【Call of Unity】100円で買えるFPS!低スペックPC大歓迎のシューティングゲームがSTEAMに新登場!



PC サービス中 購入 外国語版 FPS/TPS

『Call of Unity』のタイトル画像

2019/5/11STEAMにて早期アクセス版配信開始!Rewind Appが手がける購入型PCゲーム!3種類の異なるマップで4つのゲームモードを遊べるアーケードライクな新作ファーストパーソンシューティングゲーム!

 

低スペックパソコンでもヌルヌルと動く軽量グラフィック、スピーディーな試合展開が大きな魅力で、シューティング対決が好きな人、手頃な価格でガンガン遊べるFPSゲームを求めている人にオススメ!

 

100円で遊べるFPS

ワインコインで遊べるPCゲーム作品を数多くリリースしていることで知られるインディー系ゲーム会社Rewind Appの新作は、ソロとマルチプレイで白熱のシューティング対決を楽しめるFPSゲーム。STEAMでの販売価格は100と大変安価なので、誰でも気軽に購入できる点がポイントだ。

 

Rewind AppはこれまでSTEAM53タイトルのゲーム作品を配信しており、カジュアルに遊べるPCゲームが好きなユーザーから高評価を得ているゲームメーカー。作品は全て低スペックなPCでも動作する点も魅力で、幅広い層のユーザーが安心してゲームを楽しめる点が素晴らしい。

 

100円で購入できる『Call of Unity』

▲UIはアイコンを多用して見やすい。ミニマップで自分の位置と向いている方向を確認できる点もグッドだ。

 

本作は正式版ではなく早期アクセス版として配信中で、プレイ中は予期せぬ不具合やバグに見舞われる可能性もある。ただし3種類のマップと4種類のゲームモードは実装済みで、5種類の武器を選んで対戦バトルを楽しめるようになっているので、100円で購入する価値は十分にあると言えるだろう。

 

FPSゲームで対戦することが好きな人にはオススメの作品で、安価かつ軽い動作でサクサク遊べるゲームを求めている人にも大きな満足感を与える新作『Call of Unity』。日本語インターフェースと字幕は非搭載だが、基本的な英語読解力があれば誰でもシューティング対決を楽しめるはずだ。

 

アーケードライクなノリでシューティングゲームを遊び尽くそう!

 

【オススメポイント】ワンコインでサクサク遊べる新作ゲーム!

 

豊富な武器を駆使して勝ち残れ!

Call of Unity』には「ピストル」「ショットガン」「大型ライフル」「中型ライフル」「スナイパーライフル」という5種類の異なる銃器が登場し、さらに2種類のグレネードを使いながら白熱のシューティング対決を楽しむことができる。素早く武器を切り替え、状況に応じた戦い方をで勝利を目指そう!

 

サイドウェポン扱いの「ピストル」を除く銃器類は、プレイ中にキル数を稼いでレベルアップすることでアンロックされる。ゲームをコンスタントに続けることが多彩な武器アンロックに繋がるため、何度もゲームにチャレンジして「武器マスター」を目指すモチベーションが湧いてくるぞ。

 5種類の武器が登場する『Call of Unity』

常に自分の武器が視界に入る一人称視点では武器のモデリングが重要。適度なディティールが秀逸だ。

 

低スペックなパソコンでも起動する「軽さ」がウリでありながら、武器類の描写はなかなかリアル。弾切れを起こすとマガジンチェンジをするモーションまで描画されるため没入感は高い。アーケードライクなノリで遊べる作品ではあるが、決してチャチなゲームではないという点には素直に好感が持てる。

 

本作はゲームパッド非対応なので、キーボードとマウスの操作に習熟している人の方が有利にプレイを進められる。武器切り替えのタイミングを見極め、ハイスピードで展開する戦いを制してレベルアップを目指そう。怒涛の流れで進むシューティング対決が大興奮のプレイ体験を提供するぞ。

 

大手ゲーム会社が提供するFPS作品に比べるとグラフィック品質は低めだが、本作は武器類の描写が素晴らしく、それぞれの武器が持つ特性や攻撃範囲などの設定が分かりやすく描かれている。自分のプレイスタイルに合った武器を選んで戦うことが好きな人は、きっと大きな満足感を得られることだろう。

 

【オススメポイント】状況に応じて武器を変えられるから楽しい!

 

「チームデスマッチ」で盛り上がれ!

Call of Unity』には「デスマッチ」「ガンゲーム」「ドミネーション」「チームデスマッチ」というソロからマルチプレイ向けのゲームモードが4種類実装されている。それぞれのゲームモードではルールやマップが変化するため、自分の好みに応じて多彩な遊び方ができる点が大きな特徴だ。

 

ユーザー同士の白熱した対戦プレイを望んでいる人にオススメなのが「チームデスマッチ」。制限時間10分という中で巻き起こるシューティングバトルはスリリングで、刻一刻と変わる戦況の中でチームの勝利を目指すプレイを存分に体験することが可能。多くのユーザーに腕前を披露するチャンスだぞ。

 

4種類のゲームモードを搭載する『Call of Unity』

スナイパーライフルを入手すれば遠方の敵への狙撃プレイが捗る。暗殺プレイが好きな人も楽しめるぞ。

 

「チームデスマッチ」は制限時間以内に多くのキル数を達成したチームが勝利するという単純明快なルール。単純であるが故に奥深く、参加するプレイヤーによって全く異なる試合展開になる点が魅力だ。チームの結束力と個人が持つシューティングのスキルが勝敗を大きく左右するので、貢献できるように頑張ろう。

 

それほど広くないマップ内で巻き起こるプレイヤー同士の乱戦は迫力満点。目の前にいる相手にばかり集中していると思わぬ方向から狙撃され死んでしまうことも多い。「チームデスマッチ」ではリスポーンが無制限にできるので、自分を倒した相手にリベンジすることも可能。何度でも蘇って戦線復帰しよう。

 

【オススメポイント】白熱のチーム対戦プレイがアツい!

 

アーケードライクなノリが最高!

これまでRewind AppSTEAMに送り込んできた作品全てがそうであるように、『Call of Unity』もまた「アーケードライクなノリ」が秀逸な新作ゲーム。あくまでカジュアルな遊び心地にこだわったゲームシステムが痛快で、何度遊んでもまたプレイしたくなる魅力に溢れている。

 

多くのユーザーが一斉に動き回っても安定した描画を続けるゲームグラフィックは文句なしの出来。FPSで雌雄を決するゲームでは少しのラグが命取りになることも多く、凝ったグラフィックを持つゲームではしばしば描画遅れが生じてしまうこともあるが、本作の場合は非常にスムーズに動いてくれる。

 

アーケードライクなノリが魅力の『Call of Unity』

最小システム要件は「Intel HDグラフィック」。内臓GPUでサクサク動く軽快さは本作の大きな魅力だ。

 

またかなりの高フレームレートでキャラクターが動いてくれるので、とっさの判断や操作がきちんと活きてくる点も見逃せない。操作方法を極めれば目にも留まらぬ素早い動きで活躍することも十分に可能だ。「しゃがむ」「立つ」などの姿勢制御も交えた白熱のシューティングバトルを存分に楽しもう。

 

前述の通り本作はまだ「早期アクセス版」の状態。Rewind Appはゲームをプレイしたユーザーの声をフィードバックし、本作をより一層優れた作品に仕上げると宣言しているので、プレイして気になった部分などがあればRewind Appのスタッフに報告してみよう。ユーザーの声がゲームを進化させるぞ。

 

ユーザーからのフィードバックを募集中の『Call of Unity』

生まれたばかりのゲームにとってユーザーの声は何よりも重要。積極的にフィードバックを送ろう。

 

たったの100円で存分にシューティング対決を楽しめる『Call of Unity』。お手頃価格でFPSを味わい尽くそう!

 

【オススメポイント】軽いノリで購入できる新作FPSゲーム!

Call of Unityスペック/動作環境

動作環境 必須環境 推奨環境
対応OS Windows 7/8/10 - 64bits
CPU 2 GHz Intel Pentium 4 or AMD Athlon or equivalent
メモリー 2GB
グラフィックカード Intel HD Graphic
VRAM
HDD空き容量 600MB以上の空き容量
DirectX
回線速度

Call of Unityの評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

Call of Unityのレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

2
3