『Gunfire Reborn』のタイトル画像

『Gunfire Reborn』は、2021/11/18からSteamで正式配信されているDuoyi Gamesの購入型PCゲームで、3Dファンタジー世界でヒーローキャラクターを操作しながらアクションシューティングバトルに挑むFPSタイトル。

親しみやすいグラフィックデザインと個性的なヒーローキャラクター、アクションSTGとローグライト要素、RPG要素が融合したゲームシステム、ソロ以外に最大4名のプレイヤーが共闘できるオンラインCO-OPが魅力で、可愛いキャラクターを操作しながらアクション性抜群の戦いを楽しめるFPSゲームを探している人におすすめ。

可愛いヒーローのバトルが展開する作品

現在PCゲームのポータルサイト「Steam」で正式配信中の『Gunfire Reborn』は、可愛さ満点のグラフィックで再現されたヒーローキャラクターたちを操作しながら、痛快なアクションシューティングバトルを体験できるおすすめのゲームタイトル。輪郭線を強調したグラフィックが印象的なアクションFPSゲーム作品だ。

キャラクターの視点を見ながら遊べるファーストパーソンビュー形式でプレイを進める本作では、ランダム生成されていくレベルを突破しながら最奥部のボスキャラと戦うローグライトなゲームシステムが展開。ハイテンションなアクションシューティングバトルで敵キャラクターを次々と薙ぎ倒すプレイ要素を堪能できるぞ。

『Gunfire Reborn』のヒーロー▲2.5頭身のデフォルメキャラクターを操作しながら敵との戦いを進めていくプレイ要素が展開。

動物をモチーフとしている個性的なヒーローキャラクターが作品の大きな魅力で、ヒーローはそれぞれ基礎ステータス値や固有スキルに違いがあり、キャラのアンロックとコレクションも大いに捗る。強化と育成システムも充実しており、自分好みにヒーローをビルドしながらさらなる戦いへと挑むプレイも捗るぞ。

作品はソロプレイ以外に最大4名のオンラインマルチプレイをサポートしており、フレンドや世界のプレイヤーと一緒になってステージクリアを目指していくCO-OPも体験できるため、利便性は抜群。ノリノリのアクションシューティングバトルで敵を殲滅しながら何回でも遊べる作風になっているので、長期間プレイできるはずだ。

FPS視点で遊べる『Gunfire Reborn』▲輪郭線がハッキリとした『ボーダーランズ』風のゲームグラフィックデザインが特徴のFPSだ。

「Steam Deck」とも互換性を持つアクションゲーム

Steamでの販売価格は2050円と比較的安価。標準で日本語インターフェースをサポートし、さらに部分的ながら汎用コントローラーも扱えるため、普段コントローラーを使ってゲームをプレイすることが多い人でも安心だ。また、Valveの携帯ゲーム機「Steam Deck」とも互換性があるので、外へゲームを持ち出せるぞ。

作品を開発したのは、2006年から中国の広東省に拠点を構えて活動しているゲーム企業Duoyi Gamesで、これまでに数々のゲーム作品を世に送り出している実力派企業。ちなみに本作をリリースした翌年の2022年にはモバイル版も配信されており、多くの評価を獲得している。彼らにとって本作は最新作となるタイトルだ。

『Gunfire Reborn』のタオ▲愛嬌のあるキャラデザインがグッド。画像はアップデートで追加されたヒーローの「タオ」。

解除できるSteam実績も合計で114種類存在するので、実績ハンターを自負する人にも見逃せないアクションFPSと言える。詳細については後述するが、PCへの要求スペックも低めに抑えられており、幅広いパーツ構成に対応してくれる。インストールサイズもかなり少なく、ストレージへの負担も無い点が素晴らしい。

中国固有の美術センスや芸術性をゲーム内に落とし込んでいるデザインが秀逸で、オリエンタルな雰囲気に包まれたゲーム世界でローグライトなバトルと成長システムを体験できるため、満足度は非常に高い。世界各国にファンを持つおすすめのゲームタイトルで、頻繁にアップデートでゲーム世界を拡張している点も見事だ。

3Dファンタジー世界でヒーローキャラクターを操作しながらアクションシューティングバトルに挑むFPS『Gunfire Reborn』は、現在Steamおよび各アプリストアで好評配信中。マルチプラットフォームで展開している必見タイトルだ。興味が湧いた人は今すぐストアにアクセスして、詳細なゲーム情報をチェックしよう。

【おすすめポイント】ヒーローの戦いが始まる!

ゲームシステム

没入感を高めるファーストパーソンビューでプレイが展開していく点が『Gunfire Reborn』の魅力。プレイ画面の左上にはミニマップが、画面下部にはヒーローキャラクターのステータス情報が表示され、様々な属性を持つ武器類を用いながら、アクションシューティングバトル要素を進めていくことになるぞ。

武器には「基礎ダメージ」「クリティカルダメージ」「マガジン容量」などの基礎ステータス値が存在。倒した敵が落とした武器を拾って装備することも可能なので、専用画面で武器の詳細を見ながら最適な装備へと切り替えていくプレイも捗る。画面中央に表示されるクロスヘアに敵を収めながら射撃を行っていこう。

ヒーローの戦いを楽しめる『Gunfire Reborn』▲キャラクターモデリングはシンプルだが、バトル中のエフェクト類は派手。楽しくプレイできるぞ。

キーボードとマウスで遊んでいる場合には「Q」に設定されているセカンダリースキルは、特別なアイテムを持っていることで利用できるようになるスキル技で、投擲武器風のスキルも存在。ゲームには100種類以上に及ぶ武器とアイテムが登場するため、自分好みのロードアウトを構築していくプレイも捗るはずだ。

3種類のゲームモードを実装

現在ゲームに実装されているモードは、メインコンテンツとなる「冒険」と、日替わりでダンジョン攻略に挑戦できる「毎日のチャレンジ」、そして大量湧きする敵キャラクターを次々と殲滅していく「霊界狂潤」の3種類。それぞれのモードでゲームシステムやルールが微妙に異なるので、すべてのモードで遊んでみよう。

ランダム生成されていくステージを突破し、最終的にボスキャラクターとのバトルへと挑んでいくことになる冒険モードの流れにはローグライトな魅力があり、本作が標榜している「FPS+ローグライト+RPG」の世界観を堪能できること請け合い。ストーリー要素はほぼ存在しないが、ノリノリで遊べるアクションゲームだ。

『Gunfire Reborn』のボスキャラ▲ボス級キャラクターとの息詰まる死闘も展開。スリリングな戦いを大いに楽しめるゲームだ。

キャラクターの強化要素で好みのビルドを楽しめる

操作しているヒーローキャラクターに「オカルトスクロール」を装着することによって様々な特殊効果が生まれ、キャラクタービルドで違いを生み出すことが可能になる。このスクロールは商店で購入できるほか、ボスを倒す、宝庫をクリアする、エリートを倒すなどでも入手できるので、プレイを続けながらゲットを目指そう。

キャラクターの能力とスキルを強化できる「アセンション」システムもあり、ランダムで提示される3種類の強化要素を選択することでキャラビルドを進められる。ローグライトを謳う本作らしいシステムで、強化要素の内容がそのままバトルスタイルに直結していくようになっているので、色々な強化要素を試してみよう。

キャラビルドを楽しめる『Gunfire Reborn』▲同じキャラクターでもプレイヤーによって強化スタイルが変わる。好みのビルドを実現しよう。

ソロプレイでも十分に面白い作品だが、最大4名のオンラインマルチプレイでCO-OP要素も体験できるので、ゲーム世界に慣れてきたらマルチプレイにも挑戦してみよう。マルチプレイ時には参加人数に応じて敵キャラクターの総数も増加し、ダウンしたメンバーを他プレイヤーが蘇生することもできるので、共闘が捗るぞ。

戦いを進めていく、キャラクターをパワーアップさせていくという要素に限定されたゲームタイトルなので、重厚なストーリー要素を求めている人にはあまり向いていない作品と言えるが、難しい事を考えずにバトルで暴れ回りたい人にはピッタリのゲームで、キャラビルドで戦略性を発揮できるので飽きない。

年代や性別を問わず幅広いユーザーが参入できるグラフィックデザインも良く、キャッチーな魅力と面白さ満点のバトル要素でプレイに夢中になれるはず。異なる特性を持つヒーローキャラクターから自分好みな1体を選択し、ソロとCO-OPで痛快なローグライトバトルの世界を体験していこう。

【おすすめポイント】やり込み度満点のプレイが光る!

システム要件

『Gunfire Reborn』PC版のシステム要件は中程度。推奨要件で提示されているグラフィックボードは「GTX 1060」になるため、現行のミドルスペック帯のゲーミングPCを持っていれば安全圏と言える。ローポリキャラが動き回る作品のため描画負荷は軽くなっており、スムーズなプレイを体験できる点が特徴だ。

メインメモリの推奨搭載量は8GBと低めで、CPUの推奨モデルも「i5-7500」クラスと敷居は低い。OSに関してもWindows 7からサポートされているので、理由があってOSのバージョンをアップグレードしていない人でもプレイできるぞ。インストールサイズも4GBとスマホアプリ並みの軽さで、ストレージを圧迫しない。

システム要件が中程度の『Gunfire Reborn』▲PCへの要求スペックは中程度。主にグラフィックボード性能に気を付けておけば大丈夫だ。

3Dファンタジー世界でヒーローキャラクターを操作しながらアクションシューティングバトルに挑むFPS『Gunfire Reborn』は、現在Steamで好評配信中。PC版は要求スペックが抑えられており、遊びやすいゲームタイトルだ。興味が湧いた人は今すぐストアにアクセスして、詳細なゲーム情報をチェックしよう。

【おすすめポイント】軽さも光るアクションゲーム!

Gunfire Rebornスペック/動作環境

動作環境 必須環境 推奨環境
対応OS Windows 7
CPU Intel Core i5-6400 / AMD FX-8320
メモリー 4GB
グラフィックカード GTX 960 / R9 280
VRAM
HDD空き容量 4GB
DirectX Version 11
回線速度 ブロードバンドインターネット接続

あなたにおすすめのオンラインゲーム

プレイヤー数1億6000万以上!実在戦車を操りながらオンラインバトルを楽しめるおすすめのPCゲームが基本無料で好評配信中。世界のプレイヤーと一緒に戦いを楽しもう

おすすめ人気FPSシリーズの最新作がついに登場!アメリカモンタナ州を舞台に壮絶な戦いの幕が切って落とされる!レジスタンス仲間を集めて協力し、街を支配する武装したカルト教団を打ち破れ!シリーズ初のゲーム作...

特にストーリーに力を入れたゲームとして制作されたオープンワールドで繰り広げられるおすすめ新作PCゲームのTPSゲームだ!スキルや拠点の強化といったRPGの要素を融合したものとなっている。

eスポーツで世界的な盛り上がりを見せている大人気FPSシリーズ最新作!前作を遥かに超える美麗グラフィックで展開する緊張の対テロバトルが見所!5対5のチーム戦でアクションシューティングの腕前を見せつけろ!

2015年韓国ゲーム大賞「優秀賞」受賞!インドネシア国内同時接続数“最高記録”達成タイトルが日本上陸!FPS開発に情熱を注ぐNS Studioが贈る、現代プレイヤーの求める要素が凝縮された正統派オンラインFPSだ!

見下ろし型で繰り広げられる新作サバイバル・ゾンビ・シューティングゲーム!毎晩襲ってくる大量のゾンビたちの脅威から生き延びるため、決死の戦いを続けよう!

Gunfire Rebornの評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

Gunfire Rebornのレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。