【Allergenium】ピクセルで描かれたオススメの新作FPS視点のサバイバルゾンビゲーム!



PC サービス中 購入 外国語版 FPS/TPS

「Allergenium」ゾンビで溢れかえった街中で、死を招くアレルギーを避けて生き残るのだ!

 

『オーラージニウム(Allergenium)』2018年10月26日にゲーム配信サイト「STEAM」にてダウンロードサービスが始まった。開発・販売ともに「OSA Studio」が行っている。マインクラフトのようなピクセルで描かれたFPS視点のサバイバルゲームだ。

 

スクラップを拾って鉄に変えたり、木を切って木材を手に入れたり、材料を集めて生き抜くための武器や道具を製造しよう。街中にはゾンビが徘徊している。周りを常に気にして移動するのだ。

 

サバイバルが主な目的になっているが、アレルギーという新しい要素が加わっている。飲んだり食べたり、自分の体に異変を感じたらすぐに対応しなければいけない。アレルギーは命に関わる。少し変わったサバイバルゲームをやってみたい人にオススメのゲームだ!

マインクラフトのような不思議な世界観でサバイバル!

02

 

Allergeniumはゾンビのいる世界での生存をテーマになっている。すべて正方形のブロックで構成された世界になっており、まるでマインクラフトのようなイメージを持つ人も多いだろう。実際に類似点も多く、木や石を連打して素材を手に入れるところもそっくりだ。

 

大きく異なる点としては、マインクラフトはどこかの無人島というイメージだったが、Allergeniumではすでに存在する文明の中にある都市で行われることだろう。つまり、文明の利器である銃や武器、爆弾などを当たり前に使うコトができるのだ。

 

他にも車などもスクラップになっているので、ハンマーを使って鉄くずに変えたりと、壊せる物に幅があり、素材探しが楽しめる。

 

ここまでであれば、多少のゲーム性は違えど、マインクラフトとそう大差のないゲームになってしまう。やるならやはり独自性が欲しいところだ。Allergeniumでは、その名の通り、アレルギーに関連した問題が発生するようになっている。

 

サバイバルをしながらアレルギー問題と向き合う!

05

 

Allergeniumの世界では、肉は危険な食べ物であり、体に良くないとされており、誰もが肉を避けて食べるようになっていた。食糧難を危惧して大きな組織が立ち上がり、安全な肉を製造し始める。大きな組織がどのように製造したのかなど興味を持つこともなく、その食品に誰もが飛びつき安全を信じてしまった。

 

しかし、その食品は遺伝的に改変され、高度に処理され、化学物質が注入され、さらに成長ホルモンおよび抗生物質を添加したとんでもない代物だったのだ。

 

毎日の食事は低品質になっていき、人々の健康はどんどん悪い方向に向かい始める。病院や診療所には病人達が大勢押しかけて大惨事。世界は恐怖とパニックで誰もが家の中に引きこもってしまうほどだった。

 

状況を怪しんだ研究所が食品を調べ、重度のアレルギー反応を引き起こした加工食品であることを発見した。だが、その時はすでに状況は遅く、人々はアレルギーによってゾンビに変貌してしまっていたのだ。

 

06

 

Allergeniumにはこのような設定があるので、サバイバルだからと言って、なにも考えずに食事をしているとアレルギーによってゲーム続行が困難な状況に陥ってしまう。グルテンとラクトースを含まない製品、新鮮な野菜や農薬を含まない果物が最も必要になってくるのだ。

 

安全な食べ物を探すとなると、流通が止まってしまった世界では非常に厳しい。家の中に侵入して食べ物を得ても、それがアレルギーと無縁であるのかどうかを確認しなければならないのだ。

 

アレルギーの元になる食べ物であれば、もちろん食べられない。食べてしまえば、かなりのリスクを背負うことになってしまう。

 

08

 

マインクラフト風のライトで明るめなグラフィックに重めの設定。それがAllergeniumの売りとなる部分だ。サバイバルと真剣に向き合う必要があるので、暢気にはやっていられない。シナリオもきちんとしており、本格的なサバイバル生活を楽しむことが出来るぞ!

 

自分の分身となるキャラクターカスタマイズ!

07

 

FPS視点で1番大事なのはキャラクターの見た目だという人も多いはずだ。自分のキャラが感情移入できないようではやる気が半減してしまう。

 

「Allergenium」では自分のスタイルあったキャラを表現出来る環境が整っている。多くのカスタマイズオプションが用意されていて、Tシャツ、パンツ、ショーツだけでなく、多彩の色とスタイルの帽子も選べるのだ。

 

そして、見た目意外にも、キャラクターは健康、鎧、被害、敏捷性、知識の5つのスキルを自分で選んで成長させられる。他人とは違うキャラに育て上げられるのは何よりも嬉しい機能だ。自分だけのオリジナルのキャラを作り上げて、混沌とした世界中で生きていこう。

 

遊べるモードが色々揃ったサバイバルゲーム!

03

 

Allergeniumにはいくつかのモードがあり、ゲームを盛り上げてくれる。現状では「チームデスマッチ」「チルアウトモード」だけだが、将来的にはゾンビの大群が襲ってくる「Zombie Waves」や、生き残りを賭けて殺し合う「バトルロワイヤル」などが予定されているので、追加が待ち遠しい。

 

ゾンビ達と戦いながら、食料や材料を集めて生き残るだけでも十分に遊べるが、モードによる緊張感の違いも新鮮な気分にしてくれるだろう。

 

特に「チルアウトモード」では手榴弾をつかってゾンビの大群を吹き飛ばせるので、非常に壮快だ。日頃のゾンビへの鬱憤を晴らしてしまおう。チームデスマッチはマルチプレイでも可能なので、Allergeniumで誰かと一緒に遊びたいプレイヤーの願いを叶えてくれる素晴らしいモードとなっている。

 

頼れる仲間と遊べるマルチプレイ!

04

 

マインクラフトのようなサバイバルゲームで気になるのがマルチプレイの存在だろう。1人で遊んでいるだけではいつか飽きてしまうのだが、周りと一緒に遊べるとなると感情がまったく違ってくる。

 

Allergeniumにもマルチプレイが用意されており、好きな相手と一緒に遊ぶことが可能だ。自分だけでは生存するのが難しい場合でも仲間がいれば安心できる。

 

しかし、注意して欲しい。

Allergeniumのマルチプレイは必ずしも協力プレイではないのだ。マインクラフトでも周りのプレイヤーを攻撃出来たようにAllergeniumでも周りの人間を襲えてしまう。つまり、素材が足りなければ他のプレイヤーを襲って集めるのも、一つの手になるのだ。

 

09

 

油断していると周りのプレイヤー達が戦力をつけてゾンビたちよりも厄介な存在になってしまうかもしれない。遠くから銃撃されることもあるので、見知らぬプレイヤーが参加している場合には気をつけておこう。

 

PvPが可能な状況だからこそ、一緒に協力しあえる相手は何よりも貴重だ。他のネットゲームよりも密な関係を構築できる。仲間たちとコミュニティを作り、ゾンビたちなどの危険な相手から身を守っていくのだ。

 

やり応えばっちりな早期アクセス仕様!

06

 

シナリオもキャラもゲーム性も素晴らしいがまだ未完成である早期アクセス版だ。フルアクセスとなるまではゲームの価格も安いので、手に入れるなら今がチャンスになっている。

 

インターフェイスは英語にしか対応していないが、日本人のユーザーが増えれば、日本語の対応も期待できるかもしれない。先の展開が非常に気になるのが早期アクセスの良いところだ。

 

アレルギーという新しい視点から、食べ物を眺めるのは現実世界でも役立つ知識になる。ゲームを楽しみながら、アレルギー問題を考えられるのは非常に面白い。マインクラフトのようなサバイバルゲームが好きな人は、絶対にやって欲しいオススメのゲームだ!

オーラージニウム(Allergenium)の評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

オーラージニウム(Allergenium)のレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

2
3