PC 正式サービス中:2013/08/27〜 月額課金 ダウンロード MMORPG アバターゲーム

「ファイナルファンタジー14(新生エオルゼア)」壮大な世界観と綺麗なグラフィックのFFシリーズ最新MMORPG!フリートライアルでLv.35まで無料プレイ可能!



4.0点  4件

FFシリーズ最新オンラインゲーム!Lv.35まで無制限でプレイ可能!

001

「ファイナルファンタジー14(FF14)」は、2010年9月30日に発売の神々から愛された大地エオルゼアを舞台に、世界中の冒険者と一緒に旅ができるスクエア・エニックス看板タイトルで冒険者が全世界600万人を突破のJRPGの金字塔であるFFシリーズの最新MMORPGだ!

「無料トライアル版」があり、レベル35までのメインクエストがすべてプレイ可能
※全20種類あるクラスをすべてレベル35に育てることもできる。

作り込まれたストーリーと世界観に注目♪

エオルゼアという地を舞台に人々は繁栄、衰退、霊災と呼ばれる時代を繰り返し発展を続けて来た。
そして光の戦士たちは、「第七霊祭」と呼ばれる霊災を救った勇者とされている。
第七霊災後のエオルゼアは常に脅威に晒されていた。

56


東方の地よりエオルゼアに進行を目論むガレマール帝国、そしてエオルゼアに住む人々が信仰する神とは違う、蛮神を崇める蛮族との戦いによって日々疲弊している。

 

プレイヤーは、エオルゼアの地を救うために奔走する冒険者となりエオルゼア各地を旅してまわるのだ!

 

35

▼本作のグラフィックは美しい♪全て一新された世界を走り回って欲しい♪

33

32

30

 

プレーヤーはストーリーの過程でエオルゼアに住み人々に出会い、有名な冒険者として名を馳せていくことになるのだ。


そして、ストーリーを進めていくと、4人以上のプレーヤーが必要になってくるダンジョンが現れ、他のプレイヤーとの協力して新たな冒険が始まる!

 57

 

また、サブストーリーなども充実しており、あっちへこっちへ寄り道をしていると時間がいくらあっても足りなくなるが、道中での出会いや新しい発見があり、新生エオルゼアの世界により深く浸れることができる!ゆっくりと、仲間と楽しみながら進められる面白さがエオルゼアの地には存在する!

 

※「蒼天のイシュガルド」や「紅蓮の解放者」といった拡張パッケージを続々と投入し、現在もマップ、シナリオ、種族、ジョブなどの新要素が追加されており、サブクエストやパーティープレイも楽しめるので、フリートライアルだけでも遊びごたえ十分だ!

ファイアやケアルだけじゃない!仲間と力を合わせてリミットブレイク!

FFシリーズを通してお馴染みの魔法「ファイア」や「ケアル」を唱えたり、武器を使った「ウェポンスキル」を駆使したりして戦うバトルが楽しい!

37

002


レベルが上っていくにつれ、覚える魔法やスキルがどんどん増えていき、派手なアクションで戦闘を楽しむことができるぞ。

 

敵にバックアタックをしかけたり、コンボを発生させてダメージを増加させたりと、これまでのFFにない新しい戦闘も楽しめる!

004


「FF14」はMMORPGならではの、仲間と協力して戦うパーティープレイも魅力!

パーティー全員が限界突破することで、超特大の攻撃をすることができる「リミットブレイク」は、FF14の綺麗なグラフィックで迫力バツグン!

 

リミットブレイクを使用するには、リミットゲージをためる必要がある。パーティーメンバーが敵にダメージを与えたり、味方を回復したりすることでリミットゲージはたまっていく。

 

キャラクターの”クラス”や”ジョブ”ごとに違う、派手な演出のリミットブレイクが見られるのは爽快なので、是非とも色んなクラスやジョブで試してみて欲しい!

005

どんなクラスにも自由になれる!好みのプレイスタイルを追究しよう!

「FF14」では装備する武器に応じて”クラス”が変化する「アーマリーシステム」を採用している。

剣を装備すれば”剣術士”に、ケーンを装備すれば”幻術士”になることができる。武器の種類を変えることで、どの種族でも好きなクラスになることが可能だ!

34

006


クラスは全部で20種類以上あるので、まずは自分のプレイスタイルにマッチしたクラスを探しだすところから始めよう!

 

最初はファイター(格闘)系やソーサラー(魔法)系の戦闘が得意なクラスからしか選択できない。特定のクエストをクリアすることで、他のクラフト(工作)系やギャザー(収集)系など幅広いクラスに変身できるようになる。

007

また、クラスごとのスキルを極めていくことで、能力を特化させた”ジョブ”を身につけることもできるぞ!

防御能力に特化した”ナイト”、魔法攻撃を極めた”黒魔道士”、回復魔法を極めた”白魔道士”などFFシリーズ過去作でもお馴染みのたくさんの職業が用意されている。それぞれのスキルのエキスパートとして戦いに参加しよう!

008


「FF14」では、高難易度ダンジョンが多く、エンドコンテンツではソロプレイだけでなくパーティープレイも必要となる。さまざまなジョブの仲間たちと力を合わせてダンジョンを攻略することが大切だ!

クラスやジョブごとに得意なロール(役割)がある。

”剣術士”や”斧術士”は「タンク(TANK)」、”幻術士”や”白魔道士”は「ヒーラー(HEALER)」、”格闘士”や”黒魔道士”は「ダメージソース(DPS)」など、それぞれの得意なロールで連携して戦うのがオススメ!

009010011

わかりやすいゲームシステムと操作性

当ゲームはクエストを受けながら先に進めるという導線が引かれており、チュートリアルも丁寧なので初心者でも安心できる。

 

38

クエストで「モンスターを討伐して来い」と言われフィールドに出て敵と戦ったりと。

39

また、戦闘はオートアタック、ターゲッティングシステム、スキル、アクション使用で進む。MMORPGの基本的なシステムのため、かなり入りやすい。

 

▼戦闘中、敵が範囲攻撃をすることがある。これはそのまま、範囲外に出れば攻撃を避けられるわけだ。ただ、全ての敵がこの攻撃方法を用いるわけではないので、注意が必要だ。
40

 

クエスト、討伐手帳、FATE、ギルドリーヴなどの経験値取得のコンテンツを経て、レベルが16まであがったので、初のインスタンスダンジョン「サスタシャ侵食洞」に行ってみた。

 

▼パーティを組む方法はパーティ募集の掲示板に載せる、直接パーティを組む、それ以外にもコンテンツファインダー(CF)という方法がある。これは行きたいコンテンツを選び参加すると、自動的にマッチングし、パーティを組ませてくれる。
41

 

 

▼パーティを組んでからダンジョンを進んでいく。タンクは敵視を一手に引き受ける盾役なので上記のような配置になる。パーティメンバーにララフェルが多かったため、姿が隠れてしまっているのはご愛嬌だ。

42

 

 ▼ダンジョン最奥にいるボスまで辿り着き、すぐに戦闘開始。新生FF14では基本的にIDではギミックがあり、ボスはその最たるもの。上手く立ち回らないと状況が悪化したりする。レベルが上がるごとに難易度があがるが、難しいからこそクリアした時の達成感はひとしおだ。

43

 

生産職、クラフターについて

生活系、生産系と言われる職業で、アイテムを製作する職業のクラフターは、「鍛冶師」「甲冑師」「彫金師」「革細工師」「裁縫師」「錬金術師」「木工師」「調理師」の8種類がある。

 

44

やり方は簡単だ。作成アイテムによって定められたレベルに到達し、素材を集めたら作成可能になる。


ただし、作成にはミニゲームのようなものがあり、工数を最大にしなければ完成しない。
そして品質を上げることで高品質なアイテムが出来るという流れになっている。

 

45 2

様々なアビリティを駆使し、より良いアイテムを製作することが目的になってくる。
まずは体験し、少しずつ理解することを推奨する。

 

採集職、ギャザラーについて

ギャザラーには採掘師、園芸師、漁師がある。
採集職と言われ、素材を手に入れる職業だ。
金策にも有用で、よく売れるアイテムを簡単に手に入れることも出来る。初心者にもおすすめだ。

 

46

 

採掘師、園芸師は特定の場所を探し、採集する。
アビリティを使用して採集確率、高品質アイテム確率、採集数を増やしたりも出来る。

 

47 2

さらに未知の採集もある。これは特定の場所、特定の時間でのみ採集が可能な素材だ。
ただし、かなりのステータスが必要で、他にも条件やアイテムが必須となる場合がある。
中には高価なものもあるので、是非挑戦してみて欲しい。

 

漁師は多種多様な水辺で可能だ。ヌシ釣りなども追加されやり込み要素も増えている。 ギャザラー、クラフター共に手帳があるので自分の力で探すのも楽しいかもしれない。

 

ゴールドソーサーについて

ゴールドソーサーは、ゲーム内の大アミューズメント施設で、サブコンテンツの最たるものと言ってもいい。豊富なミニゲームや賞品があり、ゲーム内での生活をより楽しませてくれる!

 

48

49

 

煌びやかな外観と内観は見るものを楽しい気分にさせてくれる。
細かい部分まで造られているので、眺めるのも一興だ。


50

 

「モンスタートス」「カフアカー」「クリスタルタワーストライカー」などのミニゲーム

「チョコボレース」「くじテンダー」などのアトラクションもある。

特に「トリプルトライアド」というカードゲームはおすすめだ!


51

 

トリプルトライアドとはFF8のミニゲームだったものだ。

 

デッキを組み、9マスにカードを一枚ずつ交互に置く。ただそれだけのゲームだが、これが中々に奥が深い。カードには上下左右に数字が書いてあり、接するカードよりも大きければ、相手のカードが裏返り、自陣のカードとなる。

 

それぞれルールがあり、二辺の数字を、接する相手カードの数字と足して同数になれば裏返るプラス、二辺の数字と、接する相手カードの数字が同数の場合に裏返るセイムなど様々だ。

 

52

最終的に枚数が多ければ勝ちだ。ただし先手5枚、後手4枚の場合はドローになる。
勝てばMGPと稀にカードが貰える。MGPはゴールドソーサー内でアイテムと交換出来る。
トリプルトライアドは中毒性があるので注意が必要だ。

 

探検手帳、アチーブメントについて

新生FF14では、とある場所で、決まった時間内と天候で、特定のエモート(キャラクターの動作、笑う、驚く等)をすることでコンプリート出来る、探検手帳というものがある。

 

53

 

特に報酬が貰えるわけではないが、エオルゼアの美しい景色を発見出来る。
忙しく狩りばかりしていたプレイヤーは足を止めて、お気に入りの風景を探すのもいいのではないだろうか。

 

また、アチーブメントと呼ばれるシステムもあり、ダンジョンを何回クリアした、クラフターで何々を作った、手帳を埋めたなどなど、色々な条件を満たすとポイントやアイテムが貰える。

 

▼条件を達成した状態で、グリダニアの旧市街にいるジョナサスに話しかけると報酬アイテムを貰うこともできる。 アチーブメントは膨大にあるので、コレクション要素が好きなプレイヤーはこつこつやっていくのもいいかもしれない。

54 2

かわいい種族やかっこいい種族も!好きなキャラを選んで遊ぼう!

「FF14」でプレイヤーが操作できるのは、6種族のキャラクターたち。

各種族は2つの部族と男女に分かれているので、全24種類の中から好きなキャラクターを選ぶことができるぞ!

012


種族ごとに初期ステータスが少し違っているものの、誤差程度なのでどの種族を選んでも大丈夫だ。本作ではステータスや装備品の差よりも、ダンジョンなどのギミックへの対応力の方が重要

 

前作FF11ではステータスの差による影響が大きかったことを反省し、本作では立ち回りやスキル選択の重要度が高くなっている。

 

これからFF14を始める人なら、気に入った見た目のキャラクターを選んでしまうのがオススメだ。

 

▼ヒューラン(Hyur)

013

・ミッドランダー(Midlander)
・ハイランダー(Highlander)

エオルゼアで一番人口が多い種族。かつては多数派ではなかったものの、近隣の大陸や島から流入してきた。

平均的な体つきであるが、同じ民族であってもルーツがさまざま。そのため、民族意識が極めて希薄で、個を尊重する気風がある。

 

▼エレゼン(Elezen)

014

・フォレスター(Wildwood)
・シェーダー(Duskwight)

古代からエオルゼアで支配的地位を占めていた先住民族。大量に流入してきたヒューランと激しい闘争が巻き起こったが、相互理解が進んだ現在では沈静化し、共存共栄の道を進んでいる。

長い手足と細身の体が特長。非常に誇り高く、ヒューランよりも寿命がやや長めの種族。

 

▼ララフェル(Lalafell)

015

・プレーンフォーク(Plainsfolk)
・デューンフォーク(Dunesfolk)

もともとは南の温かい島で農耕を営んでいた種族。交易を通じてエオルゼアに進出してきた。他種族に対しても友好的で、どの種族とも積極的に交流を行い良好な関係を築いている。

エオルゼアに住む種族の中でも、一際体が小さく幼い容姿をしている。寿命はヒューランと同じくらいだが、高齢でも重労働ができるほど頑丈な体をもっている

女性プレイヤーからの人気が高いキャラクターだ。

 

▼ミコッテ(Miqo'te)

016

・サンシーカー(Seekers of the Sun)
・ムーンキーパー(Keepers of the Moon)

第五霊災である大氷雪時代に、氷結した海を渡ってエオルゼアへと渡ってきた種族。

エオルゼアの中では少数種族であり、同族間での縄張り意識が強いため単身で暮らすものが多い。特に男性はその傾向が強く、街なかで見かけることはほとんどない。

頭部の大きなネコ耳としなやかな尻尾が特徴。ゲーム内の設定では少数派なのだが、プレイヤーからの人気は高く、操作キャラクターの中では圧倒的多数を占めている。

 

▼ルガディン(Roegadyn)

017

・ゼーヴォルフ(Sea Wolves)
・ローエンガルデ(Hellsguard)

かつて北の海を荒らし回っていた種族の末裔。多くの祖先が船でエオルゼアに渡ってきた、大柄でたくましいがっしりした体格の種族。

情に厚く忠義を貫き通す性格であり、歴史的な偉人が多く存在する。しかし、向こう見ずの勇ましさを競い合う気風があり、他種族からは野蛮だと思われている。

 

▼アウラ(Aura)

018

・レン(Raen)
・ゼラ(Xaela)

エオルゼアから遥か東の大陸オーサドにルーツを持つ種族。

肌の一部が鱗のように硬質化し、美しい模様を描いているのが特徴。側頭部から伸びる角は、聴覚や空間認識能力の役割を果たしているとともに、彼らの誇りの一つとなっている。

男女で体つきが大きく違っており、男性は大柄でたくましい体を持っているが、女性は小柄でしなやかな体つき。

MMORPGの大作らしく豊富なコンテンツが盛りだくさん!

移動手段の種類が豊富なのも、FFシリーズのMMORPGでお馴染みの要素だ。

019


FFシリーズの乗り物といえば、空を飛行可能な「飛空艇」や、かわいい大型の鳥類「チョコボ」。他にも、海の上を走る「フェリー」などが利用可能だ。

転送魔法により瞬時に目的地に到着できる「テレポ魔法」、「都市転送網」なども便利。MMORPGにありがちな面倒な移動も、FF14なら楽しくプレイできる!

020


気楽に楽しめる遊技場「ゴールドソーサー」では、「チョコボレース」や「トリプルトライアド」、「モーグリキャッチャー」といった、さまざまな遊びを楽しむこともできるぞ!

バトルの疲れはゴールドソーサーの楽しい遊びで癒してしまおう!

021


MMORPGのメジャーな生産コンテンツ「ハウジング」や、アイテム生産ができる「カンパニークラフト」もある。生産コンテンツを満喫したい人にもオススメだ。

他にも豊富な衣装を「着せ替え」たり、海や川で大物を「釣り」上げたり、プレイヤーの好みでいろいろな遊び方が可能となっているぞ!

36

FFシリーズのMMRPG最新作がLv.35まで無料でプレイ可能!

本作はファイナルファンタジー(FF)シリーズ14作品目のナンバリング作。世界的大ブームを巻き起こした、ファイナルファンタジー11以来となるMMORPGだ。

022

 

本作をプレイするには、ゲームソフト(パッケージ、ダウンロード)以外にも、サービス利用料が30日ごとに必要となる。


これまでは、ゲームソフトを購入しなくても自由にプレイできるフリートライアルに14日間の制限がついていたが、レベル35までは期間も内容も無制限にプレイ可能となった!

 

023

少しずつじっくりプレイする人でも、気軽にフリートライアルを試すことができるようになったので、興味がある人は是非プレイしてみて欲しい!スクエニが誇る世界トップレベルのグラフィックと、壮大なストーリーが冒険者たちを待っているぞ!

ファイナルファンタジーXIVスペック/動作環境

動作環境 必須環境 推奨環境
対応OS Windows速 Vista 32/64bit, Windows速 7 32/64 bit, Windows速 8 32/64 bit, Windows速 8.1 32/64 bit Windows速 7 64 bit
CPU Intel Core2 Duo 3GHz Intel Core i5 2.66GHz
メモリー 2GB 4GB
グラフィックカード NVIDIA Geforce 8800以上、ATI Radeon HD 4770以上 NVIDIA Geforce GTX 660以上、AMD Radeon HD 7950以上
VRAM
HDD空き容量 20GB 20GB
DirectX DirectX 9.0c以上 DirectX 9.0c以上
回線速度 ブロードバンド接続 ブロードバンド接続

ファイナルファンタジーXIVが良く分かる動画を見てみよう!

キャラクタークリエイション動画


ゲームパッドモードのプレイ動画


ファイナルファンタジーXIVの評価・レビュー・評判(4件)

  1. かきぴー(男性)
    4.0点
    「おぉー!スゲー!」と感動したゲーム

    プレイしていたのは、今から9年前で初めてプレイした時、「おぉー!スゲー!」と感動したゲームです。

    建物や風景、歩いている人々、その全てが輝いて見えすごく興奮しました。これから強くなって最後のボスを倒すぞ!
    くらいの勢いでしたが、XIの最初は何をすればいいのかまったく分かりません。

    オニオンソードを握りしめ街の外のミミズやウサギとバトル!序盤の敵のくせにやたら強いんです。
    連戦とか出来ません。

    1戦したらしゃがんでヒーリング、回復したらバシバシ叩いてヒーリング。
    PTプレイが推奨だったため、ソロでの進行はかなり難易度が高かったのです。

    当時はタイピングもろくにできず、1本の指でカタッ・・カタッ・・と恐ろしいスピードでした。
    色々調べるうちにチャットの仕方やPTの組み方等がわかりなんとかプレイする事が出来ました。

    全部、親切な旅のお方が教えてくれました。最初は苦戦しましたが、慣れてくると時間を忘れてプレイする程夢中になり私生活にも支障をきたすまでに・・・。
    そうなってくると家族に迷惑がかかるのでヴァナディールにいる仲間に別れを告げやむなく引退をしました。

    去年の暮、ネットで色々見ているとFFXIはソロプレイゲームになっていると言う記事を発見し、速攻でプレイしてみました。
    当時の懐かしさを思い出しながら一通り町並みを歩いていると、フェイスと言う新魔法を教えてくれるNPCが
    、簡単なクエスト(初心者でもすぐ終わる)を終わらすと新魔法フェイス入手!

    どんなジョブでも使用可能。唱えるとFFXIに登場するNPCキャラを召喚して仲間として戦えるのです!びっくりでした!
    デンゼンやライオン、シャントットまで呼べるなんて!
    そんなフェイスの力で進行はサクサク、経験値も当時より遥かに稼げました。

    1時間でレベル1から30は余裕であがります。
    最初のボスである闇王もあっさりとクリアして今回の旅を終えました。
    また機会があったらやってみようと思っています。

    1 違反報告
  2. ぱふぇっこ(男性)
    4.0点
    個人的には完成度が高いゲームと思った♪

    新生エオルゼアがなぜ面白いのか、それはFFシリーズだからだろうか。
    いや、それもあるだろうけどやはりオンラインゲームであることが理由の一つだろう。

    そしてこのゲームはPCだけではなくコンシューマーゲーム、つまりPS3とPS4版の新生エオルゼアのサーバーと一緒になっている。
    つまりPCでプレイしている人もコンシューマーでプレイしている人も一緒になって楽しめる。

    そこが新生エオルゼアが面白い理由だと言える。
    変な話だが、サーバーが一緒になっていないオンラインゲームの場合、PC版はガチ勢、コンシューマー版はライト層、そんな先入観にも似たイメージがゲームをプレイする人々は持っているように思う。事実、その通りな部分もある。

    だが新生エオルゼアはPCサーバーもコンシューマーサーバーも同じであるためガチ勢もライト層も乱れてプレイすることができる。
    たぶんそういった、ごちゃごちゃした感じが面白い。

    そして野良で出会った相手とのパーティーも面白い。友人でもなければ文字チャットでしかコミュニケーションが取れないため、すべてが伝わるわけでもない。

    だがそこがまた面白い。
    基本的に新生エオルゼアはロールと呼ばれる戦闘時の役職が決まっているのだが、時々ロールを無視する方もいる。
    フラッシュを焚かないタンク、スプリントで先頭を突っ切るDPS、など最高に面白い。そんな状況を楽しんで、どう対応するかを模索するのもオンラインゲームの面白さであり、未完成なコミュニケーション世界だともいえる。

    このエオルゼアの世界に生きるアバターを操る人を想像するのも楽しい。
    ここにはカワイイ女の子のキャラが沢山いるけど中身はおっさんなんだろうな、とか思うとシュールで笑えてくるが、とても愛おしく感じる。
    新生エオルゼアを含めオンラインゲームでは皆、何かを演じることで面白い世界を確立しているように思う。

    1 違反報告
  3. ぐっちゃん(男性)
    4.0点
    開発者のこだわりが随所に感じられる

    数あるPCオンラインゲームの中でも、今一番イチオシなのがFF14です。
    大人気シリーズであるFFの世界をMMORPGで楽しめてしまうのだから、面白くないはずはありません。

    実はこのFF14、一度コケています。まだかなり未完成な部分を残したまま世に出してしまったため、実装後は数多くのトラブル続きで、プレイヤーからはかなり不満の声が上がりました。その声を受け、問題を解決し、なおかつグレードアップした新生FF14として実装が開始されました。

    新たに生まれ変わったFF14は、プレイヤーの声にしっかりと応えてくれました。まずログインして感動したのは、グラフィックの美しさです。これほどの画質を維持しながらオンラインが楽しめると思うととても感動しました。ストーリーも、前FF14の内容を上手く利用しながら、自然な流れで入り込めます。

    システムも、より遊びやすいようかなり工夫されており、そこそこのPCスペックでもスムーズに遊ぶことができます。さすがに最適な環境でないと、戦闘シーンなどではラグが発生することもありますが、通常のフィールドなら、ゲームPCでなくとも遊べてしまうぐらいです。

    これまでいくつかのオンラインゲームで遊んできましたが、FF14が特にいいなと思うところは、運営側にプレイヤーの声が届きやすいことです。やはり一度失敗をしたことがあるFF14だけに、この部分はかなり重要視してくれているようです。

    不定期ですが、プロデューサーレターライブという生放送が配信されます。そこでは、今後の実装についてや、プレイヤーからの質問に答えるなど、FF14プロデューサー自らが出演して話してくれるので、開発への情熱もしっかり伝わってきます。

    ゲームの内容自体も、生産、戦闘、イベントなど盛り沢山なので、様々な遊び方をすることができます。開発者の顔が見えるオンラインゲームなので、そのこだわりをじかに感じながら遊ぶことができるゲームです。今までにないオンラインゲームの楽しさがあります。

    0 違反報告
  4. やまちゃん(男性)
    4.0点
    MMORPGの中ではグラフィックは最高クラス

    【良かった点】
    MMORPG好きな方でしたら名前だけ聞いただけでも飛びつくFFシリーズ最新作ですのでPC版で1年くらいプレイしてみたリアルな感想です。
    MMORPGは大好きでこれまでも多くのタイトルをプレイして来ましたがどうしても他のタイトルと比較してみるといい面、悪い面は当然出てきます。
    あのタイトルのシステムがあればとかこういうイベントがあればいいのにとか思いながらプレイしていました。
    まず良かった点はまずグラフィックの綺麗さです。また現状ライトユーザーにもサクサク進められる事、全体的にBGMが優秀でFFの世界観を満喫できる事、避けては通れないメインストーリーがしっかりしている事です。
    また当初からプレイに復帰することを前提として作成されているためにFF11のような廃人がでるほどのハマリ度が少なかった点です。

    【悪かった点】
    100%ユーザーを満足させる事が出来るMMORPGなどこの世には存在せず、プレイをする時に感じるイライラや熱中度がデメリットとして挙げられてくるのですが14もまた然りである意味当然の事のように感じながらプレイをしていました。
    プレイ開始直後はオリジナルな細部までこだわりが持てるオリジナルのキャラを作成し期待度に満ち溢れた感じでやりはじめましたが、除々に悪い点が見えだしました。
    まずは全体的にみてシステム関連でのボリュームが薄くなった印象を受けました。
    また初心者には厳しすぎる高難易度のダンジョン攻略、同LVのプレイヤー同士でマッチングパーティーで参加も出来るが出遅れると鯖にも寄りますが人が集まらない事、ボス戦では一人がタゲをとると後は作業ゲーと化し回復、ジョブやスキルに応じた魔法とスキルで後方支援に回るのみ、視点は360度調整できるがMAP、システム画面が混雑していて分かりづらかった事などです。
    以前にプレイしたタイトルにRFZというMMOMPGがあったのですがそれに近い印象を受け大規模聖戦やボス攻略までにかかる時間、バフやデバフなどの持続性スキルなど原点に立ち返ったような感じでした。
    サポート体制はしっかりしていてプレイヤー質は高くマナーもあり、マクロやBOT業者もおらず野放し状態ではなかった点は評価できました。
    課金してもう一度復帰することは今では考えていませんがコンテンツ不足とレア装備が実装されれば復帰も考えてはいます。

    0 違反報告

ファイナルファンタジーXIVのレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

Jack left5
Jack right6