【ロストアーク(LOST ARK)】快進撃が止まらない!OBT初日に同時接続者数25万人を記録した「PC向けMMORPG復活」を担う超大作ハクスラ式MMORPG



PC サービス中 無料 外国語版 MMORPG

「ロストアーク(LOST ARK)」はPC向け人気ハクスラ式MMORPG
 

『ロストアーク(LOST ARK)』は、韓国SmileGateが開発に7年、開発費に100億円を費やし、韓国にて2018/11/7よりサービスが開始された現在大人気のPC向け新作ダークファンタジーハクスラ式MMORPG

 

・2018/8/24から韓国で開始されたCBTは高評価を獲得!
・2018/11/7から韓国でOBTが開始され、テスト開始数時間で同時接続者数25万人!
・OBT開始3日目の11/9には、分析サイト「Gametrics」のPC Bangシェアランキングで3位。
 ※1位は「リーグ・オブ・レジェンド」、2位は「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」。
 RPGジャンルではダントツの1位と快進撃が止まらない!

 

クォータービュー(斜め上方向からの視点)のハクスラ式MMORPGで、美麗なファンタジーの世界観と自由度の高い迫力アクションが注目だ。

 

また独自のコンボシステム「Tripod System(トライポッドシステム)」により、コンボスキルの効果を複数から選択可能。美しすぎるグラフィックに加え、豪快で多彩な必殺技のカッコよさがハンパない!!

美麗グラフィックでモンスターの迫力も抜群

豪快で多彩な必殺技のカッコよさは圧巻だ

バトルシーンはド派手なエフェクトによる豪華演出

またハクスラ要素だけでなく、船を使っての宝物サルベージ、船引き網漁、水中探査などの世界中を航海する冒険要素や、MMORPGの定番である採集・伐採・採掘・狩猟・釣りに加え、考古学などの一風変わった生産系コンテンツも充実している。

宝物サルベージ、船引き網漁、水中探査などの航海システムが面白い

ちなみに、2018年度のGoogleでの検索語ワード世界1位は「ワールドカップ」だったのだが、韓国での1位がなんと『ロストアーク(LOST ARK)』だったのだから、どれほどの注目度なのかお分かりいただけるはず。

 

モバイルゲーム全盛期の今、PC向けMMORPGの人気復活を担う注目新作タイトルの動向を見逃すな!

爽快感抜群で、自由度の高いアクション

映画のような美しいファンタジー世界

ロストアークはPC向けMMORPGの人気復活を担う注目新作タイトル

 

重厚感あるロストアークの世界

『ロストアーク(LOST ARK)』の世界観は非常に重厚だ。細かく描かれたフィールド、非常にリッチで力の入ったグラフィックス、そしてストーリーもOBTを体験したMMORPGファンから絶賛の声が上がっている。

 

本作の舞台であるロストアーク(LOST ARK)では、全世界中に広がる魔界との玄関口となっている次元の狭間「カオスゲート」が存在しており、このカオスゲートを通じて魔界から大小様々な悪魔が続々と押し寄せているところからスタートする。

世界中に魔界との玄関口である次元の狭間「カオスゲート」が存在する

ゲーム開始時点では、悪魔を倒す力を持った英雄はおらず、人類は劣勢な立場となっている。国の中には、悪魔の侵攻に耐えることができず滅び去ってしまったところも。

強大なボスがプレイヤーの行く手を阻む

カオスゲートを通じて魔界から悪魔が続々と押し寄せている

この危機に立ち向かう主人公は、スタート時はまだ力を備えていない一介の冒険者でしかない。プレイヤーは過酷な戦いや様々な出会いをしながら、かつて存在した「悪魔を打ち負かす箱舟」を探す冒険を始めることになる。

 

カオスゲートが現れると、ミニマップとワールドマップでアイコンが表示される。こちらからカオスゲートを通じて悪魔が支配する魔界へと進入することも可能となっており、手強い強敵との死闘を繰り広げたり、伝説級の武器や防具を手に入れることもできる。

 

また『ロストアーク(LOST ARK)』の世界は、東洋と西洋が入り混ざったファンタジーの世界。砂の広がる荒野もあれば、氷に閉ざされた街や、機械が発達した都市、東洋の城がそびえ立つ地域もある。

砂の広がる荒野でのミッション

氷に閉ざされた美しくも寂しげな世界

ロストアークの世界は東洋と西洋が入り混じったファンタジー世界

どの景色も壮大かつ、背景のディテールが細かい。通常の船ではたどり着けない大陸もあり、今後どんどんエリアが実装されていくだろう。

 

まさに王道的なファンタジー&ダークファンタジーなので、こうした冒険譚が好きなプレイヤーにはオススメだ。

 

三段階で強化させるド派手スキル!

『ロストアーク(LOST ARK)』はクォータービュー(斜め上方向からの視点)のハクスラ式MMORPGだ。

 

この固定された斜め上からの見下ろし視点が「移動しづらい、飽きる」などとCBTで不評だったのだが、ハシゴや乗り物などで縦の視点を増やしたり、アトラクションや足場のない崖を登っていくアクションなどを取り入れて単調さを回避し、移動のストレスを軽減。不満点をきちんと改善してきたのはさすが。

ジップラインなど数々のアトラクションで移動のストレスを軽減

クォータービューのCBTでの不満を乗り物などを使用することで改善

基本的なシステムはマウスを使った戦闘が採用されていて、左クリックで攻撃、右クリックで移動ポイントを指定してキャラを移動させる。事前に登録可能なショートカット機能も現在は8つセットすることが可能なので、スキルをセットしておけば複雑な操作が必要なアクションでもワンクリック操作で実行可能だ。

ショートカットもあり複雑なアクションもワンクリックで

また本作には、独自の「Tripod System(トライポッドシステム/三脚システム)」が存在するのだが、これは3つのスキルをつなげて効果を強化したり、変化させたりできるというもの。

 

各クラスには様々なスキルがあるが、スキルレベルを上げていくと、4、7、10レベルごとにスキルを進化する選択肢が出てくる。スキル属性、攻撃の形、機能などを変化できるので、例えば炎属性を追加して、敵を蹴散らした後に大きな爆発で周囲をはね飛ばすといった具合に進化させられる。

トライポッドシステムで3つのスキルをつなげて効果を強化できる

状況に応じた効果的なスキルの繋げ方を導こう

攻撃系のスキルを3つ重ねることによってさらに強力な攻撃を繰り出したり、防御系を重ねることで鉄壁となったり、状況に応じたスキルの効果的な繋げ方を模索する楽しさがある。スキル効果を上手に組み合わせながら付け替えて、戦闘を有利に進めつつ、ド派手なアクションを繰り出したい。

スキル効果を上手に組み合わせてド派手なアクションを繰り出そう

トライポッドシステムはロストアークならではの醍醐味

 

秘宝を探しに大海原に乗り出そう

多彩なコンテンツは後ほど紹介するとして、『ロストアーク(LOST ARK)』ならではのオススメコンテンツをあげておきたい。

 

そのひとつが「航海システム」だ。航海では、プレイヤーはキャラの代わりに船を操作し、大陸では味わうことができない風変わりなコンテンツにチャレンジできる。

航海システムでは風変わりなコンテンツが多数用意されている

広大な海の旅では、宝箱を発掘したり、水中探査をしたり、サメを狩ったり、遭難者を救助したり、難破船に眠る秘宝を探したり、クジラにぶつかって船が壊れたり、はたまた幽霊船と遭遇したりなど、遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツが用意されている。

 

海には大小様々の島があり、島ごとに固有の世界観や、その島でしか体験できない遊び方がある。特別な遺跡や人が住む隠された島を見つけに、コロンブスさながらに未知なる大海原に乗り出そう。

難破船に眠る秘宝を探しに行こう

海の中に眠る宝箱を発掘するために優秀な船と乗組員を見つけたい

船の目の前でクジラが大ジャンプ!ぶつからないよう注意したい

もちろん海が常に平和なわけはない。航海を進めていると、非常に危険な海域に進入することもある。危険海域は水草海域、砂嵐海域、セイレーン海域、寒波海域、嵐の海域、亡者海域の全6種。

 

これら危険海域では、一般的な海域では見られない希少な黄金漁場や宝物引き揚げポイントがあり、珍しい報酬を獲得することができるが、難破の危険性は高い。回避するためには耐性を持った船舶に乗ったり、船に危険海域耐性を付与したり強化できる乗組員を仲間にしたりする必要がある。

 

優秀な船員を船に乗せていれば、水中探査などでより深いところまで潜水して貴重なお宝を見つけだしてくれたりもするので、親密度を上げつつ仲間の信頼を勝ち得たい。そのためには彼らの居場所を突き止めたり、雇用条件としてアイテムが必要だったりもする。大航海時代オンラインさながらの航海システムだ。

危険海域である砂嵐海域に突入してしまった

優秀な船員は親密度を上げて仲間にしたい

もちろん船自体の能力値も存在する。『ロストアーク(LOST ARK)』は現時点で全8種の船舶が存在するが、船ごとに異なる能力を見極めて航海に出たり、基本船舶をより強くアップグレードすることもできる。

 

冒険をスタートしたばかりの主人公には「エストーク」と呼ばれる初期型の大型帆船が提供され、序盤はこの帆船を使って大陸間を行き来したり、海洋に存在するコンテンツにチャレンジしたりすることになる。

 

冒険が進むにつれ高性能な船を手に入れることができるようになるので、海のあちこちで収集した様々な材料を使って、運航速度や耐久、船員搭乗スペース、そして特定のリスク海域の耐性を向上させよう。特別な帆を手に入れて自分だけの個性的な船を作るのもありだ。

船自体の能力もアップグレードさせていこう

 

カードゲームまで存在する多彩なコンテンツ

『ロストアーク(LOST ARK)』のコンテンツの豊富さは、もちろん海ばかりではない。MMORPGの定番であるダンジョン、クエストの種類も凄まじく、また格闘ゲームさながらのPvP、パーティで挑むボスレイド(PvE)、訓練場、生活要素など、やり込み要素がハンパない。

美麗すぎるグラフィックのおかげでボスの迫力がハンパない

多数のダンジョンが存在するのでやり込み要素も満載

ゲーム進行中、自然に進入することになる一般的な「シネマティックダンジョン」に加え、宝の地図を見ながらの「秘密ダンジョン」や、亀裂に集まった悪魔を討伐する「カオスダンジョン」など様々。

 

そのほかクエストも、王の指令を受け任務を遂行する「シルリアンの指令」、カクテルを運ぶなどの単純なアルバイトから犯罪追跡、海洋探査まで多種にわたる「エポナ依頼」、各大陸でのみ実行可能な特別課題を完成させる「冒険の書」などなど、実にバラエティに富んでいる。

 

どれも地形がダイナミックに変わったり、鎖をつたって滑り降りたり、ガーディアンレイド(ボスレイド)戦では地面が崩壊する中チェーンで敵の動きを抑えたりと、演出が非常に派手でギミックも多い。

亀裂に集まる悪魔を討伐するカオスダンジョンに挑もう

演出が非常に派手で圧巻のバトルシーンが展開する

ギミックも多く、単純さが回避されている

エポナ依頼や冒険の書など、様々なミッションに挑もう

また、PvPモードには「大将戦」「殲滅戦」「乱闘戦」が存在する。

 

「大将戦」は3人のチームを組み先鋒・中堅・大将を決め、順番に相手チームと1vs1の戦闘を行うモード。実力と職業別相性をきちんと判断した順決めや、戦闘を観戦しながら相手の戦略をよく把握することが重要だ。

 

「殲滅(せんめつ)戦」は3人のチームを組み、時間内に相手チームより多く倒すチームファイト。死亡しても継続的に復活して戦闘参加が可能なので、周りの戦況やステータスにも気を配りながらチームプレーで勝利しよう。ただし、戦闘開始1分後からデバフ領域が生成されるので注意。

 

「乱闘戦」は個人が多数を相手するFree For Allの乱闘戦。敵対する6人のプレイヤーの中で、制限時間内に最も多くのキル数を達成した上位3人の勝利。殲滅戦と同じように死亡時にも継続的に復活して戦闘に参加できる。個人の参加のみ可能だ。

 

一人で参加して自分の戦闘技術の美しさを証明したり、チームで団結して戦略を練ったり、楽しみ方はそれぞれ。

PvPモードには「大将戦」「殲滅戦」「乱闘戦」が存在する

大将戦と殲滅戦は3人でチームを組むチームファイトだ

はたまた本格的なカードゲームまで存在するから驚きだ!

 

『ロストアーク(LOST ARK)』の世界では強力な敵を倒したり誰かを助けたり、冒険を進めるうちに様々なカードを得ることになる。収集したカードをさらに強く成長させデッキを構成、各地域を代表するNPCとカードバトルを楽しむことができる。

 

カードごとに持つ属性と相性の関係、デッキの組み合わせに基づいて発動されるスキルを研究して、世界中に存在する勝負師に挑もう。魅力的なイラストが描かれたカードは、収集欲を刺激すること間違いない。

収集欲を刺激する魅力的なイラストたちが勢ぞろい

ロストアークのカードゲームはかなり本格的

カードの属性と相性を見つつ、世界中に存在する勝負師に挑もう

 

生活系も充実。進行を左右する好感度システムも

戦闘だけにとどまらず、生活コンテンツもすごい。現在は採集、伐採、採鉱、狩猟、釣り、考古学の6種類が用意されており、生活レベルを上げていくことでスキルを強化させていく。

 

例えば釣り竿でコツコツ釣っていた魚を網漁にできたり、ツルハシで壊せない大岩をダイナマイトで爆破できるようになったりといった具合。生活スキルを習得するためには、技術ランクと生活ポイントが必要だ。

 

伐採では巨大な木から材料を採取。仲間と大勢で一緒に伐採すると、より多くの報酬を獲得することができる。その材料で船を製作したり、自分だけの島に特別な建物を建てることも。狩猟や釣りの島なども存在するらしい。

釣りコンテンツでは、生活スキルを上げて釣り竿ではく網で魚をGET

巨大なノコギリを2人で操って巨大な木を伐採

ツルハシを使っての採鉱で素材を集めよう

採集しながら美麗すぎる景色にうっとり

あまり聞きなれない「考古学」だが、このスキルを上げれば興味深い遺物を獲得することができる。地面に隠れている遺物を見つけていくため、ほかの生活技術に比べて多くの努力が必要なコンテンツだが、『ロストアーク(LOST ARK)』の秘密や謎に触れられるほか、貴重な報酬を得ることができる一攫千金システムだ。


考古学は貴重な報酬を得ることができる一攫千金システム

また本作はゲームの進行を左右する好感度システムも特徴的だ。プレイヤーは冒険を通して多くの登場人物たちと出会い仲良くなることができるが、この好感度パラメータはリアルタイムで上昇・下降する。

 

プレゼントをしたり、楽器を演奏したり、一緒に踊ったり、さらにエモーションで感情を表現しても好感度は上昇。お近づきになれたら、そのNPCからしか入手することができない特別なエモーションを手に入れたり、通常のプレイでは入手困難なアイテムを貰ったり、あるいは隠されたクエストを進行することもできる。

 

そのため、好感度は常に意識したい。人との繋がりを重視するMMOならではの醍醐味と言えるだろう。

楽器を演奏してNPCの好感度をアップ

好感度システムは人との繋がりを重視するMMOならでは

ちなみに『ロストアーク(LOST ARK)』では、クラスごとに固有の楽器を持っている。楽器はNPCの好感度をあげるだけでなく、演奏することでスクエアホールの移動をしたり、ダンジョンを脱出するなど用途は様々。新しい音楽を演奏するためには、旅の中で楽譜を入手しよう。

ロストアークではクラスごとに固有の楽器する

楽器を演奏して移動したりダンジョンを脱出したりと用途は様々

音楽に合わせて一緒に楽しく踊り明かそう

 

12種類のクラスから選択

『ロストアーク(LOST ARK)』のクラスは現時点で基本クラスが4つ、その4種類から派生した2次職が12種類となっている。派生は以下の通りで、職業によって性別は固定だ。

 

・ウォーリア → ウォーロード、バーサーカー、デストロイヤー
・ファイター → バトルマスター、インファイター、ソウルマスター
・ハンター  → デビルハンター、ブラスター、ホークアイ
・マジシャン → バード、サマナー、アルカナ

 

それぞれのクラスを個別に紹介していこう。

 

ウォーリア(WARRIOR)

近接攻撃が得意な戦士系。強力な破壊力と高い防御力をあわせ持つバランスのよいクラス。ウォーロード、バーサーカー、デストロイヤーの3クラスに転職可能。

 

▼優れた防御力を持つ「ウォーロード」

ウォーロードは高い防御力と生存力をベースに、戦場の先頭で味方を指揮する近接クラス。巨大な盾で仲間を守りつつ、槍での砲撃を繰り出す。敵を引き寄せ、パーティーメンバーを保護できるスキルを持つリーダー的存在。

優れた防御力を持つ「ウォーロード」

 

▼強力な破壊力を持つ暴れ者「バーサーカー」

バーサーカーは巨大な両手剣を使用する典型的な近接クラス。高い攻撃力と防御力で全クラス中もっとも攻守のバランスがとれた存在。攻撃のたびに「怒りゲージ」が溜まり、満タンになると暴走モードに突入。攻撃力と移動速度が大きく上昇し、暴走時のみ使用可能なスキルも発動できる。暴走モードを活用して戦況を瞬時に覆したい。

強力な破壊力を持つ暴れ者「バーサーカー」

 

▼圧倒的な打撃力を持つ「デストロイヤー」

デストロイヤーは攻撃速度は遅いものの、ハンマーを使用した強力な打撃力が魅力の近接クラス。重力制御システムが搭載されており、重力ゲージをMAXまで溜めると自分の周り一帯に重力モードを稼動させることができる。

圧倒的な打撃力を持つ「デストロイヤー」

 

 

ファイター(FIGHTER)

ファイターはスピードと体術を生かした格闘家系。バトルマスター、インファイター、ソウルマスターの3クラスに転職可能だ。

 

▼機動力を生かしたコンボ攻撃が魅力の「バトルマスター」

バトルマスターはガントレットを武器に、スピードと機動力を生かした鮮やかな空中コンボ攻撃が特徴の格闘家クラス。専用のゲージを消費することで、強力なエレメンタルスキルを発動させることができる。

機動力を生かしたコンボ攻撃が魅力の「バトルマスター」

 

▼重い一撃で敵を吹き飛ばす「インファイター」

インファイターはヘビーガントレットという武器を使い、重い一撃で敵を吹き飛ばす近接格闘家クラス。攻撃力・防御力・機動力の全体的なバランスがよく、戦闘の持続力も優れているため攻守共に活躍できる。気力と衝撃エネルギーのスキルをうまく使って突破したい。

重い一撃で敵を吹き飛ばす「インファイター」

 

▼気功で相手を蹴散らす「ソウルマスター」

ソウルマスターはその名の通り気功を利用し、近接と遠距離攻撃を組み合わせて使用する中距離格闘家クラス。自身の能力を最大3段階まで増幅することができ、オーラを体内に蓄積・発動させることでより強力な攻撃を発動できる。

気功で相手を蹴散らす「ソウルマスター」

 

 

ハンター(HUNTER)

ハンターは敵との距離をとりながら、弓や銃器など遠距離武器を使って攻撃する。デビルハンター、ブラスター、ホークアイの3クラスに転職可能。

 

▼3つの銃を使い分けて戦う「デビルハンター」

デビルハンターは、3つの銃を使用したスタイリッシュな戦闘を繰り広げる遠距離クラス。広い範囲を鮮やかに攻撃するダブルハンドガン、近くの敵に強力な弾を撃ち込むショットガン、遠く離れた敵やとどめの一発にはライフルと、状況に応じて最も適した武器を選択しよう。

3つの銃を使い分けて戦う「デビルハンター」

 

▼特殊な重火器で制圧する「ブラスター」

ブラスターは巨大なメカランチャーと様々な特殊重火器を使用、破壊力と広域への攻撃が魅力の遠距離クラス。移動性は劣るものの、遠距離クラスの中では高い防御力を持つ。砲撃モードを発動すると、床に固定された超大型の重火器を召喚できる。

特殊な重火器で制圧する「ブラスター」

 

▼弓矢で敵を射抜く「ホークアイ」

ホークアイは弓矢で敵を攻撃する遠距離クラス。機動力があるため生存しやすく、ハイドスキルと状態異常スキルを活用して敵の弱点を狙う戦闘が得意。また敵を自動的に攻撃するシルバーホークを召喚することができる。

弓矢で敵を射抜く「ホークアイ」

 

 

マジシャン(MAGICIAN)

マジシャンは、神秘的な魔法を使って離れた場所から敵を攻撃する遠距離クラス。バード、サマナー、アルカナの3クラスに転職可能。

 

▼治癒・サポート型の「バード」

バードはハープの鋭い音律で敵を攻撃したり、味方を治癒する遠距離サポート型クラス。攻撃力はやや低いものの、後方支援や各種バフを用いたサポートなど、パーティーには欠かせない存在。特殊スキルであるセレナーデスキルは、味方の回復や生存に特化している。

治癒・サポート型の「バード」

 

▼精霊を召喚して戦う「サマナー」

サマナーは様々な精霊を召喚して戦う遠距離クラス。体力と防御力は低いため一定距離を維持する必要はあるが、戦闘を支配できるほどの強力な古代精霊を召喚することが可能。

精霊を召喚して戦う「サマナー」

 

▼カードによる派手な攻撃が魅力の「アルカナ」

アルカナは、艶やかで迅速な身のこなしのダイナミックな戦闘に加え、カードを使用した派手な遠距離攻撃が武器の魔法職クラス。ランダムで引くことができるカードは、絵柄によって発動するスキルが異なる。1つ1つのスキルは強力ではないものの、オールインワンスキルを利用した、効果の増幅された大ダメージを与えることもできる。

カードによる派手な攻撃が魅力の「アルカナ」

初期は「バード」に人気が偏ったり、PvPコンテンツにおいて「ウォーロード」が強すぎるとの意見もあったが、OBTではハクスラのウリである戦闘バランスが改善された。現在確認されているのは、この12クラスだが、今後下記のクラスが追加されていくのではとの見方もある。

・アサシン    → シャーマンキング、パイレーツ、シャドウ
・スペシャリスト → 占星術師、ミュージシャン、錬金術師

 

見た目の好みで選ぶもよし、特殊スキルでの戦い方を見極めて選ぶもよし。それぞれのバトルシーンや特殊スキルについては、ぜひ上の動画をチェックしてほしい。

 

PC向けMMORPGの人気復活を担う大作

ゲームの完成度の高さ、質の高いコンテンツとやり込み要素の豊富さ、そして熱い展開が繰り広げられる壮大なストーリー。韓国では2018/11/7よりOBTが開始されたが、多くのMMORPGファンから高評価の声が。さすが開発7年、制作費100億円を費やされただけのことはある。

 

モバイルゲーム全盛期の今、韓国市場では近年PC向けMMORPGジャンルの落ち込みが目立っていた。そのため新作PC-MMORPG対して悲観的な意見もあったのだが、それを払いのけるほどの好発進を見せている。

 

『ロストアーク(LOST ARK)』が、PC向けMMORPGの人気復活を担うと言っても過言ではない。今後、韓国での正式サービスを無事迎え、日本でもプレイできることを期待したい!

ロストアークはゲーム完成度の高さと良質のコンテンツが高評価を得ている

ロストアークはPC向けMMORPGの人気復活を担う大作だ

ロストアーク(LOST ARK)スペック/動作環境

動作環境 必須環境 推奨環境
対応OS Window 7 SP1以上(64bitのみをサポート)
CPU Intel Core i3 以上 Intel Core i5 以上
メモリー 4GB以上 8GB以上
グラフィックカード NVIDIA GeForce GTX 460以上 NVIDIA GeForce GTX 660以上
VRAM
HDD空き容量
DirectX DirectX 9.0c 以上
回線速度

ロストアーク(LOST ARK)が良く分かる動画を見てみよう!

公式OBTトレーラー


ロストアーク(LOST ARK)の評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

ロストアーク(LOST ARK)のレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

2
3