【POLYGON】ポリゴン調の世界観が秀逸!ゲームエンジンに「Unreal Engine」を採用した可愛くもリアルなFPSの早期アクセス版がSTEAMで配信中。



PC サービス中 無料 FPS/TPS アクション

『POLYGON』のタイトル画像

2020/3/7から早期アクセス版が配信されているRedaster Studio無料PCゲーム。ポリゴン調の単純化された世界でオンラインPvPを楽しめる新作ファーストパーソンシューティング。

 

単純化されながらもリアリティーと立体感を持つ不思議なゲーム世界、最大32名のプレイヤーが一度に対戦できるオンラインPvP要素、無料で遊べる気軽さが大きな魅力で、可愛いキャラクターと世界観を持つFPS作品を求めている人、オンラインPvPで射撃の腕前を競い合いたい人、無料で遊べるPCゲームを探している人におすすめ。

可愛いバトルフィールドへようこそ!

現在PCゲームのポータルサイト「STEAM」で配信中の『POLYGON』は、タイトル通りポリゴン調の世界観の中でファーストパーソンシューティングを体験できるおすすめ新作PCゲーム。登場するキャラやオブジェクトがおもちゃのように可愛く、さらに「無料」でプレイできる点が大きな魅力となっているぞ。

 

ゲームモードはチームベースの対戦となっており、ルールは「キャプチャーザフラッグ」形式を採用。最大32名のユーザーが16名のチームとして協力バトルを繰り広げることが可能で、人が集まればかなり賑やかなオンラインPvPを楽しめる。FPSの腕前に自信がある人にはおすすめの新作PCゲームだ。

 

無料でオンラインPvPを楽しめる『POLYGON』

▲単純化されながらもツボを心得たゲームグラフィックが秀逸。可愛いキャラがリアルに動き回るプレイは必見。

 

ゲームの開発には世界最強の呼び声が高いゲームエンジン「Unreal Engine」が用いられており、簡素なグラフィックとは裏腹にかなりリアルな挙動を体験できる。また単純化された世界観を採用したことによって要求スペックが下がり、ロースペックなPCでも十分に遊べる作品になっている点もポイントだ。

 

ミリタリー系の世界観を持つゲームらしく、アタッチメントを利用する「武器カスタマイズ要素」も実装。見た目が可愛いという点を除けばリアル寄りのFPS作品と全く同じ感覚でプレイできる。プライマリウェポンやセカンダリウェポン、そして投擲武器を活用しながら大興奮のFPS世界を堪能できるぞ。

 

若手インディー系デベロッパーの作品

ゲームを開発しているのはインディー系ゲームデベロッパーの「Redaster Studio」。2019年には同じくポリゴン調の世界観を持つ作品『PEEKABOO』をSTEAM上に発表している若手のデベロッパーで、今後の活躍にも期待が高まる。ゲームらしい「明るさ」を持った作品が特徴のデベロッパーだ。

 

ポリゴン調の世界観を持つ『POLYGON』

▲全てがカクカクした造形ながらオブジェクトの存在感は立派。男女を問わず親しめる作品となっている。

 

なお本作は現時点で「早期アクセス版」の作品で、正式バージョンの配信は2021年中頃を予定している。現在も開発中の作品あり、ある日突然ゲームシステムに変更が加えられることもあり得るので、プレイする際にはその点を頭に入れておこう。ただしプレイは無料なので、それほど深く考えなくても大丈夫だ。

 

インターフェースは「日本語」を含め11ヶ国語に対応。開発が進んで複数のコンテンツが実装された場合には販売形態になることが示唆されているので、無料である今の内に入手しておくのも手だ。簡素なグラフィックでリアルなFPSバトルを追求した新作ゲームをプレイしたい人は、今すぐゲームをダウンロードしよう!

 

【おすすめポイント】無料で遊べる新作FPS!

実在の銃をモデルにした武器が登場!

『POLYGON』には実際に戦争などで使用された有名な武器類が多数登場。「M16」「COLT1911」「AK-47」などの人気武器は単純化されながらも「それと分かる」モデリングで再現されており、ミリタリーマニアも必見。一人称視点で目にする銃器の挙動もかなりリアルで、プレイ中の没入感は非常に高まる。

 

各種の銃器にはダメージ率、飛距離、ファイアレート、サイト越しに射撃した際の安定性などのステータス値が細かく設定されており本格的。武器毎に異なる性能を理解し、適切な使い方をしながらシューティング対決に挑むプレイにも熱が入る。銃器の扱いを極めてチームに貢献できるプレイヤーになろう。

 

豊富な武器類が登場する『POLYGON』

▲ポリゴン調とは言うものの、武器のシルエットはかなり正確に再現されており、非常に好感が持てる。

 

銃器のカスタマイズ要素もバッチリで、命中精度を高める「ホログラフィックサイト」の装着やオリジナリティーを出す各種ペイントなど、やれることはかなり多い。自分だけの武器にカスタマイズすることが好きな人にもおすすめできる新作PCゲームで、やり込み要素もかなり高い点が大きな魅力だ。

 

【おすすめポイント】銃器へのこだわりがグッド!

Unreal Engineはリアルだけじゃない!

『POLYGON』の独特な世界観を再現しているのは、世界中のゲーム企業が採用しているゲームエンジン「Unreal Engine」。最新ゲームらしいリアルなグラフィックを実現することで知られる同エンジンだが、本作のように極端に単純化されたゲーム世界を生み出す際にも大きな力を発揮してくれる。

 

3Dグラフィックの描画能力に優れ、現実世界と変わらないライティングエフェクトを提供してくれる「Unreal Engine」の恩恵は本作でも確実に感じ取れる。そしてモデリングが単純化されたことによってグラフィックボードの最小要件が「GTX 460」「AMD Radeon HD 6850」まで下がっている点も優秀だ。

 

Unreal Engineを採用する『POLYGON』

▲単純化されながらも最新ゲームらしい挙動を感じることができる『POLYGON』のゲームグラフィック。

 

FPS作品はリアル寄りに走る傾向が多く、描画が緻密なほどPCに要求されるスペックも上がっていくが、本作の場合はノートPCでも快適に動くため、幅広いユーザーが気軽に遊べて便利。インストールサイズもスマホアプリ並みの「2GB」に抑えられているので、ストレージにも優しい作品に仕上がっている。

 

抜群の安定性を誇る最強ゲームエンジンが描き出すポリゴンの戦場は、これまでのFPSゲームとは異なる次元で感動を与えてくれること間違いなし。見た目に惑わされずに一度プレイすれば、驚くほど臨場感に溢れたシューティング体験を得られること請け合いだ。リアルだけじゃない「Unreal Engine」の力を目撃しよう。

 

【おすすめポイント】絶妙なグラフィックが面白い!

早期アクセス版の作品

前述の通り『POLYGON』は早期アクセス版の状態にあり、正式バージョンではさらなる改良とコンテンツの増加が予定されている。現時点でも32名のプレイヤーが同時対戦できるシステムを持っているが、正式版ではさらに人数を増やし、最大で64名が一度に戦えるシステムが実装される予定だ。

 

また正式バージョンでは「バイク」「戦車」などの兵器を利用できるようになり、新たなゲームモードやマップも実装されていく予定。現在も鋭意開発が進められており、これらの要素はプレイ可能になり次第アップデートで実装されていく。さらにパワーアップする正式バージョンの登場が待たれる新作PCゲームだ。

 

早期アクセス版の状態にある『POLYGON』

▲数多くの新機能を実装すべく開発中の『POLYGON』。今後の発展が楽しみな新作FPSゲームだ。

 

開発元のRedaster Studioはフォーラムにも積極的に参加し、ユーザーの意見をリアルタイムで収集しながら作品の改善に努めていくそうなので、インディー系ゲームデベロッパーの作品を向上させるために様々な意見を発信したい人にもおすすめ。ゲームをプレイして、気になる点はどんどん報告してみよう。

 

【おすすめポイント】着実に開発が進む新作PCゲーム!

POLYGONスペック/動作環境

動作環境 必須環境 推奨環境
対応OS Windows 7 SP1 (64-bit)
CPU Intel Core i3, 2.4GHz
メモリー 4GB
グラフィックカード NVIDIA GeForce GTX 460 / AMD Radeon HD 6850
VRAM
HDD空き容量 2GB以上の空き容量
DirectX Version 9.0
回線速度 ブロードバンドインターネット接続

POLYGONの評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

POLYGONのレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

2
3