「レクイエム」迷路の謎を解き、誰よりも早くゴールを目指すオススメの新作TPSだ!迷路の中にあるギミックを解きながら進む、わくわく感のあるゲームだ!



PC サービス中 購入 外国語版 FPS/TPS

マルチプレイでのデスマッチも可能な謎解き迷路!

01

『レクイエム(Requiem)』は2018/11/02にゲーム配信サイト「STEAM」にてダウンロードサービスが始まった。開発・販売ともに「Netlex Studio」が行っている。ランダムに生成された迷路内を探索し、謎を解き明かそう。背中越し三人称のTPS視点で展開する、パズル要素の強いハードコアのマルチプレイヤーアクションゲームだ。

 

プレイヤーは迷路を一人で探索したり、チームで参加したり、ポイントを奪い合ったりと様々なルールを幅広く選べるようになっている。本格的な迷路でありながら、対人要素や謎解きもあったりと、長く遊べるシステムだ。

 

ネットを通してたくさんの人数で行うマルチプレイでのデスマッチも可能など、本格的な戦闘はかなり緊張感と爽快感も味わえる。迷宮探査に底知れぬ魅力を感じるプレイヤーにはオススメのゲームだ

多人数参加型の本格迷路ゲーム!

Requiemでは、ボールを操って迷路を探索するので、人間が主人公のゲームに比べて異色な仕掛けが多くなっている。しかも、迷路自体が毎回ランダムで生成され、その中で異なるモードが遊べるようになっているのだ。

 

単純に誰が一番早くゴールまで到達できるかを競うだけでなく、迷路内に配置された宝を探し出すものや「デスマッチ」というバトルロワイヤル的な殺し合いのモードまで存在する。気分によって遊び方を自由に選べるは嬉しい。

 

広い迷路を闇雲に彷徨っていても、退屈するだけで盛り上がりには欠けてしまう。Requiemではプレイヤーを楽しませるように、迷路内ではたくさんのトラップが用意されているのだ。常に危険が迫っている状態なので、退屈する暇もなく、心地よい緊張感の中でゲームが進んで行く。

 

02

 

迂闊に罠に触れてしまうとスピード、ダメージ、ヘルスなどにダメージを受け、その後の探索が不自由になる場合も多い。カメラの向きを変えることで先を見たり、後ろを見たりして、罠を回避した移動が重要となってくるのだ。

 

トラップと迷路の組み合わせは王道的なダンジョンゲームに欠かせない要素であり、Requiemではそれが非常にうまく活用されている。かなり遊べる迷路探索型のアクションゲームになっているぞ!

 

迷路内には仕掛けがたくさん揃っている

Requiemでは移動によるトラップの回避の他にアイテムなどを用いた回避も用意されている。アイテムをうまく使うコトで、遠くの位置までワープをしたり、相手を弱らせたりと妨害をしたりと、幅広い活躍が出来るようになるのだ。

 

面白いのは砂煙を上げて爆走する「boost power」だろう。かなり速度で迷路内を進んでいけるので、攻略までの時間を一気に縮めるコトも可能だ。他のプレイヤーからの追跡も振り切れるし、逆に他のプレイヤーを追いかけるのにも使える。

 

05

 

ただし、煙がかなり派手に出るため、相手から見つけられやすいという点には気をつけて欲しい。デスマッチ的な要素が強いため、一方的に存在を知られていると遠くから妨害をされたりなど、かなり厳しいものになってしまうのだ。

 

なんか変だなと感じたら、素早くその場を去り、他のプレイヤーから一方的に攻撃される状況を回避出来るようにしておきたい。逆に相手を見つけた場合、相手しか知り得ない情報もあるので、後をつけて行くのも面白いだろう。

 

色々なアイテムがあるので、うまく使えば常に優位にゲームを展開させられる。手に汗握る熱い戦いを繰り広げ、自分なりの必勝パターンを身につけていこう。

 

たくさんの人数が参加できるマルチプレイ専用ゲーム!

04

 

Requiemは迷路を探索するのが目的なので、一人でじっくりと遊ぶイメージを持ってしまうかもしれない。しかし、Requiemはマルチプレイ専用になっており、常に世界のどこかにいるプレイヤーと一緒にプレイするのが基本なのだ。

 

一人でしっかりと練習をしてからマルチプレイをしたい人には、マルチプレイ専用だと不安な気持ちになるかもしれない。しかし、Requiemで行う操作は非常に易しいものが多く、ゲームに慣れていない初心者でも、すぐに遊べるようになるので心配は無用だ。

 

07

 

ゲームを何度も遊んでいれば、すぐにうまいプレイヤーと普通に渡り合えるようになれる。コツを覚えることで、豊かな戦略性を選ぶことが出来るようになるし、メインである謎もすんなりと解けるようになるはずだ。

 

なにより、人間相手のマルチプレイをやっていた方が、シングルプレイを多くやった人よりも成長が早い。なぜかというと、コンピュータに負けても、どこか冷静でいられるし、悔しさはあまりない。だが、人間相手だと話は違う。

 

負けると非常に悔しいし、勝ったときはめっちゃくちゃ嬉しくなるはずだ。この感情の起伏が人にやる気を出させて、大きく成長するのだ。世界のプレイヤー達と切磋琢磨して、ゲームの腕を磨き、さらにRequiemを楽しんでいこう!

 

早期アクセス版で更なるアップデートを期待できるオススメの新作!

Requiemには、バトルロワイヤルや宝探しなど、すでに色々なモードが用意されており、満足度もかなり高い。しかし、驚いたことにこれでまだ、未完成である早期アクセス版なのだ。

 

日本で未完成版を発売することは非常に珍しいが、海外では良くある手法で、開発のコストを下げて、発売日を早める効果がある。そもそも、発売が伸びるのはテストプレイに時間をかけてバグを全て取り除こうとするからだ。人を使うワケなので開発費も増してしまう。

 

そこをプレイヤー達にテストを行ってもらえば、メーカーは早い段階で開発資金が回収出来るし、ユーザーはゲームを早くかつ安く手に入れられるので、どちらにもメリットが大きい。

 

ソーシャルネットワークなどを利用して、ユーザーからの声を広く集めているので、ゲームの方針に大きく携われるのも、ファンならとても嬉しいサービスになるだろう。

 

メーカーの発表によると早期アクセス期間は1~3ヶ月程度を予定しており、完成版へのアップグレードが非常に楽しみな状態になっている。

 

将来的なアップデートでは、さらに多くのモード「キャプチャ&ホールド」などが追加される予定があったり、コンピュータが操作するボットとのローカルゲームの可能になったり、迷路のランダム生成の増強、ゲーム設定の改訂など、完成版になるまでに気になる機能がたくさん追加予定だ。

 

インターフェイスも現状では英語のみの対応だが、日本人のプレイ人口が増えてきたら、日本語へのローカライズも期待できるかもしれない。

 

03

 

迷路探索は遊園地などのアミューズメントパークに必ず用意されているほど人気のアトラクション。冒険心をくすぐり満足感を与えてくれる。非日常的な閉鎖感のからの脱出は、迷路ならではの面白さだ!

 

さらにRequiemではプレイヤーたちで織りなす、孤独から脱却も味わえる。一人で彷徨っていたところに他のプレイヤーを見つけたときの感動は大きい。デスマッチでありながら挨拶をしてしまいたくなるほどだ。

 

有名なウィザードリーなどのダンジョンゲームにハマったことがある人なら、このRequiemは間違いなくハマれるゲームになっている。シンプルなゲーム性なので、時間がそれほどとれない人や、一風変わったゲームを探している人にはRequiemは文句なしにオススメ出来るゲームだ。ぜひ、遊んでみて欲しい!

 

06

レクイエム(Requiem)の評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

レクイエム(Requiem)のレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

2
3