『Those who Came』のタイトル画像

2021/10/7からSTEAMで早期アクセス版が配信されているROLLDBOX GAMESの購入型PCゲーム。2654年の惑星を舞台にエイリアンとして活動を繰り広げていく非戦闘型のオンラインRPG。

遠未来惑星を再現したグラフィックと充実の探索要素、PvPではなく、協力プレイ要素を主体としたゲームシステム、装備品と魔法を組み合わせてキャラをカスタマイズできる非クラス選択型のプレイが大きな魅力で、可能性を持ったインディーゲームにフィードバックを送って支援することが好きな人におすすめ!

2654年のSF世界を冒険!

現在PCゲームのポータルサイト「STEAM」で早期アクセス版が配信されている『Those who Came』は、2454年に惑星の脱出を余儀なくされた種族「サイネン」として新たな惑星「ソララス」で活動し、そこに暮らしている種族「Torek」との共存を図りながら活動を続けていくおすすめの新作PCゲームだ。

サイネンがタイムカプセルで眠っていた時間は実に200年。目覚めた彼らは新天地となる惑星ソララスへと着陸するが、そこもまた気象変動によって変貌を遂げていた壊滅寸前の惑星だった。探索や敵対NPCとのバトル、そしてクラフトシステムへのアクセスなどを通じながら活動を行い、惑星を蘇らせる方法を探ることになるぞ。

SF世界を冒険できる『Those who Came』

▲独特なゲームビジュアルとエイリアンの主人公設定が目を引く新作RPG。SF世界を冒険できるぞ。

本作が掲げているのは「非戦闘型のオンラインRPG」で、バトルシーンよりも探索と冒険、そしてクラフトとストーリー要素に比重を置いている。中でも最重要になってくるのがプレイヤー同士の協力プレイ要素で、敵対NPCとの戦いで力を合わせながら戦うなど、緊密な連携プレイが求められる場面も出てくる点が特徴だ。

一度にプレイできる人数は2名から7名までとなり、MMO型のRPGとは異なる親近感と親密さでCO-OP要素を体験できる点もポイント。長時間ログインして一緒に遊べるPCユーザーのフレンドが多い人にもおすすめできる新作で、殺伐とした雰囲気とは異なるSF系RPG体験を味わえるはず。みんなと仲良く遊べるぞ。

バルセロナに本拠を構えるデベロッパーの新作

ゲームを開発しているのは、スペインのバルセロナに本拠を構えるインディー系ゲームデベロッパー「ROLLDBOX GAMES」。若者からシニアスタッフまで幅広い年代層のスタッフが9名所属している注目の新鋭で、本作は彼らにとって初の商業作品となる。作品の完成と今後の活躍にも期待のスタジオだ。

STEAMでの販売価格は2570円。早期アクセス版にしてはやや高めの価格設定となっているが、この価格はフルバージョンで値上がりする旨がアナウンスされているので、ゲームに将来性を感じた人は、底値となっている今のうちに入手してしまうという手もある。インディー文化を盛り上げたい人にもおすすめだ。

早期アクセス版の段階にある『Those who Came』

▲SF世界を舞台にエイリアン「サイネン」として協力プレイベースの活動を楽しめる新作PCゲームだ。

なお、本作は現時点で「早期アクセス版」の状態にあり、プレイ中に予期せぬ不具合に遭遇する可能性や、ある非突然ゲームシステムに変更が加えられる可能性がある。ユーザーからのフィードバックを募って作品を進化させる目的で配信されている「早期アクセス版」の意味合いを正しく理解してから購入を検討しよう。

現段階では最大7名のプレイヤーが一緒に惑星の探索とクラフト、アイテムのトレードを行うことが可能で、4種類の魔法とMOD、スーツを組み合わせて自分好みのキャラを生み出せる。一部のMODは適切なバランスに設定されていない可能性があるとのことなので、扱いには十分に注意していこう。

遠未来の惑星ソララスを舞台に、非戦闘型のオンラインRPGプレイを体験できるおすすめの新作PCゲーム『Those who Came』は、現在STEAMストアで好評配信中。映画に登場しそうなシチュエーションで没入感満点のプレイを楽しみたい人は、今すぐストアにアクセスしてゲームの最新情報をチェックしよう!

【おすすめポイント】 エイリアンとして活動する新作RPG!

惑星再生の旅が始まる!

非戦闘型のオンラインRPG『Those who Came』でプレイヤーが体験できるのは、かつての故郷のように崩壊を迎えつつある新天地の惑星を再生させる物語要素。気候変動の難を逃れて洞窟で生存を続けている種族「Torek」との共生・共存がテーマとなっている新作ゲームで、クエスト達成形式で物語が進行するぞ。

前述の通り、プレイヤーが操作する主人公キャラクターに「クラス」の概念はなく、プレイ中に変更できる「魔法」「スーツ」「MOD」の3要素を組み合わせながらプレイスタイルを整えていく。プレイ時には敵性NPCとのバトルが発生することもあるので、仲間プレイヤーと被らないようなセッティングにすると良い。

自分好みにのキャラを作れる『Those who Came』

▲スキルに相当するマジック(魔法)を装備することでバトルのバリエーションにも変化が生まれる。

なお、プレイヤーが利用できる魔法には攻撃だけではない様々な効果があり、それらを組み合わせて発動することによってクエスト目標を達成できる場合がある。画面右上に表示されている目標を達成するためにはどのようなアクションを行うことが最適なのかを考えながら、戦略性を持ってキャラビルドを進めよう。

過酷な環境を変えるための活動というテーマを持つ本作では、何も知らされずに放り出されるオープンワールド型のサバイバルSLG作品とは異なり、確固とした目的意識と目標を持てる点が特徴。無闇にプレイヤーキルを重ねるプレイではなく、同じ目標の達成に向かって共同作業を行なっていくCO-OP要素を体験できる。

CO-OPを楽しめる『Those who Came』

▲目的意識を持った仲間が一緒にプレイするのでゲームが停滞することがない。一緒にプレイして協力し合おう。

オンラインで繋がったプレイヤー同士で行動作業に従事することが好きな人には断然おすすめの新作PCゲームで、よく知っているフレンドユーザーと一緒にプレイすれば面白さがさらに増していくはず。未知の世界でエイリアンとして惑星崩壊を食い止める活動を没入感満点に遊べる注目のオンラインRPG作品だ。

【おすすめポイント】 CO-OPを楽しめる新作!

今後の展開が楽しみなRPG!

2022年内の正式配信を目指して鋭意開発中の新作PCゲーム『Those who Came』は、今後のアップデートで実装されるコンテンツやゲームバランスの調整が待ち遠しい期待のRPG作品。フルバージョンではさらに多くのキャラビルドバリエーションと追加のマップなどが搭載される予定で、これからの進化にも注目だ。

コミュニティーの意見を重要な要素として掲げている本作は、現在プレイヤーからのフィードバックも絶賛募集中。最大7名のCO-OPプレイが輝くためのコンテンツを思いついた人や、こんな機能を実装してほしいなどの意見がある人は、開発元「ROLLDBOX GAMES」の公式Discordに意見を寄せてみよう。

正式版に期待の『Those who Came』

▲インターフェースやゲームシステムにはまだ改善の余地が残されているが、オリジナリティーは高い。

非戦闘型RPGを前面に打ち出したおすすめの新作PCゲーム『Those who Came』は、現在「早期アクセス版」としてSTEAMで配信中。興味が湧いた人は今すぐストアにアクセスして製品情報をチェックしよう!

【おすすめポイント】 正式版が待たれる新作RPG!

Those who Cameスペック/動作環境

動作環境 必須環境 推奨環境
対応OS Windows 10
CPU
メモリー 8GB
グラフィックカード
VRAM
HDD空き容量 15GB以上の空き容量
DirectX
回線速度

あなたにおすすめのオンラインゲーム

人気MMORPGが電撃復活!惜しまれつつも日本サービスを終了したタイトルがリブートで再降臨。スキルベースのバトルで多彩なコンテンツにチャレンジできるおすすめ作品

『信長の野望』をMMORPG!オリジナル主人公で自由な人生を楽しめるPCゲーム。他プレイヤーとのパーティーや最大1000人が参加できる大規模合戦で盛り上がれるぞ

美闘士の華麗なる戦い!人気シリーズをRPG化した基本プレイ無料ブラウザゲームが現在好評配信中。セクシーな美闘士をコレクションしながら戦えるファン必見タイトルだぞ

準新作

異次元の冒険!アニメキャラと3Dグラフィックが融合したファンタジー世界で冒険とバトルを楽しめる新作アクションRPGが基本プレイ無料で配信中。この衝撃を見逃すな!

可愛さ満点のファンタジーRPG!動物モチーフの可愛いアバターキャラクターを操作しながら冒険とバトルを楽しめるおすすめの新作PCゲームが基本プレイ無料で好評配信中

冒険者数2700万人以上!スクウェア・エニックスのMMORPGが好評配信中。アイテム製作やチョコボ育成も可能な世界の遊び方はプレイヤー次第。今すぐ冒険に旅立とう

Those who Cameの評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

Those who Cameのレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。