【エンゲージプリンセス】電撃文庫25周年記念作品!豪華クリエイターの共演がスゴイ!おすすめの新作ラブコメRPG



PC サービス中 無料 ブラウザゲーム オンラインRPG シミュレーション

『エンゲージプリンセス』のタイトル画像

『エンゲージプリンセス』は、ドワンゴKADOKAWAによる共同開発で、2019/4/1より正式サービスが開始された新作PCブラウザゲームKADOKAWAが1993年に創刊したエンターテインメントノベルレーベル「電撃文庫」25周年記念作品として「niconico」とのコラボで制作されたラブコメRPG!

 

VRゲームである「エンゲージプリンセス」の中の「メアトピア」を舞台に願いを叶えるためにNPCと交流を深め「大迷宮 レムリア城」というダンジョンを攻略していくRPG。

 

メインクリエイターとして、原作・メインストーリーには伏見つかさ氏、メインキャラクターデザイン・イラストにはかんざきひろ氏と、電撃文庫「エロマンガ先生」や「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」で知られる黄金タッグが就任。また、niconicoで活躍するクリエイターである、ボカロP絵師も楽曲やイラストで参加♪

 

ゲームの中でゲームに挑む不思議な世界観、ド派手な演出が炸裂するバトル時の歌姫召喚システムが大きな魅力で、ハイクオリティなイラストで再現された美少女キャラクターが多数登場する楽しい作品が好きな人にオススメ!

 

ゲームの中で「ゲーム」をクリアするという不思議な世界観!

『エンゲージプリンセス』の舞台は、VR・AR技術が発達した2018年の秋葉原。そこでは「五感を完全再現する夢のVRゲーム」が都市伝説として広まっている。プレイヤーはゲームアプリ『エンゲージプリンセス』を起動したユーザーとして「夢世界メアトピア」に降り立って冒険へと旅立つことになる。

 

『エンゲージプリンセス』の舞台は、VR・AR技術が発達した2018年の秋葉原

 

「ゲームの中でゲームをプレイしている」という特殊な状況が展開するのが本作の面白さで、プレイヤーは主人公と同様に究極のVRゲーム『エンゲージプリンセス』のクリアを目指すことになる。プレイヤーが操作する主人公のアバターが織り成す冒険。何ともややこしいが、この不思議な世界観と感覚こそ本作の魅力だ。

 

主人公が挑むゲーム『エンゲージプリンセス』のゲームマスターは「レムリア城」の最上階にいる「女王」。ゲームをクリアするためにはレムリア城の最上階で女王に謁見する必要があるが、女王は自由なプレイスタイルでゲーム世界に滞在することも推奨している。不思議なアドベンチャーが始まるぞ!

 

035

 

原作とメインストーリーを手がけているのは伏見つかさ氏。メインキャラクターデザインとイラストを担当しているかんざきひろ氏とのコンビで発表した作品『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』『エロマンガ先生』で一躍有名になった名コンビが現実と仮想世界が入り混じる不思議な空間を生み出す。

 

ゲームの中でゲームに挑む『エンゲージプリンセス』

▲謎の存在から声をかけられる主人公(プレイヤー)。「夢か現実か」という不思議なゲーム体験が本作の魅力。

 

プレイヤーが訪れるゲーム『エンゲージプリンセス』の舞台「夢世界メアトピア」は仮想現実と夢が混在する浮遊島。ここでは夢から生まれた意思を持つNPC「ナイトメア」が暮らしている。洞窟内で目を覚ました主人公はNPC少女「レムレス」からチュートリアルを受けつつゲーム世界を把握することになる。

 

洞窟で目を覚ます『エンゲージプリンセス』の主人公

▲メタ発言にも聞こえる台詞を喋るレムレス。彼女は自分が暮らしている世界について客観的な視点を持っている。

 

電撃文庫で活躍されている方を中心とした30名以上の作家が参加!

▲キャラクエストの執筆には、電撃文庫で活躍されている方を中心とした30名以上の作家が参加!ゲームリリース時点でキャラクエストをプレイできるのは、ステータスにシナリオ表記があるヒロイン。

 

開始直後にチャレンジできる『エンゲージプリンセス』のガチャ

▲ゲームスタート時には10名のキャラを獲得するガチャを引ける。引き直し制限は無いので思う存分回そう。

 

【オススメポイント】不思議な世界観と設定が最高に面白い新作ブラウザゲーム!

 

かんざきひろ氏のメインキャラ「ヒロイン」が可愛い!

本作でかんざきひろ氏がデザイン・イラストを担当した個性的な美少女メインキャラクター「ヒロイン」たちは文句なしの魅力と可愛さを持つ!

 

個性的な美少女メインキャラクター「ヒロイン」たち

 

主人公(プレイヤー)に味方して冒険とバトルの両方で大活躍してくれる彼女たちのCVは豪華声優陣が担当しているので、目と耳でその魅力を存分に味わえるぞ!

 

レムレス(CV:三澤紗千香)

『エンゲージプリンセス』のナレーションも担当するNPC少女ヒロイン。とある事情から実体化してプレイヤーの旅に同行することになる。ゲーム開始直後にはゲームシステム全般について丁寧なチュートリアルを施してくれるうえ、ゲーム通のプレイヤーが喜びそうなメタ発言もバンバン飛び出す面白いキャラクター。

『エンゲージプリンセス』のレムレス

 

マーリン(CV:日高里菜)

主人公の「夢」から生まれたと言い張る最初の冒険仲間。主人公の幼少期から一緒に過ごしてきたと主張し、実の姉のように振る舞う。明るく騒々しいキャラクターだがどこか憎めない魅力を持つ。「アーサー王伝説」に登場する伝説の魔術師マーリンと名前が同じで、時折ネタ元らしき発言も出るという不思議なヒロイン少女。

『エンゲージプリンセス』のマーリン

 

ネムネム(CV:藤田茜)

見た目通りのネコミミ魔法少女ヒロイン。莫大な魔法と引き換えに1日のほとんどをお昼寝して過ごすという猫のような体質を持っている。毎日お腹いっぱい食べて好きなだけ眠れる生活を送るのが彼女の夢だ。出現するエリアは「電気街エリア」。

『エンゲージプリンセス』のネムネム

 

 

クラリッサ(CV:上坂すみれ)

歌で精霊を使役する「精霊使い」を夢見ている少女。本人は壊滅的な「音痴」なのだが一途に努力を続けている。「素敵な歌声」を手に入れるために主人公と一緒に冒険へ旅立つことになるが、気弱そうに見えても実は欲望に忠実な性格の持ち主。出現エリアは「アイドルエリア」。

『エンゲージプリンセス』のクラリッサ

 

ベアトリス(CV:千本木彩花)

オタク文化にどっぷりと浸かってしまった「ヘンテコ」口調の女騎士ヒロインで、常に自分が支えるべき君主を探しているキャラクター。エネミー(敵キャラのことを本作ではこう呼ぶ)を誘引してしまうというレアな体質を持っている。出現エリアは「ファンタジーエリア」。

『エンゲージプリンセス』のベアトリス

 

メインキャラはフルボイスで表情も自在に変化

メインストーリーが展開する本作の「アドベンチャーパート」では上記のメインヒロインたちがフルボイスで喋り、さらに場面と状況に応じて表情も逐一変化するという豪華仕様。セリフと表情の変化がピッタリとシンクロしているので、2Dキャラクターであっても存在感を放っている点が実に素晴らしい。

 

ヒロインの表情が変化する『エンゲージプリンセス』

▲主人公の最初の仲間として登場するマーリン。彼女の謎はプレイを進めるに従って明らかになっていくぞ。

 

フルボイスで喋る『エンゲージプリンセス』のメインヒロイン

▲ドキっとするようなセリフを発することが多いレムレス。複数のヒロイン同士のやり取りも軽妙で楽しい。

 

エリアによって異なるヒロインが登場

本作の舞台「夢世界メアトピア」は「セントラルエリア」「電気街エリア」「アイドルエリア」「ファンタジーエリア」の4種類に別れており、上記のヒロインはそれぞれ所属するエリアが決められている。異なるロケーションで待ち受ける新たな出会いも本作の楽しみ。冒険心をそそられる仕掛けが面白い。

 

4つのエリアに分かれている『エンゲージプリンセス』▲マーリンやレムレス、特定のコラボヒロインなどは「エクストラ」扱いとなり「エリア縛り」はない。

 

電気街エリアにはネムネム、アイドルエリアにはクラリッサ、ファンタジーエリアにはベアトリスというように、エリアの世界観にマッチした外見や特徴を持つヒロインが出現する『エンゲージプリンセス』。与えられたロールを懸命に「生きている」彼女たちには単なるNPC以上の親近感を覚えるはずだ。

 

メインキャラクター級のヒロインは美少女キャラクター好きユーザーを夢中にさせる魅力に溢れ、ゲーム内でプレイするゲーム『エンゲージプリンセス』のクリアを目指す主人公(プレイヤー)のモチベーションを高めてくれる。メインキャラクターヒロインたちの存在感が際立つ本作は文句なしの美少女ゲームだ!

 

【オススメポイント】声優陣の演技を存分に楽しめるメインキャラヒロインが可愛い!

 

思わずコンプしたくなるキャラが続々登場!

『エンゲージプリンセス』には上記のヒロイン以外にも多彩なイラストレーターによって描かれた美少女NPCが多数登場!ガチャ要素で入手できる彼女たちの詳細はユニット画面で確認可能で、Live2D風演出によってユラユラと動くというゴージャスな仕上がり。さらに全てのキャラにCVが付いているから楽しい!

 

美少女キャラが多数登場する『エンゲージプリンセス』

014

▲ユニット画面ではCV担当声優とイラストレーターの名前を確認できる。コレクションをどんどん増やそう。

 

「電撃文庫」25周年を記念して制作された本作はメインキャラクター以外のNPCイラストを電撃文庫イラストレーターニコニコ絵師が担当。電撃文庫ファンの人なら知っている絵師のキャラも多数登場しているぞ。ガチャでキャラクターを引き当てたら絵師とCV担当声優をチェックしてみよう。

 

【オススメポイント】美少女キャラ多数登場でコレクションが捗る!

 

豪華な演出満載の痛快バトル!

『エンゲージプリンセス』の特徴は豪華なカットイン演出やエフェクトが乱れ飛ぶド派手なバトルシーン!最大5名のキャラクターでパーティーを編成して挑む本作のバトルは2Dキャラがメインでありながら思わず手に汗握る展開が巻き起こる大興奮のコンテンツ。ヒロインと一緒に戦いに挑もう!

 

本作のバトルシステムをデザインしたのは『カードファイト!!ヴァンガード』や『ヴァイスシュヴァルツ』などのカードゲームでシステムデザインを手がけたことで知られる「有限会社遊宝洞」。ヒット作に多く関わっている同社のバトルシステムは非常に洗練されており、テンポの良いバトルが展開する。

 

『エンゲージプリンセス』のバトルシーン

▲洗練されたUIが特徴のバトルシーン。PCブラウザゲームなので文字の大きさも丁度よく映る点がポイント。

 

最大5人編成のパーティーメンバーには「ゲスト枠(画面右上)」があり、ゲストはパーティーメンバーの誰かがバトル中に倒れた場合に「助っ人」として自動的にパーティーに加わってくれる。バトルはウェーブ制で進行し、全ての敵ウェーブを撃退するとステージクリアになるという仕組みだ。

 

「スクリプト」発動で大技炸裂!

ヒロインの魔法やスキルに該当するのが「スクリプト」。各ヒロインが持つ固有のスクリプトを発動すればバトルを優位に進められる。スクリプトには能力アップや敵キャラの能力をダウンさせる「サポートスクリプト」と攻撃に特化した「アクションスクリプト」、「パッシブ(自動)スクリプト」の3種類があるぞ。

 

「スクリプト」で戦う『エンゲージプリンセス』

▲ヒロインアイコンの右側に並んだアイコンがサポートとアクションのスクリプト。通常攻撃でゲージが溜まる。

 

サポートスクリプトを使用するとヒロインアイコンの背後にエフェクト効果を伴うイラストが出現。これだけでも十分にインパクトがあってカッコ良いが、アクションスクリプトが発動した際には画面全体に専用イラストとド派手なエフェクトが入るので大迫力!爽快かつダイナミックな演出が実に痛快だ。

 

『エンゲージプリンセス』のアクションスクリプト

▲ヒロインのスクリプトアイコンにカーソルを重ねると効果の説明がポップアップで表示される。

 

コンボでボーナス効果を狙え!

サポートスクリプトとアクションスクリプトは発動前にクリックして「予約」することが可能。予約されたスクリプトは画面右側に表示される。さらに特定のスクリプトを連続して出すと「コンボ」攻撃が生まれ、通常の攻撃よりもはるかに大きいダメージを敵に与えることが可能になる。コンボを繰り出そう!

 

コンボに成功すると「コンボボーナス」が発生。コンボ数が増えることでボーナスの効果もアップする。コンボボーナスは「コマンダーコンボ」「ガーディアンコンボ」「アタッカーコンボ」「ヒーラーコンボ」の4種類で、最後にスクリプトを使ったヒロインの「タイプ」によってボーナスが決定するぞ。

 

コンボを繰り出せる『エンゲージプリンセス』のスクリプト

▲コンボ発動中は敵の攻撃が発生しない。畳み掛けるように連続攻撃できるのでバトルで優位に立てるぞ。

 

4種類のコンボボーナスは敵への攻撃に特化した効果や味方の回復を行うタイプなどに分かれているため、バトル中にはどのタイプのコンボボーナスを狙うか、というプレイヤーの戦略性を活かせる。敵キャラもコンボを使用する場合があるので、敵と味方の体力を見極め、最適なボーナス効果を狙おう。

 

バトル画面は一時停止機能を装備している。コンボ数は組み合わせによって増やすことが可能で、さらに同属性のヒロインユニットの組み合わせによって効果を発揮するスクリプトも存在するため、コンボやボーナスについてじっくりと考えたい場合には一時停止を利用して戦略を練ると良いだろう。

 

一時停止で戦略を練れる『エンゲージプリンセス』のバトルシステム

▲バトルは2倍速とオートにも対応。慣れてきたらスピードアップして快適に進めることもできる。

 

ダイナミックな演出と高い戦略性を両立した本作のバトルは見応え十分。手持ちのヒロインの編成によって多彩な戦い方ができる点が文句なしに面白い。発動することで一挙に戦局が変わることもあるコンボを最大限に活用し、ド派手なカットイン演出を存分に楽しもう!

 

【オススメポイント】洗練されたインテリジェンスなバトルが展開!

 

「歌姫召喚」システムで興奮度MAX!

『エンゲージプリンセス』最大の魅力はバトル中に利用できる「DIVA CALL(歌姫召喚)」システム!ゲージを溜めてパーティーリーダーが歌姫(DIVA)を呼び出し、持ち歌を歌ってもらうことでバトルを有利に導く特殊効果を発揮!歌姫(DIVA)の召喚中は戦闘用BGMが人気「ボカロP」書き下ろしの楽曲に変わるぞ!

 

『エンゲージプリンセス』の歌姫召喚システム

▲「歌姫(DIVA)」が最後まで歌いきると敵1体に大ダメージを与える。強敵との戦いで使用するとより効果的だ。

 

「DIVA CALL(歌姫召喚)」で流れる歌姫(DIVA)の持ち歌は全てniconicoで人気のボカロPが制作した楽曲で、CVを務める人気声優が歌を担当する完全書き下ろしの新曲。楽曲が流れている間はスクリプトのゲージの溜まる速度が2倍になり、短時間でスクリプトをバンバン発動できるようになるぞ。

 

『エンゲージプリンセス』の歌姫召喚成功画面

 

バトル中に専用の楽曲が流れることでプレイの興奮度はMAXまで上昇。ハイテンションな雰囲気の中で展開する戦いはプレイヤーに大きな興奮と感動を与えてくれる。ゲームをプレイしつつ人気ボカロPと人気声優の歌も楽しめてしまう本作は、サービス過剰なくらいバトルシーンが充実した新作ゲームだ!

 

【オススメポイント】歌が流れるゴキゲンなバトルにテンション上がりっぱなし!

 

婚約も!ヒロインを楽しむシステムが充実!

『エンゲージプリンセス』はヒロインと深く関われる魅力的なコンテンツを多数実装!星7までのレアリティを持ち、6種類の属性と4種類のタイプに分かれるヒロインを強化・進化する要素や限界突破によるレベル上昇、さらには「婚約」できるシステムなど、やり込み要素満点のコンテンツが山盛りだ!

 

「強化」ではスクリプトレベルの上昇やヒロイン同士の「掛け合わせ」などの多彩な方法でヒロインのステータスを上昇させることが可能で、「進化」を利用すれば入手時のレアリティから最大2ランク上までアップさせられる。「進化」に成功すると特定ヒロインのビジュアルが劇的に変化するので必見だ。

 

「進化」で外見が変わる『エンゲージプリンセス』のヒロイン

▲「進化」した状態の衣装には露出が増えるなどのサービス演出が含まれることも。新しい外見に要注目だ。

 

「婚約」でプリンセスブースト発動!

本作では物語を進めていくうちに特殊アイテム「プリンセスリング」を手に入れられる。このアイテムはゲームクリアにも必要となる重要なアイテムで、手持ちのヒロインに送った時点で自分の「推しヒロイン」が持つ婚約条件が満たされていれば、そのヒロインと「婚約(エンゲージ)」できるようになるぞ。

 

婚約もできる『エンゲージプリンセス』

▲タイトルにもなっているほど重要な意味を持つ「婚約(エンゲージ)」システム。

 

「婚約(エンゲージ)」を達成するとホーム画面などに表示されるヒロインのステータス装飾に変化が現れ、専用エフェクトも発生。さらに婚約時の「専用ボイス」も楽しむことができるので、プレイを続けて自分の「推しヒロイン」を見つけた人は「婚約(エンゲージ)」イベントにチャレンジしてみよう。

037

▲婚約状態になると、ヒロインには「プリンセスブースト」が発動し、①ヒロインのステータスが上昇、②バトルの獲得親密度が2倍になる!

 

「婚約(エンゲージ)」したヒロインのステータスは元のレアリティに関係なく全て「星7」相当のステータスへと変化し、確かな戦力になる。「プリンセスリング」は1つしか存在せず、1つにつき1人のヒロインとの「婚約(エンゲージ)」が可能となっているので、慎重に考えてから婚約を実行すると良いだろう。

 

レアリティも進化する『エンゲージプリンセス』の婚約システム

▲推しヒロインを頼もしいキャラに成長させられる「婚約(エンゲージ)」システム。

 

「婚約(エンゲージ)」イベントに到達するまでにはヒロインとの「親密度」を高めることが必須。9億9999万9999の上限値を持つ親密度を上げ、電撃文庫で活躍している作家陣が制作した「キャラクエスト」を攻略すれば最高の瞬間に近づくことができる。ヒロインを極めるための道のりは長いぞ!

 

【オススメポイント】ヒロインをとことん楽しめる要素が満載!

 

今なぜPCブラウザゲーム?

本作の正式配信に先駆けて株式会社ドワンゴで開催されたメディア向けイベントでは、『エンゲージプリンセス』の総監督・開発責任者を務める株式会社ドワンゴ専務取締役COOniconico代表栗田穣崇氏がPCブラウザをプラットフォームとして選んだ経緯を語っている。

 

栗田氏によると現在飽和状態にあるスマホゲームアプリ市場を鑑みつつ、アプリを配信しているApp StoreやGoogle Playの「規約」が本作の作風や伸びしろには繋がらないと判断。そして辿り着いた結論が「PCブラウザ」というプラットフォームでの配信だったという。

 

あえてPCブラウザというプラットフォームを選んだ『エンゲージプリンセス』

▲スマホアプリとは違い大画面で美少女キャラクターを楽しめる。これもPCブラウザゲームの利点だ。

 

栗田氏が代表を務める動画共有サービスniconicoの月間アクティブユーザーは4400万人以上と賑わっており、参加するユーザーの半数近くが「PC」からアクセスしている。つまりロイヤリティ不要の自社niconicoでPCブラウザゲームを配信することは「理に適った行動」なのだ。

 

niconicoで配信サービスを行うメリットは他にもある。niconicoには実況動画を配信する環境があり、何よりniconicoで育ってきたクリエイターとのコラボ企画も容易になる。本作最大の魅力である「歌姫(DIVA)」の持ち歌はniconicoで人気のボカロPが制作した楽曲であることを見れば一目瞭然だ。

 

niconicoの利点を最大限に活かした『エンゲージプリンセス』

▲niconicoのポテンシャルを最大限に活かした『エンゲージプリンセス』。完璧なビジネスモデルだ。

 

ゲームの質が高ければユーザーはプラットフォームを超えて必ず参加してくる。本作はドワンゴ専務取締役COO兼niconico代表という立場の栗田穣崇氏が持てる環境をフルに活かした作品だが、その事情を抜きにしても本作は大きな魅力を持つ作品。PCブラウザゲームにはまだまだ面白くなる余地がある。

 

基本プレイ無料で遊べる本作にはユーザーを楽しませる仕掛けが盛りだくさん!無料のniconicoアカウントを取得すれば誰でもすぐにゲームをプレイできる。不思議な世界観と魅力的な美少女キャラが待つ世界へ今すぐ飛び込もう!

 

【オススメポイント】PC環境がある人には絶対オススメの新作ゲーム!

アニメ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』コラボイベント開催中!(2019/4/24~5/8)
 
038
 
◆コラボ内容①
全13話のストーリーで構成されるコラボイベントで、ここだけでしか読めない完全書き下ろしのストーリーが読める!

◆コラボ内容②
「エピローグ」クリアで、もれなく「★4 高坂 桐乃(ツンver)」×1をプレゼント!

「エピローグ」クリア後は、エクストラクエストでドロップする、イベント専用アイテム「電撃メダル赤」を集めて、「イベント交換所」で様々な景品と交換しよう!

イベント限定ミッションには、アニメ『俺の妹。』にまつわる、ここでしか入手できない限定称号も!
 
◆イベント専用アイテムの交換可能期間
2019/4/24~5/15 23:59:59まで
※イベント専用アイテムは「イベント交換所」で交換することができます。

エンゲージプリンセス(エンプリ)の評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

エンゲージプリンセス(エンプリ)のレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

2
3