【Conqueror's Blade:Frontier】過激な戦争が体験できるおすすめのMMORPG。30人参加の1000ユニットで行われる戦いは必見だ!



PC サービス中 購入 外国語版 MMORPG

【Conqueror's Blade:Frontier】過激な戦争が体験でき

コンカラーズ・ブレード:フロンティア(Conqueror's Blade:Frontier)は、中国のBooming Gamesより2019/7/11からSteamでリリースされた、1000人以上のユニットで争うマルチプレイ専用の剣戟RPGだ

 

プレイヤーは自分の分身となる武将を育て上げ、カスタムを繰り返しながら、より有能な武将へと変貌させられる。強くなっていけば、指揮官として部隊を組織できるようになり、戦争での活躍の場面が大きく変わっていく。成長に合わせて遊び方が変わるので飽きることなくゲームを楽しめるぞ。

 

資材を集めたり、貿易を行ってお金を集めたり、城を作って帝国を築き上げたりと、プレイヤーの出来るコトがたくさんある。他のプレイヤーと同盟を結んで一緒に国を育てたりしながら、戦場で活躍できる武将を目指していこう。無双系の圧倒的な人数の敵を豪快に倒すゲームが好きな人におすすめのアクションRPGだ!

 

中世で覇権を狙って戦乱を駆け抜けよう

【Conqueror's Blade:Frontier】おすすめのMMORPG

本作は中世ユーラシアを舞台にした世界観になっており、あちらこちらで戦争が頻発し、広大な大地が荒廃している。プレイヤーはたくさんの文明の中からベースを選び、自分の分身となるユニークキャラ(武将)を作成し、乱世の統一を目指して奮闘していく。

 

歩兵だった自分が武功を上げて、部隊を指揮できるようになるなど、出世要素が備わっている。戦略ゲームとしての側面よりも、アクションゲームの要素が強く、プレイヤーは司令官になったとしても、自ら剣を振るい前線で暴れ回るシステムだ。

 

戦場ではとにかく凄まじい数のユニットが姿を見せる。その数なんと1000人強ととんでもない。それぞれ15人のプレイヤーたちで構成された2チームに分かれて、大人数の部隊が入り交じり激しい攻防を繰り返すのだから面白さは抜群だ。


【Conqueror's Blade:Frontier】30人参加の1000ユニットで行われる

他にも武将のカスタマイズや貿易を行って資金源を作っていったり、ため込んだ資源を使って城を建てたり、プレイヤー主導で行われる「生態系システム」という名のコミュニティ要素が備わっていたりと、多方面でプレイヤーを楽しませてくれるアイディアが盛りだくさんだ。

 

実写のような美しいグラフィックで描かれているので、戦争のリアル差をダイレクトに感じ取れる。迫力の戦闘とミュージックはゲームの枠を超えて、映画を見ている気分になっていく。優れた世界観の中で自分のキャラクターを育て上げて、多くプレイヤーたちと共闘、闘争を繰り返して上を目指していこう。

 

大規模なPvPが楽しめるシステムは最高だ

【Conqueror's Blade:Frontier】大規模なPvPが楽しめるシステムは最高

本作は30人のプレイヤーが集まり、2チームに分かれて白熱した戦闘を行うゲームになっている。圧倒的な力で相手を打ち負かしてもいいし、巧みな戦略を打ち立てて相手を翻弄するのもいい。大規模なオンラインでの包囲戦が楽しめるようになっており、そこで活躍するプレイヤーも武将となって戦場を駆け回れる

 

中世のユーラシアでの覇権を争うのがテーマになっており登場する国家は、ヨーロッパスタイルの城を持っていながら、古代中国のような街並みだったり、砂漠の都市国家になっていたりと、その時代の雰囲気がよく表現されている。

 

様々な文化が入り交じりながら、独自の発展を遂げている中で、プレイヤーは穀物、馬、鉱物などの豊富に用意された天然資源を使って、さらに強力な軍隊を構築していかなければならない


【Conqueror's Blade:Frontier】強力な軍隊を構築していかなければならない

オープンワールドとなっているマップ内のすべては、プレイヤーが征服するためのものであり、強くしていくための踏み台になる。自分の影響力と武力を全地域に広めるのも重要だ

 

資材をたくさん集めていけば、城も作れるようになるし、貿易などを発展させて、強固な軍隊を生み出し、国を設立することも可能だ。1人だけで大きな帝国を目指してもいいが、信頼できるパートナーを見つけて、同盟を結びハウスを共にしながら一緒に強くなっていくこともできる。

 

力をつけることで、侵略者からも身を守れるようになり、戦争においてより大きな活躍ができるようになる。大陸全土で繰り広げられる戦争に参加しながら、敵の領土を奪い、比類なき力を発揮して歴史に名を残そう。

 

アクションからRTSの比率が高まっていく

【Conqueror's Blade:Frontier】アクションからRTSの比率が高まっていく

本作の最大の売りとなるのは、プレイヤーが30人参加の1000ユニットでの戦争なのは間違いない。

 

最初はユニット数も少なく、プレイヤーは自分のキャラと小さな部隊をまとめるだけなので、戦場に出て暴れ回っているだけでいい。しかし、キャラが育っていくと部隊は拡大し、ユニット数が圧倒的に増えてしまう。大部隊になってしまうと、プレイヤーは自分だけが好き勝手に暴れていた時と同じ感覚でやっていても、大した成果を上げられなくなる。

 

ユニットたちを如何にうまく動かし、効果的な運用を心がけていかないと活躍は非常に難しい。アクションがメインのゲームとは言え、リアルタイムに動いていく戦場の中で部隊を動かしていくのは、リアルタイムストラテジーの領域に踏み込んでしまう


【Conqueror's Blade:Frontier】リアルタイムストラテジーの領域に踏み込んでしまう

さらにユニットの種類も豊富に揃っており、それぞれの雇用費も変わる。部隊に強弱があり、安いものは弱く、高いものは強いというゲームの基本が忠実に再現されている。頑張って高いユニットを用意したくなるが、消耗品のような扱いになので、無駄に高いユニットで揃えてしまっても、戦果が伴わなければすぐに赤字で首が回らなくなってしまうだろう。

 

交易などを行いながら、資金を集めて、素材を探し回り、次の戦争に備えていくのが面白い。やるコトは豊富に揃っており、時間を掛けることで強い国やキャラクターを作り出せるので、ゲームに没頭していける。面白すぎて時間が大量に消費してしまうことを除けば名作と言っても過言ではないゲームだ。

 

現在未完成である早期アクセスバージョン

【Conqueror's Blade:Frontier】現在未完成である早期アクセスバージョン

本作Conqueror's Blade:Frontier圧倒的なグラフィックとシステムでかなり高い完成度なっている。しかし、それでもまだ未完成である早期アクセスだ。リリースから数ヶ月は現在の状況が続き、安定したゲームシステムと豊富なコンテンツを構築していくために、プレイヤーから様々なフィードバックを集めて行く予定になっている。

 

正式バージョンであるフルアクセスになるには、かなり高い目標があり、それを達成するまでは早期アクセス期間が続くようだ。

 

完成した暁には間違いなく、もっと多くの機能やコンテンツが追加され、改善されるだろう。そして、値段もどの程度か不明だが確実に高くなる。もしも、本作に興味があるようであれば、安く手に入る早期アクセスのうちに購入しておこう。今、購入しておけば、フルアクセスバージョンになっても同じ値段で遊び続けられる


【Conqueror's Blade:Frontier】フルアクセスバージョンになっても同じ値段

戦争を非常にリアルに表現してあり、お金の使い方を含め、国を管理する武将として、どう立ち回るかを真剣にタクティクスとして落とし込んでいく必要がある。無双系のゲームのアクションだけを求めていると、だんだんと厳しくなっていくので、シミュレーション系のゲームが得意な人の方が最終的に記録が伸びるようになっている

 

キャラクターの育成、ユニットの育成、生産、探索、MMO的な領土争奪戦、トレードなど、出来るコトは非常に多く、ゲームに慣れれば慣れるほど、楽しさは広がっていく。中世ユーラシアがベースとなった大規模な戦争を体験した人におすすめの本格MMOアクションRPGだ!

Conqueror's Blade: Frontierの評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

Conqueror's Blade: Frontierのレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

2
3