『Dead Space』のタイトル画像

『Dead Space』は、2023/1/28からSteamで正式配信されているエレクトロニック・アーツの購入型PCゲームで、2008年に誕生した同名SFホラーアクションゲームを完全リメイクした新作タイトル。

完全に作り直されたゲーム世界と最新ゲームらしい高精細なグラフィック、臨場感満点のオーディオ、新規描画で再現された敵キャラクター「ネクロモーフ」、極度の恐怖を体験できるゲームシステムが大きな魅力で、前作『Dead Space』ファンの人、至高のSFホラーゲームを探している人におすすめ。

完全リメイクで蘇るSFホラーの金字塔

現在PCゲームのポータルサイト「Steam」で正式配信中の『Dead Space』は、2008年にリリースされたSFホラーアクションゲームの金字塔『Dead Space』を完全フルリメイクしたおすすめの新作。最新ゲームらしい高度な3Dグラフィックと圧倒的な音響を纏い、約15年ぶりに再登場した必見のタイトルだ。

巨大宇宙船「USGイシムラ」の内部で巻き起こる極限の恐怖を描く原作の世界観はそのままに、本作はすべての要素を一から再構築。リマスタリングではなく「フルスクラッチ」でゲーム世界を作り上げている点がポイントで、全く新しいゲームシステムや要素も盛り込まれている。これ以上ないリメイク作だぞ。

リメイク作『Dead Space』▲不気味な「ネクロモーフ」が出現する宇宙船内で主人公アイザックとして戦うアクションTPS。

原作で特徴的だったサードパーソンビューのプレイ視点はそのまま継続。兵士ではない「エンジニア」である主人公アイザックが扱う工具系の武器類もしっかりと再現されており、過去作をプレイ済みのユーザーは無論のこと、これから『Dead Space』の世界を体験したいと考えている若手ユーザーにもおすすめだ。

原作はその後シリーズ化され、現時点で『Dead Space 2』『Dead Space 3』がリリースされているが、本作ではその2作品には存在している主人公アイザックのボイスを追加。原作ではアイザックが無言状態だっただけに、これはファンには嬉しい正当進化と言える。丹念にリメイクが施された新作アクションTPSだぞ。

2種類のエディションで配信中

Steamでの販売価格は8700円で、ストアではゲーム本編に5種類の装飾系アイテムがセットされた『Dead Space Deluxe』も9700円で併売中。ちなみにゲーム本体を購入後に追加料金1000円と支払ってデジタルデラックス版へとアップグレードすることもできるため、自分が好きなエディションで購入しよう。

ゲームは標準で日本語UIを実装。原作はゴア表現がひっかかり、公式な日本語環境が実装されなかったことで有名だが、ついに最初から日本語インターフェースと字幕で遊べるようになった。気になる表現規制についてはPC版は海外版と同じで、同時発売されているCS機版は「レーティング対応範囲」になるとのことだ。

日本語UIに対応している『Dead Space』▲PC版は日本向けの規制が存在せず、海外版と同じゴア描写を体験しながら遊べるようになっている。

ゲームはソロプレイ専用で、オンラインマルチプレイ要素は無し。ただしValveの携帯ゲーム機「Steam Deck」との互換性があるので、家から外にゲームを持ち出して遊べるという利点がある。気になるPCの要求スペックに関しては中程度となっており、ローエンドなゲーミングPCではプレイが厳しい。覚悟しておこう。

解除できるSteam実績も合計47種類用意され、遊び甲斐は満点。また汎用コントローラーの操作もフルサポートされているため、普段コントローラーでゲームをプレイすることが多い人にもおすすめできる。ただしプレイ中に過激な切断描写などが登場するので、ゴアに耐性がない人はプレイを控えたほうが無難だ。

2008年に誕生した同名SFホラーアクションゲームを完全リメイクした必見タイトル『Dead Space』は、現在Steamストアで好評配信中。かつてゲームを夢中になってプレイしたユーザーも興奮すること請け合いのタイトルだ。興味が湧いた人は今すぐストアにアクセスして、詳細なゲーム情報をチェックしよう。

【おすすめポイント】SF世界の悪夢が再び!

ゲームシステム

フルリメイクによって生まれ変わった『Dead Space』では、ロード画面やカメラ割りの演出が一切発生せず、プレイヤーは最大級の没入感を持つシームレスなプレイ画面を楽しめる。巨大な採掘型宇宙船の内部で待ち構えている数々の恐怖体験に出会いながら、ゲームのクリアを目指して歩を進めていこう。

初回プレイ時にはゲームの難易度を設定できる。高難易度「インポッシブル」ではオートセーブ機能が無効となり、体力ゲージは1つに限定されるため、一撃食らったら終わりという極限状態のプレイも体験できる。死亡した場合には再スタートもしくは難易度をハードに落としてプレイを継続するかを選べるぞ。

プレイ開始直後には導入部のストーリーパートがムービーで再現され、チャプター形式のミッションがスタート。プレイヤーは画面に表示されるミッション目標の達成を目指すことになる。武器ホイールなどを確認できるインベントリ画面は透過表示される仕組みだが、その間にもゲーム内時間は流れているので注意だ。

シームレスに遊べる『Dead Space』▲リメイクされてリアリティーが向上した新作。カットイン場面が一切発生しない徹底ぶりが見事だ。

強化された音響効果も恐ろしさを増しており、特にヘッドホンで音声周りを聴きながらプレイすると最高に怖い。暗がりの多い船内で突如ネクロモーフが出現した際のドキドキ感も最高で、SFホラーアクションゲームの金字塔として世界中から高い評価を得た原作を数倍パワーアップした恐怖感が襲いかかってくる。

船内で活動を行っていく際には、パズル要素的な側面にも取り組む必要があり、部品を特定区画から取ってくるなどのミッション要素も発生していくため、探索プレイ要素も捗るはず。いつ襲われても対処できるように慎重な行動を心がけ、いざという場合には素早く逃げるなどの判断力も養っておこう。

ピーリングシステムによってネクロモーフのグロさが上昇

登場する敵キャラクター「ネクロモーフ」の表現は、オリジナル版から飛躍的な進化を遂げており、新システム「ピーリング」で四肢切断や粉砕のグラフィックがパワーアップ。レイヤーで構成された肉や腱、骨などが折れて裂ける、砕けるといった新しい要素が加わり、そのグロさに拍車がかかっている。

リメイクされた新作『Dead Space』▲想像を絶する恐怖体験と不気味なネクロモーフとの戦いが巻き起こる。四肢切断描写は必見。

主人公アイザックの精神状態を表す新たなゲームシステムも魅力で、ストレスレベルに応じて心拍数と呼吸、運動量が動的に変化。アイザックと一体になっているかのように遊べるため、高い没入感を得られる。ゲーム内空間の演出方法も従来のゲームシリーズからステップアップしており、雰囲気満点に遊べるぞ。

ゲームエンジン「Frostbite™」の最新バージョンで再構築されたという本作は、新規ゲームとしても十分に通用するプレイ画面とシステムを持っており、幅広い年代のプレイヤーが極限の恐怖体験を味わえるはず。すべてをフルスクラッチで再構築するには相当な苦労があったはずだが、その効果は絶大だ。

サバイバルホラーゲームのリメイクとして成功しているゲーム作品と言えば、現在「4」のリメイク発売が控えている『バイオハザード』シリーズが筆頭に挙げられるだろうが、こういった「過去の人気作を現代の最新技術で完全再構築したリメイク作品」は、今後ゲーム業界のトレンドになっていくかもしれない。

【おすすめポイント】最高画質で極限の恐怖を体験!

システム要件

『Dead Space』のシステム要件は中程度。ストアで提示されている最低動作環境のグラフィックボードは「RX 5700」もしくは「GTX 1070」で、推奨要件では「RX 6700 XT」もしくは「RTX 2070」となる。基本的にミドルスペック以上のPCを持っていることがプレイの条件になってくるので、この点には注意しよう。

CPUの推奨モデルは「Ryzen 5 5600X」もしくは「i-5 11600K」で、プロセッサーにもミドルスペック帯のモデルが必須となる。OSに関してはWindows 10以上が最低ラインとなっているため、古いOSを実装したPCでは動く保証がない。最新パーツの性能を遺憾なく発揮できるゲームを求めている人にはおすすめの作品だ。

ミドルスペック推奨の『Dead Space』▲要求スペックはやや高め。最新のパーツでPCを組んでいる人向けの作品と言えるかもしれない。

インストールサイズは50GBと重量級。PCI Express接続のSSDが望ましいとされているので、HDDなどにゲームを入れている人は注意。近年はM.2やNVMe規格のSSDを使用してPCを組んでいる人も多いが、本作はそんな最新の環境で快適に遊べる作風を持った「次世代型」のゲーム作品となっている。

「最新技術で名作をリメイク」の時代が到来か

過去に大きなセールスを記録し、多数のユーザーが遊んだゲームタイトルの「再生」は、近年ますますレベルが上がっているPCゲームの描画クオリティーに比例して増加する兆しを見せている。一定以上の売り上げを記録した「限られたタイトル」でのみ許されることだろうが、ファンにとっては面白い兆候と言える。

開発当時には技術的な制約があり、その時点で最高のシステムを構築したとしても、時代が流れてグラフィック表現などが次世代レベルに達した場合、開発者が「今の技術で作品を作り直してみたい」と考えるのは至極妥当で、長時間遊び込んだファンもそれを期待しているはず。リメイクが新たなビジネスモデルになる日は近い。

最新鋭のグラフィックを持つ『Dead Space』▲ファンの要望や反響を踏まえて慎重に再構築された作品。リメイクの成功例として残り続けるだろう。

2008年に誕生した同名SFホラーアクションゲームを完全リメイクした必見タイトル『Dead Space』は、現在Steamストアで好評配信中。圧倒的なグラフィックを獲得して再生を果たしたファン必見の新作ゲームタイトルだ。興味が湧いた人は今すぐストアにアクセスして、詳細なゲーム情報をチェックしよう。

【おすすめポイント】ミドルスペック以上のPCが推奨!

Dead Spaceスペック/動作環境

動作環境 必須環境 推奨環境
対応OS Window 10 64-bit +
CPU Ryzen 5 2600x, Core i5 8600
メモリー 16GB
グラフィックカード AMD RX 5700, GTX 1070
VRAM
HDD空き容量 50GB
DirectX Version 12
回線速度 ブロードバンドインターネット接続

あなたにおすすめのオンラインゲーム

メカで戦え!SF世界のアリーナバトルを体験できるおすすめアクションゲームが基本プレイ無料で好評配信中。5vs5のリアルタイムMOBAバトルでチーム力を発揮しよう

準新作

ダンまちファン必見!累計発行部数1,500万部超えを誇るライトノベルのアニメシリーズをアクションRPG化したおすすめの新作スマホゲームアプリが基本無料で配信中!

アサシンクリード最新作となるおすすめのアクションRPG!古代ギリシャを舞台とした陰謀の影に巻き込まれていく。プレイヤーの選択肢によってエンディングにも影響が出るRPG要素が強いゲームだ!

古代エジプトを舞台とした過激なアクション!広大な砂漠の世界をアサシンとなって影に身を潜めよう!スフィンクス、ピラミッドなど、エジプトの世界に歩いているようなオープンワールドのおすすめ新作ステルスゲーム...

韓国発のバカゲーアクションが国内でも配信開始だ!このゲームにエッチなコンテンツはありません!あるのは可愛くてアホなパンツだけ!新作の面白爽快バトルを体感せよ!

可愛い美少女キャラを集めて、敵と戦っていくだけでなく、好きな衣装やに着替えさせたり、好きなアクセサリーをに見つけさせられたり、女の子を様々な角度から眺められるなど、ギャルゲーが好きな人にはたまらないシ...

Dead Spaceの評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

Dead Spaceのレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。