【Switch】おすすめFPS・TPSゲーム20選。バトロワから本格ガンシューティングまで網羅!

ZOOM編集部SKIPPER

漫画大好きおっさん。漫画原作のゲームをプレイ→ストーリーで気になるところがあって原作を読み返す→ゲームが進まないというループから抜け出せない。IPものなら機種、ジャンル問わずなんでもやる。最近のマイブームはマンガを読みながら放置で進めるゲーム全般。

27,187 views

2017年に発表された任天堂のゲーム機「Nintendo Switch」は、今や累計出荷台数8400万台以上を記録し、世界中のユーザーに親しまれている家庭用ゲーム機に成長した。家族向けゲーム機の印象が強いNintendo Switchだが、最近は国内外のFPS/TPSタイトルが充実している。

そんなNintendo Switchで遊べる「FPS/TPS」ジャンルの人気作を一挙20タイトルご紹介。ソロプレイ専用タイトルからマルチプレイ推奨タイトル、ゾンビシューターから娯楽系エンターテインメントアクションシューティングまで、幅広いラインナップが揃っているので、必ず自分好みの作品を見つけられるはずだ!

「FPS」と「TPS」とは?

「FPS」と「TPS」は、シューティング系ゲームのジャンル表記に用いられる略語で、FPSは「一人称視点型」、TPSは「三人称視点型」と訳されることが多い。プレイヤーの見た目で臨場感満点にプレイできるのがFPS、操作キャラクターの背後から画面を見ながらプレイできるのがTPSと覚えておくと分かりやすい。

 

Nintendo SwitchのFPS作品

▲FPS(一人称視点)の特徴は迫力あるプレイ画面。迫り来る敵を間近に感じながら戦うことができる。

 

この2種類は「視野角」に違いがあり、FPS視点でプレイする場合には、人間の視野に近いプレイ画面を体験できるため、迫力満点のアクションシューティング要素を味わえる点が特徴。一方のTPSでは、画面全体が見通しやすくなっており、キャラクターがアクションする様子も同時に楽しめる点がポイントとなっている。

 

FPSとTPSに共通しているのは、狙いを定めて相手や敵を撃つ「アクションシューティング要素」。様々な武器を利用し、独自のアクションを交えながら戦っていくプレイが最高に面白く、対人戦ではさらに白熱したバトルを堪能できるため、夢中になって遊べる。オンライン対戦で最も人気のあるジャンルと言えるだろう。

 

Nintendo SwitchのTPS作品

▲オンラインで他プレイヤーと遊ぶと興奮度と面白さが格段にアップするのがFPS/TPSジャンルのゲームだ。

 

なお、Nintendo Switchでオンラインプレイを行う際には、月額課金制サービス「Nintendo Switch Online」への加入が必要になることがある。ニンテンドーeショップでは「7日間無料体験」もできるので、他プレイヤーたちと対戦・協力プレイ要素を楽しみたい人は、事前にソフトの情報を確認しておくと良いだろう。

 

【Switch】FPS・TPSおすすめタイトル20選!

今回ご紹介する20種類のタイトルは、「Nintendo Switch」向けに配信・販売されているFPS/TPSタイトルの中でも、特に指折りの人気作ばかり。国内外を問わずピックアップしているので、必ず自分の感性にバッチリハマるゲーム作品に出会えるはずだ。それでは早速FPS/TPSのおすすめタイトルを順番に見ていこう。

 

スプラトゥーン2

2017/7/21発売。世界累計売上が1200万本を超える大ヒットタイトルで、「Wii U」で誕生したシリーズの2作目となる。インクを発射する「ブキ」を装備したキャラクターを操作して、塗った面積の多さで勝敗が決まる3分間の「ナワバリバトル」が面白いアクション性抜群のTPS(三人称視点型)ゲーム作品だ。

 

Nintendo Switchで配信中の『スプラトゥーン2』TPS視点でプレイする『スプラトゥーン2』

▲4種類のルールで戦う「ガチバトル」でチームバトルの面白さを存分に味わえるゴキゲンなTPS作品だ。

 

ソロプレイ以外に、最大8人までのローカル・オンラインマルチプレイに対応。みんなと一緒に盛り上がりながらチームバトルを存分に味わえるゲームで、「Nintendo Switch Online」に加入すれば世界のプレイヤーたちと一緒にド派手なアクションシューティング要素を楽しめる。対戦で面白さが広がるタイトルだぞ。

 

年代を問わず幅広いプレイヤーが楽しめるカラフルな世界観は唯一無二の面白さ。何よりNintendo Switch専用タイトルなので、本作をプレイするためにはSwitchを購入するしかない。アクション性抜群のおすすめTPSだ。

スプラトゥーン2

スプラトゥーン2

価格:税込6,578円
ジャンル:アクション
プレイ人数:1本あたり1人/通信:2~8人

 

 

フォートナイト バトルロイヤル

2018/6/13に正式配信されたEpic Gamesの基本プレイ無料アクションTPS。100人のプレイヤーが結集して「バトルロイヤル」ルールで激突する大興奮必至のシューティングゲームで、油断のない撃ち合い要素の中に「砦」を構築していくクラフト要素が入り込むため、戦略性抜群のゲームプレイが展開する点が特徴だ。

 

Nintendo Switchで配信中の『フォートナイト バトルロイヤル』3種類のモードで遊べる『フォートナイト バトルロイヤル』

▲異なるハードのユーザーと対戦できる「クロスプラットフォームプレイ」にも対応しているタイトルだ。

 

バトロワだけではなく、「パーティーロイヤル」「フォートナイト クリエイティブ」などの無料ゲームモード2種類も搭載。Switch版には有料のPvEコンテンツ「世界を救え」が搭載されていないが、ゲーム本編となるバトロワモードは十分にプレイできるので満足度は高い。島を舞台に展開するバトロワで「最後の1人」を目指そう。

 

フレンドユーザーと一緒にスクワッドを組んで戦うことが可能で、最大100名が激突するスリリングなバトルロイヤルを「Nintendo Switch Online」に加入せずに遊べる。定期的なシーズンのアップデートで飽きずに遊べるおすすめのアクションTPS作品だ。

フォートナイト

フォートナイト

価格:税込0円
ジャンル:シューティング
プレイ人数:本体1台あたり1人/通信:最大100人

 

エーペックスレジェンズ (Apex Legends)

2021/3/10から配信されているエレクトロニック・アーツのアクションFPSタイトル。ゲームの舞台となる「フロンティアの辺境」で伝説の戦士キャラクターたちを操作しながら、迫力の一人称視点型シューティング対戦を楽しめる作品。キャラクターのスキル特性を発揮しながら戦略的に戦える点が特徴となっている。

 

Nintendo Switchで配信中の『エーペックスレジェンズ』FPSアクションゲーム『エーペックスレジェンズ』

▲キャラカスタマイズも面白いタイトル。シーズン制で新たなストーリーとマップが追加されていくぞ。

 

『フォートナイト バトルロイヤル』と同様に、異なるハードでの対戦プレイが実現する「クロスプラットフォームプレイ」に対応しており、対戦相手に事欠かない点が魅力。最大60名が参加できるオンラインマルチプレイをサポートし、大興奮必至のバトルを体験できる。基本プレイ無料で遊べるおすすめのアクションFPSだ。

 

バトルのマップには多彩なロケーションが用意され、異なる武器の性能に精通しながら素早く動き回るアドレナリン全開のプレイを味わえるので、シビれるFPS作品を求めている人にはハマるぞ。

Apex Legends

Apex Legends

価格:税込0円
ジャンル:アクションシューティング
プレイ人数:1本あたり1人/通信:最大60人

 

DOOM Eternal

2020/12/8に配信が開始されたベセスダ・ソフトワークスの購入型アクションFPS。地獄の軍勢によって支配された地球を舞台に、「ドゥームスレイヤー」として悪魔的なキャラクターに戦いを挑むハイテンションなゲーム作品。その過激な描写で18歳未満の人はプレイできない「18禁」のゲームソフトになっている。

 

Nintendo Switchで配信中の『DOOM Eternal』FPSアクションゲーム『DOOM Eternal』

▲大迫力の一人称視点で地獄の軍団を粉砕していくド派手なアクションFPS要素を体験できるぞ。

 

モンスターを「キル」する方法が非常に凝っている点が特徴で、グロテスクな描写も満載。ショルダーマウント式の火炎放射器や手首に仕込まれたブレード、果てはチェーンソーまで、過激な武器を使いこなして容赦ないバトルを繰り広げられる。ファミリー向けの印象が強いSwitchソフトの中でもかなり異色な世界観を持つタイトルだ。

 

ソロプレイ以外に、オンラインで2名と3名のマルチプレイを楽しむことも可能。「ドゥームスレイヤー」1人とモンスター2体に分かれる「非対称型対戦プレイ」でラウンド制バトルを体験することができるぞ。

DOOM Eternal

DOOM Eternal

価格:税込8778円
ジャンル:FPSバトル
プレイ人数:1本あたり1人/通信:最大3人

 

アウター・ワールド (The Outer Worlds)

2020/6/5から配信されている「ベセスダ・ソフトワークス」の購入型ソロプレイ専用アクションFPS。「宇宙の辺境」を冒険するというSF的な世界観、多彩な勢力と邂逅しながら自分の物語を綴っていくRPG体験が面白いタイトルで、様々な武器を駆使しながら迫力の一人称視点型バトルを繰り広げるアクション要素も満載。

 

Nintendo Switch向けに配信されている『アウター・ワールド』FPS視点で遊べる『アウター・ワールド』

▲「ぼっちプレイヤー」の味方であるベセスダらしいソロ専用ゲーム。1人でたっぷりとプレイを楽しめる。

 

オンラインマルチプレイ要素は一切なく、自分のペースでストーリーを進められる点が大きな魅力。途中からNPCの仲間キャラクターたちを連れて移動できるようになるため、彼らのアビリティーを活用した戦い方もできて楽しい。動的にプレイヤーのパークが追加されていくトラッキングシステムも特徴のタイトルだ。

 

『Fallout:New Vegas』の開発で一躍世界的な人気を獲得したObsidian Entertainmentの作品らしく、複数の勢力と交わりながら物語が変化していく要素をバッチリ味わえる。長時間腰を据えて取り組めるゲーム作品を求めている人におすすめのオープンワールド型ゲームだ。

アウター・ワールド

アウター・ワールド

価格:税込3740円
ジャンル:シングルプレイヤーRPG
プレイ人数:1本あたり1人

 

Sniper Elite4

2020/12/17から配信されている「RebellionInteract」の購入型アクションTPS。第二次世界大戦下のイタリアを舞台に、ナチスの悪行を阻止すべく活躍していく兵士を描く。リアルなゲームグラフィックと三人称視点で展開するシューティング要素が大きな特徴で、練り込まれた世界観で爽快なアクションバトルを体験できるぞ。

 

Nintendo Switch向けに配信中の『Sniper Elite 4』TPSアクションゲーム『Sniper Elite 4』

▲「Nintendo Switch Proコントローラー」に対応。精密な射撃でプレイを楽しめるようになっている。

 

最も特徴的なのは「キルカメラ」。プレイヤーが放った銃弾が敵にヒットする瞬間には「X線」の画像が出現し、骨を弾丸が粉砕する生々しい描写が映し出される。スナイパープレイを楽しめるFPS/TPS作品を求めている人には断然おすすめのタイトルで、ミリタリー系のゲーム作品が好きな人ならハマること間違いなしだ。

 

ソロプレイ以外に、ローカルとオンラインで最大8名のマルチプレイにも対応。なお、各種のオンライン機能を利用する際には「Nintendo Switch Online」が必要になるので、事前にチェックしておこう。

Sniper Elite4

Sniper Elite4

価格:税込5478円
ジャンル:TPS
プレイ人数:1本あたり1人/通信:最大8人

 

ボーダーランズ レジェンダリー・コレクション

2020/5//29から配信されている「テイクツー・インタラクティブ・ジャパン」の購入型アクションFPS作品。『ボーダーランズ ゲーム・オブ・ザ・イヤー エディション』『ボーダーランズ2』『ボーダーランズ プリシークエル』がセットになったお得なタイトルで、これ一本でボーダーランズの世界をたっぷりと楽しめる。

 

Nintendo Switch向けに配信中の『ボーダーランズ レジェンダリー・コレクション』FPSアクションゲーム『ボーダーランズ レジェンダリー・コレクション』

▲ブッ飛んだアクションFPSを体験したいならコレ。目の覚めるようなアクションシューティングを体験できる。

 

シリーズ作品に共通しているのは、お宝を狙う個性的なキャラ「ヴォルトハンター」を選んで戦える点。能力が違うキャラクターを選択しながら自分好みのバトルスタイルを模索することが可能で、アクション性が極めて高いため、大興奮のプレイを味わえる。SF世界と過激なFPS要素が融合した世界で大いに暴れ回ろう。

 

ソロプレイ以外に、ローカルとオンラインで最大4名までのマルチプレイを楽しむことも可能。「Nintendo Switch Proコントローラー」での操作にも対応しており、キビキビとキャラクターを操作しながらプレイできる点も良い。アクション要素満点のFPSを求めている人におすすめのタイトルだ。

ボーダーランズ レジェンダリー・コレクション

ボーダーランズ レジェンダリー・コレクション

価格:税込6050円
ジャンル:FPS、TPS
プレイ人数:1本あたり1人/通信:最大4人

 

Wolfenstein II: The New Colossus

2018/7/26から配信されているベセスダ・ソフトワークスの購入型アクションFPS。1961年にナチスが世界を制圧したという「架空戦史」で戦いに挑むRPG要素満点のタイトルで、ナチスに占拠されてしまったアメリカの無残な光景を見ることができる。ミリタリー要素が好きな大人ゲーマー必見のゲーム作品だ。

 

Nintendo Switch向けに配信されている『ウルフェンシュタイン2』FPSアクションゲーム『ウルフェンシュタイン2』

▲高度に発達した兵器を持つナチスに敢然と戦いを挑む大興奮必至のアクションFPSタイトルだ。

 

主人公のプレイスタイルをある程度自由に選べる点が特徴で、隠密スタイルや正面突破スタイルを選択しながらプレイできるため、満足度は非常に高い。完全ソロプレイ向けの作品で、オンラインマルチプレイ要素は非搭載となるが、ソロプレイでじっくりと世界観を味わいたい人には断然おすすめのタイトルだ。

 

没入感満点の世界観は無論のこと、歴史のIFを描いた作品らしい「超兵器」の数々は必見。リアルなミリタリー系FPSとは違ったエンターテインメント性抜群のアクションシューティング要素を体験できるぞ。

ウルフェンシュタインII

ウルフェンシュタインII

価格:税込8778円
ジャンル:FPS
プレイ人数:1人

 

Zombie Army Trilogy

2020/5/28から配信されている「RebellionInteract」の購入型アクションTPS。ゾンビ兵士で溢れかえっている第二次世界大戦末期の世界を舞台に、過激なアクションシューティング要素でキャンペーンミッションに挑んでいくタイトル。ゾンビゲームが好きな人にはたまらない世界観を持ったおすすめのTPS作品だぞ。

 

Nintendo Switch向けに配信されている『Zombie Army Trilogy』TPSアクションゲーム『Zombie Army trilogy』

▲ゾンビだらけになった悪夢の世界で困難なミッションの数々に挑んでいく。スリル満点のタイトルだ。

 

ソロプレイ以外に、ローカルとオンラインで最大4名のマルチプレイが可能。フレンドと一緒に団結しながら協力プレイで戦えるため、遊び甲斐も満点。『Sniper Elite4』の生みの親「RebellionInteract」の作品らしく、攻撃時に「X線」のキルカメラが挿入される点もグッド。ハイクオリティーなゾンビシューターに仕上がっている。

 

なお、『Sniper Elite4』と同様に、オンラインサービスを利用する際には「Nintendo Switch Online」への加入が必須となるケースがあるので、購入前にストアページで詳細を確認しておこう。

Zombie Army Trilogy

Zombie Army Trilogy

価格:税込4980円
ジャンル:TPS
プレイ人数:1本あたり1人/通信:最大4人

 

バイオハザード トリプルパック

2019/10/31から販売されている「カプコン」の購入型アクションTPS。『バイオハザード4』のゲームカードと『バイオハザード5』『バイオハザード6』のダウンロードカードがセットになった商品で、これを購入すれば三人称視点になったシリーズ作品全てを楽しむことができるという非常にお得なタイトルだ。

 

Nintendo Switch向けの『バイオハザード トリプルパック』アクションTPS『バイオハザード トリプルパック』

▲現在「Nintendoストア」での直接販売はされていないので、家電量販店や大手通販サイトなどで購入しよう。

 

これまでのシリーズ作品が持っていた俯瞰型の視点を変更し、キャラクターを背後から見る「三人称視点」を採用した「4」「5」「6」は世界的にも大ヒットを記録し、アクション要素とゾンビシューターが組み合わさった「新たな魅力」を開花させた。問答無用のヒットシリーズを一気に通してプレイできるぞ。

 

「4」はソロプレイ専用タイトルだが、「5」では最大4名、「6」では最大6名のローカル・オンラインマルチプレイに対応。「Nintendo Switch Proコントローラー」での操作にも対応し、壮大なシリーズの世界観をたっぷりと味わいながらゾンビシューター要素を満喫できる。

バイオハザード トリプルパック

バイオハザード トリプルパック

価格:税込7689円
ジャンル:アクションシューティング
プレイ人数:1~2人

 

メトロ リダックス(ダブルパック)

2020/4/23から販売されている「Koch Media」の購入型アクションFPS。核戦争後の荒廃した世界を舞台に没入感満点のアクションシューティング要素を体験できるヒット作『Metro 2033』とその続編『Metro: Last Light』を同時収録したタイトル。恐ろしいミュータントが登場する世界でサバイバルRPG要素を体験できる。

 

Nintendo Switch向けソフト『メトロ リダックス』2本セットになっているFPS『メトロリダックス( Wパック)』

▲荒廃したポストアポカリプスな世界でのアクションFPS要素が展開。RPGタイトルとしても一級品だ。

 

高精細なグラフィックで再現されたゲーム世界が大きな特徴で、アクションシューティング上級者向けに「HUD」表示を排除し、弾薬や物資アイテムに制限がかかる高難易度モードも搭載されているため、やり込み要素も高い。完全ソロプレイ向けの作品でマルチプレイモードは皆無だが、一度プレイすれば大きな満足感を味わえるはずだ。

 

なお、本セットには2つのゲーム向けに配信されたDLCも全て網羅されており、DLCのボリュームだけでも軽く10時間を超える。「Nintendoストア」での販売はなく、大手通販サイトや家電量販店などで販売されているので、没入感満点のプレイをたっぷりと味わいたい人はぜひ購入してほしい。

メトロ リダックス(ダブルパック)

メトロ リダックス(ダブルパック)

価格:税込3820円
ジャンル:アクションシューティング
プレイ人数:1人

 

バイオショック コレクション

2020/5/29から配信されている「テイクツー・インタラクティブ・ジャパン」の購入型アクションFPS。『バイオショック リマスター』『バイオショック2 リマスター』『バイオショック インフィニット:コンプリート・エディション』の3作品がセットになったお得なタイトルで、ガッツリプレイを楽しめるぞ。

 

Nintendo Switch向けに配信中の『バイオショック コレクション』アクションFPS『バイオショック コレクション』

▲シリーズ3タイトルと全DLCをセットにしたお買い得なタイトル。これ一本で全ての世界を体験できる。

 

一度見たら忘れられないゲームグラフィックと世界観が秀逸な作品で、シリーズは数々の受賞歴を誇る。躍動感のあるアクション要素と迫力の一人称視点型プレイは興奮度MAXで、怒涛の展開を見せるストーリーを楽しみながらプレイできる秀作だ。なお、本シリーズはソロプレイ専用タイトルとなり、マルチプレイ要素は存在しない。

 

「Nintendo Switch Proコントローラー」での操作にも対応し、抜群の操作性でアクションFPS要素を楽しめる点も魅力。ユニークなキャラクター造形と独創的な世界観を体験できるおすすめタイトルだ。

バイオショック コレクション

バイオショック コレクション

価格:税込2420円
ジャンル:FPS
プレイ人数:1人

 

Duke Nukem 3D: 20th Anniversary World Tour

2020/6/24から配信されているGearbox Publishingの購入型アクションFPS。1996年に発表された人気FPS作品『Duke Nukem 3D』をリマスター化したタイトルで、オリジナルのゲームデザイナーが手がけた5本目の新作エピソードも収録されている。レトロクラシックな名作で白熱のガンアクションを体験しよう。

 

Nintendo Switch向けに配信中の『Duke Nukem 3D 20th』アクションFPS『Duke Nukem 20th』

▲ゲームらしい問答無用のハイテンションプレイを満喫できるタイトル。現代でもその面白さは十分通用する。

 

オリジナル版で主人公のCVを務めた声優のボイスが新録されていたり、オリジナル作曲家による新曲も収録されていたりと、単なるリマスター作品にとどまらない新規要素が追加されている点が見逃せない。ソロプレイ以外に最大8名のマルチプレイにも新規対応し、みんなと一緒にキャンペーンモードで遊ぶこともできる。

 

一緒にキャンペーンを突破していく協力プレイ要素以外に、「デスマッチ」で最大8名の対戦プレイも楽しめるので遊び甲斐は満点。なお、オンライン機能を利用する際には「Nintendo Switch Online」への加入が必須となるぞ。

Duke Nukem 3D: 20th Anniversary World Tour

Duke Nukem 3D: 20th Anniversary World Tour

価格:税込1100円
ジャンル:FPS
プレイ人数:1本あたり1人/通信:最大8人

 

オーバーウォッチ レジェンダリー・エディション

2019/10/16から配信されている「Blizzard Entertainment」の購入型アクションFPS。個性的な外見と能力を持つヒーローキャラクターを選択してスタイリッシュなアクションシューティングバトルを体験できるタイトル。多彩なロケーションを舞台にチームベースの戦いを体験できるマルチプレイ向けの作品だ。

 

Nintendo Switch向けに配信中の『オーバーウォッチ レジェンダリー・エディション』アクションFPS『オーバーウォッチ レジェンダリー・エディション』

▲SF要素が織り交ぜられた世界観が秀逸。多彩なヒーローから自分好みのキャラを見つけて戦おう。

 

スキルを駆使したアリーナシューティング要素を楽しめる点が特徴で、プレイ中にヒーローを切り替えられるシステムが多彩な戦略性を生み出す。仲の良いフレンドユーザーと一緒にチームプレイに徹した戦いを繰り広げることが最高に面白い作品で、eスポーツ的な側面を持つゲームで遊ぶことが好きな人にもおすすめだ。

 

ソロプレイ以外に、最大12名の同時プレイを可能にするオンラインマルチプレイに対応。対戦と協力プレイの面白さを存分に味わえるハイテンションなアクションFPSだぞ。

オーバーウォッチ レジェンダリー・エディション

オーバーウォッチ レジェンダリー・エディション

価格:税込5478円
ジャンル:FPS
プレイ人数:1本あたり1人/通信:最大12人

 

Call of Juarez: Gunslinger

2019/12/10から配信されている「Techland」の購入型アクションFPS。西部開拓時代の世界を舞台に、無法者たちを追いかける「賞金稼ぎ」として白熱のガンアクションを体験できるおすすめタイトル。ガンマンの世界が好きな人にはバッチリハマる作品で、作り込まれたゲームグラフィックは臨場感満点だ。

 

Nintendo Switch向けに配信中の『Call of Juarez:Gunslinger』アクションFPS『Call of Juarez:Gunslinger』

▲ウェスタン映画やハードボイルドな作品が好きな人にはたまらない世界観を持つタイトルだ。

 

ビリー・ザ・キッドやパット・ギャレット、ジェシー・ジェイムズなど、これまで数々の映像作品で扱われてきた実在の無法者たちに挑んでいくプレイが最高に面白く、ショットガンや二丁拳銃アクションなども飛び出すプレイは没入感満点。武器を強化することでコンボも発生させられるので、プレイを進めることが楽しくなってくるぞ。

 

ソロプレイ専用タイトルながらやり込み要素は高く、Switch向けに「加速度センサー」「HD振動」を搭載。リアルなガンアクションで「なりきりプレイ」も捗るおすすめのアクションFPSだ。

Call of Juarez: Gunslinger

Call of Juarez: Gunslinger

価格:税込2200円
ジャンル:FPS
プレイ人数:1人

 

ま~るい地球が四角くなった?デジボク地球防衛軍

2020/12/24から配信されている「D3パブリッシャー」の購入型アクションTPS。全てがデジタルとボクセル(立方体)で構成されたパラレル世界を舞台に、地球を守るための壮絶なバトルを体験できるタイトル。独特なゲームグラフィックを持った作品で、幅広い年代のユーザーがプレイを楽しめるぞ。

 

Nintendo Switch向けに配信中の『デジボク地球防衛軍』アクションTPS『デジボク地球防衛軍』

▲圧巻のゲームビジュアルが鮮烈な印象を与えるアクションTPS。みんなと一緒に盛り上がれる作品だ。

 

シリーズ歴代兵科や敵キャラクターたちがボクセル調のキャラクターになって集結するお祭り的な世界が魅力で、4人のチームを組んで地球の平和のために戦うプレイも大いに捗る。最大4名のオンラインマルチプレイにも対応し、チームバトルで盛り上がりながらゲームを遊び尽くせる。パーティープレイにも向いた作品だ。

 

なお、Nintendo Switch版のみローカルのマルチプレイに対応。親しいフレンドユーザーや家族と一緒に仲良くプレイすることもでき、マルチプレイ時の利便性は高い。カクカクな世界で大暴れしよう。

ま~るい地球が四角くなった?デジボク地球防衛軍

ま~るい地球が四角くなった?デジボク地球防衛軍

価格:税込7480円
ジャンル:TPS
プレイ人数:1本あたり1人/通信:最大4人

 

MONKEY BARRELS

2019/11/7から配信されている「グッド・フィール」の購入型アクションTPS。家電メーカーの「カニダエレクトロ」によって支配された世界を舞台に、「サル」たちを操作しながら「家電ロボット軍団」との戦いを繰り広げていくというユニークな世界観が光るタイトル。面白さ満点のアクションバトルを体験できる作品だ。

 

Nintendo Switch向けに配信中の『Monkey Barrels』アクションTPS『Monkey Barrels』

▲「家電vsサル」というオリジナリティー満点の世界観を持つおすすめのアクションTPSタイトルだ。

 

ゲームには全部で98種類の武器が登場し、様々な武器を持ち替えながら自分好みのバトルスタイルを生み出すプレイを堪能できる。とにかくド派手なアクションバトルがシビれる仕上がりで、問答無用のカタルシスを味わえること請け合い。難易度が高いステージを攻略した際の喜びはひとしおだ。

 

ソロプレイ以外に最大6名のマルチプレイにも対応し、バナナを奪い合って勝利を目指す「サルvsサル」のオンライン対戦も楽しめる。レトロチックなドット絵グラフィックがノスタルジックな雰囲気を醸し出す秀逸なアクションTPSだぞ。

MONKEY BARRELS

MONKEY BARRELS

価格:税込1500円
ジャンル:TPS
プレイ人数:1本あたり1人/通信:最大6人

 

ぎゃる☆がん2

2018/3/15から配信されている「インティ・クリエイツ」の購入型アクションFPS。「眼力」で女の子たちを昇天させていくという一風変わったプレイ展開を体験できるタイトルで、豪華声優陣のCVを聴きながら美少女ゲームの世界を堪能できる。「モテ男」として世界に降り立ち、意中の女の子を目指すバトルを楽しもう。

 

Nintendo Switch向けに配信中の『ぎゃる☆がん2』アクションFPS『ぎゃる☆がん2』

▲360度全ての方位から迫ってくる女の子たちを眼力で昇天させていくプレイが展開。面白さは抜群だ。

 

「眼(ガン)シューティングゲーム」と銘打たれたゲームシステムは痛快で、攻撃対象が女の子という点もかなり異色。女の子に取り憑いてしる悪魔を「眼力(フェロモンショット)」で引き剥がしながら吸い込んでポイントを稼ぐというゲームらしい要素もあり、純粋にアクションFPS作品として抜群の面白さを誇っている。

 

ゲームはソロプレイ専用で、マルチプレイ要素は非搭載。なお、「Nintendo Switch Proコントローラー」にも対応しているので、快適な操作で思う存分アクションFPSの世界を満喫できるぞ。

ぎゃる☆がん2

ぎゃる☆がん2

価格:税込3300円
ジャンル:FPS
プレイ人数:1人

 

Panty Party 完全体

2020/11/19から販売されている賈船の購入型アクションTPS。全てが「パンツ」になってしまった世界を舞台にアクションバトル要素を体験できるタイトルで、パンツがパンツと戦うというシュールな世界を存分に味わえる。遊ぶ人を選ぶタイトルかもしれないが、分かる人には分かる世界観設定は非常に貴重だ。

 

Nintendo Switch向けソフト『Panty Party 完全体』アクションTPS『Panty Party 完全体』

▲3種類のゲームモードで「バカバカしい(公式発表の文言)」ナンセンスな世界観を堪能できる。

 

ソロプレイ以外にも最大4名が参加できるオンラインマルチプレイモードに対応。高速バトルで世界のプレイヤーたちとパンツの戦いを楽しめる。ランキング上位を目指すもよし、専用部屋を立てて親しいフレンドユーザーと一緒にプライベートマッチを展開するもよしと、遊び甲斐満点のタイトルに仕上がっている作品だ。

 

なお、Nintendoストアでは専用DLC2種類も併売中。多彩なデザインで再現されたパンツを入手してマルチプレイで「違い」を見せつけることもでき、面白さが広がっていくぞ。

Panty Party 完全体

Panty Party 完全体

価格:税込1500円
ジャンル:アクションシューティング
プレイ人数:1本あたり1人/通信:最大4人

  

SYNAPTIC DRIVE

2020/5/28から配信されている「YUNUO GAMES」の購入型アクションTPS。遠未来SF世界を舞台に、自らの身体をサイボーグ化した戦士たちの戦いに挑むハイスピードアリーナバトル作品。オンライン対戦プレイに特化したゲームシステムとハイテクな世界観でバッチリ遊べるおすすめのタイトルだ。

 

Nintendo Switch向けに配信中の『Synaptic Drive』アクションTPS『Synaptic Drive』

▲SF世界でサイボーグ化した戦士たちの超人的なバトルが展開。大興奮必至のプレイを味わおう。

 

クォータービュー画面でキャラクターを操作するシステムで戦略性抜群のプレイを展開することが可能。武器を使い分けながら相手プレイヤーを追い詰めて撃破する戦いを体験でき、リプレイ性にも優れている。最大4名までのオンライン対戦に対応しているので、鍛えた腕前を発揮しながらPvP要素を存分に味わおう。

SYNAPTIC DRIVE

SYNAPTIC DRIVE

価格:税込3278円
ジャンル:アクションシューティング
プレイ人数:1本あたり1人/通信:最大4人

 

SwitchはFPS/TPSの宝庫!

マリオをイメージキャラクターに据えている「Nintendo Switch」は、一見すると家族向けゲームが主流のイメージが強いが、実は国内外のFPS/TPSゲームタイトルも豊富にラインナップされており、幅広い世界観でFPS/TPSを楽しむことができる。今回ご紹介したタイトルは、Switch向けFPS/TPSのほんの一部だ。

 

特に2020年に入ってからは海外タイトルも数多くラインナップされ、所謂「洋ゲー」ファンの人にも訴求できるCS機となっている。これまでゲームソフトのラインナップ面でNintendo Switch購入を見送っていた人も、今回の特集でかなり豊富なFPS/TPSジャンルのタイトルが揃っていることがお分かり頂けたと思う。

 

FPS/TPS作品が豊富なNintendo Switch

▲海外ゲームファンも惹きつけるFPS/TPSソフトの数々をラインナップしているNintendo Switch。

 

「Xbox One」「Xbox Series X/S」「PS4」「PS5」には無い「携帯モード」機能で外に持ち出してプレイすることもできるため、タイトルによっては場所を選ばずに遊べる点もポイント。本体を持ち寄ったユーザー同士でローカルマルチプレイ対戦も気軽にでき、これまでの常識を覆した遊び方を体験できる。

 

「Nintendo Switch」向けのFPS/TPSジャンル作品は、今後も続々ラインナップされていく予定。アクションシューティングゲームが好きな人で「Nintendo Switch」を未体験の人は、今回の特集を参考に導入を検討してみるのも良いだろう。