をただ一撃に屠る力を持つ異能の少女英雄。その瞳はただ兄だけを見つめ、王ですら二の次とか……。


▼右/ギルガメッシュ(CV:神谷浩史)

黒衣を纏い戦場をその暴の力で圧倒する英雄。圧倒的カリスマで配下を率いるその姿は、時に王以上に王らしいとされる。

共に戦う英雄たち「エンキドゥ(CV:斎藤千和)、ギルガメッシュ(CV:神谷浩史)」


 

王となり、英雄と共に国の繁栄を目指すファンタジーRPG

王たる証である指輪「クリスタル オブ リユニオン」。それは通称「コア」を呼ばれ、手にした者は願いを叶える資格を得る。

 

王たちはコアの力によって「英雄」という人智を超えた者を喚ぶ。ある王は兵力を増強し、その力をもって世界に覇を唱え、またある王は、志を同じくする王たちと同盟を組んで世界を制そうとした。道はひとつではない。各々のやり方で国を繁栄させていた。

 

この地を制したものは願いを叶えることが出来る。叡智の力を求め、日々繁栄と争いを繰り返す国々に呼応するかのように指輪を手にした新たな「王」がまた一人、かの大地に降り立つ……。

 

本作は、一国の王として国を発展させていく【シミュレーション】、魔獣を倒した素材で装備を強化する【育成】、英雄とのストーリーから世界を読み解く【ファンタジー】、リアルタイムチャットでワイワイ話す【MMORPG】、敵の戦力を読み戦を仕掛ける【ストラテジー】と、様々な面白さが詰まったオススメオンラインゲームだ。

今すぐプレイ!

クリスタル オブ リユニオンスペック/動作環境

動作環境 必須環境 推奨環境
対応OS iOS 7.0以上 Android 4.1以上
CPU
メモリー
グラフィックカード
VRAM
HDD空き容量
DirectX
回線速度

クリスタル オブ リユニオンが良く分かる動画を見てみよう!

TVCM 〜女性英雄編〜


TVCM 〜男性英雄編〜


クリスタル オブ リユニオンの評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

クリスタル オブ リユニオンのレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

2
3