『Commandos 3 - HD Remaster』のタイトル画像

『Commandos 3 - HD Remaster』は、2022/8/30からSteamで正式配信されているKalypso Mediaの購入型PCゲームで、第二次世界大戦をモチーフとした戦場で特殊部隊の作戦実行を体験できるRTSタイトル。

名作と評されたシリーズ第3弾を現代のリマスター技術によって鮮やかに蘇らせたファン必見のゲームグラフィック、リアルタイムストラテジーとリアルタイムタクティクス要素を同時に味わえる独自のゲームシステム、新難易度やコンテンツの追加が魅力で、戦術を駆使できるRTS作品が好きな人におすすめの新作。

名作RTSをHDリマスター化

現在PCゲームのポータルサイト「Steam」で正式配信中の『Commandos 3 - HD Remaster』は、タイトルが示している通り、見下ろし型のミリタリー系RTS作品として大きな人気を獲得したシリーズの第3弾『Commandos3: Destination Berlin』をHDリマスター化したファン必見のタイトルだ。

2003年に誕生した『Commandos3: Destination Berlin』は800×600の解像度を持つ作品だったが、約20年の時を経て高解像度された本作は、現代の標準的なディスプレイ解像度である1980×1080に標準対応し、グラフィックが非常に緻密さを増している。高精細なプレイ画面を存分に楽しもう。

名作をリマスターした『Commandos 3 - HD Remaster』

▲HD解像度にブラッシュアップされて蘇ったミリタリーRTSの人気作。ファンには見逃せない作品だ。

本作の肝は大規模な軍事作戦ではなく、特殊能力を持つ兵士の活躍が描かれる点にあり、6人の特殊部隊員「Commandos (コマンドス)」たちを操作しながら、多彩なマップで護衛や侵入、破壊工作ミッションを達成させるプレイ要素が展開。RTSとタクティクス要素を同時に味わえる独自システムが特徴だ。

ゲームにはスターリングラード護衛作戦、ベルリンでの美術品奪取、そして1944年6月6日ノルマンディー上陸作戦といった刻一刻と変化するヨーロッパ戦線が登場し、6人の命知らずの隊員たちを操作しながら危険なミッションに挑むスリリングなプレイ要素をたっぷりと味わえる。面白さは満点だぞ。

マルチプラットフォームで展開中の新作タイトル

Steamでの販売価格は2980円。標準で日本語インターフェースと字幕をサポートしており、幅広いユーザーがプレイできる。ストアでは本作と同じくHDリマスター化されたシリーズ第2弾『Commandos 2 - HD Remaster』とのバンドル形態商品も併売中なので、お得に買いたい人はこちらも検討しよう。

なお、本作はSteamで配信されているPCバージョン以外に、Xbox Game Pass、PC Game Pass、Xbox One向けにも配信されているマルチプラットフォーム対応タイトル。デバイスを跨いでオンラインマルチプレイを楽しめるクロスプレイには非対応となっているが、好きなデバイスで遊べるので便利だ。

マルチプラットフォーム対応の『Commandos 3 - HD Remaster』

▲解像度が上がったことで没入感とリアリティーもアップ。プレイ画面の美しさは必見だぞ。

ゲームは標準で汎用コントローラーでの操作をフルサポートしており、参入の敷居は低い。シリーズ作品を追っている人の方が世界観に入り込めるが、この作品だけ単独でプレイしても全く問題はない。HD化に伴って新たにチュートリアルコンテンツが組み込まれているので、初心者プレイヤーも安心だぞ。

解除できるSteam実績も合計で39種類と豊富で、実績ハンターを自負する人にも見逃せない新作ゲームとなっている。第二次世界大戦の裏側で起こっていた特殊部隊員たちの活躍を通して戦争を複合的な視点で見ることができるおすすめのタイトルで、スリリングなプレイ要素に夢中になれること請け合いだ。

第二次世界大戦をモチーフとした戦場で特殊部隊員「コマンドス」のスリリングな作戦実行を体験できるRTS『Commandos 3 - HD Remaster』は、現在Steamストアで好評配信中。無料デモ版も用意されている必見のタイトルだ。興味が湧いた人は今すぐストアにアクセスして情報をチェックしよう。

【おすすめポイント】コマンドスの戦いが再び!

ゲームシステム

『Commandos 3 - HD Remaster』のゲームプレイはミッション選択制で進行。「キャンペーン」モードから入れる各ミッションには達成するための目標があり、プレイヤーは戦術と臨機応変な操作でミッション達成を目指すことになる。ミッションによって目標の内容は変化するので、最初に確認しておこう。

なお、本作にはリマスター化される前の原作『Commandos3: Destination Berlin』を知らない人のために「チュートリアル」コンテンツが新たに実装されており、ここで操作体系と練習を行えるようになった。本番でまごつかないためにも、初心者プレイヤーはこのセクションでしっかりと基礎を学んでおこう。

プレイ画面は上空斜め上からの見下ろし視点「クォータービュー」を採用。ミッションを開始すると序盤で各キャラクターがセリフで状況を説明するムービーシーンが展開し、その後キャラクターを実際に操作しながらミッションクリアに向かって行動していくことになる。RTS作品で一般的な操作システムだ。

ミッション達成に挑む『Commandos 3 - HD Remaster』

▲キャラクターの移動操作はカーソル追随型。プレイヤーが画面上でリアルタイムに指示を出す。

マップ内には敵兵士キャラクターや戦車などが登場。彼らは不審な行動をとっているプレイヤーを発見すると攻撃してくるため、ステルス主体のミッションでは姿を見せないように行動しなければならない。匍匐前進などのアクション要素を利用しながら、哨戒している兵士たちを上手くやり過ごそう。

なお、敵兵士や戦車などの予測攻撃範囲は地面に赤い放射線で描かれるようになっているので、ピンチの場合にはこれらを見ながら素早く物陰へと移動する俊敏な対応も必須。ターン制のストラテジー作品とは異なり、全てがリアルタイムで進行していくプレイ要素が非常にスリリングで、緊張感は満点だぞ。

新難易度「ルーキー」を活用するのも効果的

基礎を学んだ後でプレイを開始しても、敵兵に見つかって一瞬でミッションが失敗することもある。難しさを感じる場合には新たに実装された難易度「ルーキー」でプレイを再開し、ミッション全体の構造と成功するための動きやアクションを探っていこう。色々な動き方を模索する楽しみもある新作RTSだ。

インベントリ画面でアイテムを管理していくことも大切で、敵将校を殺害してインベントリから制服を奪い取り、なりすましてしていくなどのトリッキーなプレイ要素も体験できるので、プレイの楽しみは尽きない。圧倒的な武力行使で制圧するのではなく、スパイ要素も入り込むシステムが特徴だ。

『Commandos 3 - HD Remaster』のインベントリ画面

▲ミッションで動かすキャラクターによって異なるプレイ体験が待っているおすすめの新作ゲームだ。

プレイ画面内のポップアップ画面では、別の場所で起こっている状況をリアルタイムで確認できるため、複数の部隊員を操作して大勢の兵士たちに対処していくプレイ要素も大いに捗るはず。ミッションを達成していくために繰り返しプレイを続けつつ、どの戦術と行動がハマるのかを試行錯誤してゲームを遊び尽くそう。

中央ヨーロッパ、ノルマンディー、スターリングラードに分かれるロケーションで展開するソロ向けミッションを達成したら、今度は最大8名のプレイヤーが戦えるオンラインマルチプレイモードに挑戦しよう。このモードでは「デスマッチ」「キャプチャー・ザ・フラッグ」などでPvP要素を体験できるぞ。

【おすすめポイント】スリリングなプレイ要素が秀逸!

登場キャラクター

『Commandos 3 - HD Remaster』の主役である「コマンドス」は、グリーンベレー、サッパー、スナイパー、マリーン、スパイ、シーフに分かれる6名のメンバーで構成される部隊。それぞれ得意分野が異なる彼らの能力を発揮しながらプレイを進めることが大切で、それがミッション完了の近道だ。

6名の部隊員が活躍する『Commandos 3 - HD Remaster』

▲6名の特殊部隊員すべての特性を把握することが大切。それぞれに長所がある点がポイントだ。

例えば「シーフ」は道具を用いずに壁をよじ登ることが可能で、この能力はステルス系のミッションで重宝する。ミッションの構造とマップそのものが隊員たちの特性を活かせるようになっているので、カメラアングルのズーム機能を利用しながらマップを観察し、どう動けば良いのかを探っていこう。

【おすすめポイント】隊員たちの個性を発揮せよ!

システム要件

『Commandos 3 - HD Remaster』のシステム要件は中程度。推奨要件で提示されているグラフィックボードは「GTX 1060」もしくは「RX 580」となるため、ミドルスペック帯のPCを持っていれば安全圏と言える。ただしCPUの推奨環境は「i7-9700F」もしくは「Ryzen 7 3800X」とやや高めだ。

インストールサイズは約10GBと少なめ。OSに関してはWindows 7以上なので、この面では幅広いユーザーが遊べるタイトルと言える。どちらかと言うとCPU性能に依存しているタイトルとなっているので、Intel9世代以下のCPUを現役で使っているプレイヤーは要注意。スペックアップも検討しよう。

ミドルスペックのPCが必要になる『Commandos 3 - HD Remaster』

▲CPU負荷が大きいゲームタイトル。快適にプレイするためには相応のCPUが必要になる。

第二次世界大戦をモチーフとした戦場で特殊部隊の作戦実行を体験できるRTS『Commandos 3 - HD Remaster』は、現在Steamおよび各ストアで好評配信中。20年近い時が過ぎてもなお面白さが変わらない必見のタイトルだ。興味が湧いた人は今すぐストアにアクセスして情報をチェックしよう。

【おすすめポイント】画質アップした名作を今すぐプレイ!

Commandos 3 - HD Remasterスペック/動作環境

動作環境 必須環境 推奨環境
対応OS Windows 7 64-bit or higher, Windows 8, Windows 10, Windows 11
CPU Intel i3 9100F, AMD Ryzen 5 1600X
メモリー 8GB
グラフィックカード Nvidia GTX 750, AMD Radeon HD 5850
VRAM 2GB
HDD空き容量 10GB
DirectX Version 11
回線速度

あなたにおすすめのオンラインゲーム

カレとの自由な会話を楽しもう!チャットに好きな文章を打ち込んでカレとの会話を体験できる新感覚の乙女向け恋愛ブラウザゲームが基本プレイ無料で好評配信中。二次元のカレと本当に話している気分に浸れる注目作。

チャットを利用した本物のような会話が楽しめる点が魅力。欲望を口にしてもキチンと対応してくれるし、寂しいときや哀しいときには癒してくれたりもするのだ。機械的な反応ではないイケメンとのやりとりを楽しめるぞ

基本プレイ無料!第一次世界大戦から第二次世界大戦で活躍した歴史上の艦艇600隻以上を操りながらチームバトルに挑むおすすめのシミュレーションゲームが現在好評配信中

7名の半妖イケメンキャラクターと自由恋愛!100%会話が噛み合うコミュニケーションシステムを内包したおすすめのオトナ女子向けブラウザゲームが基本プレイ無料で配信中。推しの彼を見つけて恋愛しよう!

ネクソンの話題作が正式配信開始!2044年のSF世界を舞台に民間軍事企業の社長として多彩なキャラクターを率いて戦いに挑むおすすめの新作PC/スマホ向けRPG。75名以上に及ぶ声優陣のCVも楽しめるぞ。

人気アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』が、お店ゲームとして登場したソシャゲ!鬼太郎をはじめ、おなじみのキャラクターたちも集合!妖怪横丁にお店を作り繁盛させよう。

Commandos 3 - HD Remasterの評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

Commandos 3 - HD Remasterのレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。