【Switch】世界中で大人気!おすすめのパズルゲーム10選

ZOOM編集部成宮博史

基本どんなゲームもやる。コンシューマー、PC、スマホゲームを合わせて常時4~5タイトルを並行プレイしてて睡眠不足になることも多し、、業界に広くアンテナを張りつつ記事を執筆中。プレイ済タイトルの記事はちょっとしたお得情報や裏技も紹介していくよ♪

58 views

今回のSwitch特集は「パズルゲーム」!日本のみならず世界の人々に人気のゲームジャンル「パズルゲーム」は、性別や世代を超えて幅広いプレイヤーが夢中になれる魅力を持っている。今回の特集ではそんなパズルゲームのジャンルから選りすぐった10タイトルをご紹介。ぜひソフト選びの参考にしてほしい。

 

特定の組み合わせやパターンを見つけ出すことが多いパズルゲームは、アクションゲームやRPG、シミュレーションゲーム作品とは違った脳の部分を使うことが多く、このジャンルでしか味わえない面白さがある。真剣になってプレイするほど頭をフル回転させることにも繋がり、いつもとは違うゲーム体験を味わえるぞ。

 

頭脳をフル回転させられるSwitchのパズルゲーム

▲素早い思考回路と判断力が要求されるパズルゲームは面白さ満点。頭の体操になってくれるジャンルだ。

頭脳派にはたまらない魅力を持つパズルゲームの世界

パズルと呼ばれるものには様々な種類が存在するが、一般的には「答え」や「解答」が1つしかないものを指すことが多い。TVゲーム向けに誕生したパズルジャンルの歴史はまだ浅いが、パズルと聞いて連想する「ジグソーパズル」は1760年頃に生み出されており、人類とパズルの関係性はかなりの長きに渡っている。

 

今回ご紹介しているパズルゲームには、王道の「テトリス」が登場するタイトルや、アクション要素を持った作品、さらには高い芸術性を体験できる風変わりな手書きイラストのパズルゲームまで、多彩なサブジャンルが含まれているので、必ず自分にピタッとハマるタイトルを発見できるはず。多彩なパズルゲームで遊ぼう。

 

多彩なサブジャンルを持つパズルゲーム

▲手書きイラストを組み合わせるとアニメーションが発生する不思議なパズルゲームもある。面白いぞ。

 

ゲームタイトルによってルールが全く異なる点もパズルゲームの醍醐味で、最初はよく分からないままプレイを進めていても、ルールを完全に理解した瞬間から面白さが格段に違ってくることがあるので、興味は尽きない。ゲーム独自のルールを把握して、最も効果的にクリアできる方法を編み出すこともプレイの魅力だ。

 

プレイする年代層が幅広い点もパズルゲームの特徴で、家族や親しい友人と一緒に遊ぶのにも最適なジャンル。またプレイ中に「思考回路」を働かせることが「脳トレ」にも繋がるので、頭脳派の人ほどハマるジャンルと言える。それでは早速パズルゲームジャンルのおすすめタイトルを順に見ていこう。

 

Switch向けのおすすめパズルゲーム10選!

 

ぷよぷよテトリス2

2020/12/10から正式配信されているSEGAのSwitchソフト。タイトルの通り、『ぷよぷよ』『テトリス』というパズルゲームの二大巨頭が1本のゲームに収まっている世界観を持つ作品で、続編となる本作では様々な機能がパワーアップしてさらに面白さを増している。みんなと一緒に遊ぶのにも最適なパズルゲームだ。

 

前作で登場したルール以外に新たなルールを実装。さらに新キャラクターの存在や新ストーリー要素が追加されており、スキルを持つ3名のキャラクターを編成しながら戦う戦略性抜群のバトルもできるようになっている。王道パズルゲームが混合した世界観はスリリングで、幅広い人がプレイを楽しめるぞ。

 2つのパズルゲームが合体した『ぷよぷよテトリス2』新ルールを楽しめるパズルゲーム『ぷよぷよテトリス2』

▲『ぷよぷよ』と『テトリス』のミックスマッチもできるユニークな世界観が特徴のおすすめパズルゲームだ。

 

ダウンロード版の販売価格は5489円。本体をシェアする「おすそ分けプレイ」以外に、ローカル通信とオンラインでのマルチプレイにも対応しており、最大4名のプレイヤーが一緒に遊べる。難易度の選択も可能になっているので、パズルゲーム初心者の人でも入りやすいタイトルだ。家族やフレンドと盛り上がろう。

ぷよぷよテトリス2

ぷよぷよテトリス2

価格:税込5489円
パズルゲーム

プレイ人数
1本あたり1~4人/通信:最大4人

 

キャサリン・フルボディ for Nintendo Switch

2020/7/2から正式配信されているアトラスのSwitchソフト。恋人と浮気相手、そして純粋無垢な3人の「キャサリン」の間で板挟みになる主人公ヴィンセントの「悪夢」をパズル形式のアクションゲームで描き出す作品で、大人プレイヤー向けの世界観と3Dグラフィックで再現された悪夢パートが光るおすすめのタイトルだ。

 

「悪夢」として登場するパズルステージの種類は500以上。積み上げられたブロックを押したり引いたりしながらクリアを目指していく内容は中毒性満点で、難易度調整で歯応え満点のパズルモードにすることもできるため、リプレイ性も高い。浮気男が見る悪夢の世界を乗り越えながら、ストーリーの結末を目撃しよう。

 

浮気男の悪夢をパズルで体験できる『キャサリン・フルボディ for Nintendo Switch』Switch向けのパズルゲーム『キャサリン・フルボディ for Nintendo Switch』

▲大人向けの世界観の中にパズル要素を盛り込んだ注目作。独特な世界設定が光るパズルゲームだ。

 

ダウンロード版の販売価格は7678円。本体をシェアする「おすそ分けプレイ」以外に、ローカル通信とオンラインマルチプレイで最大2名が同時プレイを楽しめる。なお、購入を迷っている人に向けた無料の体験版も配信されているので、まずはお試しでプレイしてから購入を決めるのも良いだろう。

キャサリン・フルボディ for Nintendo Switch

キャサリン・フルボディ for Nintendo Switch

価格:税込7678円
アクションパズル

プレイ人数
1本あたり1~2人/通信:最大2人

 

ミスタードリラーアンコール

2020/6/25から正式配信されているバンダイナムコエンターテインメントのSwitchソフト。2002年にゲームキューブ用ソフトとして発売された『ミスタードリラー ドリルランド』の移植作品で、一新されたゲームグラフィックで6人のドリラーたちが登場するパズル形式のアトラクションにチャレンジできるぞ。

 

発売当時の難易度を再現した「クラシックコース」以外に、初心者向けの「カジュアルコース」も実装されているため、幅広い年代の人が爽快なパズルアクション要素を満喫できる。エアカプセルを取りながら落下するブロックを避け、地底のゴールを目指して進んでいく独自のパズルアクション要素を大いに楽しもう。

 

Switch向けの移植作品『ミスタードリラーアンコール』独自のパズルアクションを楽しめる『ミスタードリラーアンコール』

▲GC向けにリリースされていた作品がグラフィックを一新してNintendo Switch向けに再登場。

 

ダウンロード版の販売か価格は3520円。Switch本体をシェアする「おすそ分けプレイ」に対応し、最大4名のプレイヤーが一緒に遊べるようになっている。ローカル通信とオンラインマルチプレイには非対応だ。なお、本作も無料の体験版が配信されているので、お試しで遊んでから購入を検討することができるぞ。

ミスタードリラーアンコール

ミスタードリラーアンコール

価格:税込3520円
アクションパズル

プレイ人数
1本あたり1~4人

 

ぷよぷよeスポーツ

2018/10/25から正式配信されているSEGAのSwitchソフト。ご存知『ぷよぷよ』シリーズを「eスポーツ」の世界観で構築した作品で、インターネットを活用した対戦システム以外に、オフラインで最大8名参加のトーナメントを楽しめる「大会モード」が収録されている。みんなと腕前を競い合えるおすすめのタイトルだ。

 

登場するルールは「ぷよぷよ通」ルールと「ぷよぷよフィーバー」ルールの2種類。大連鎖が狙える興奮の「ぷよぷよフィーバー」モードは作品の目玉で、一発逆転勝利も狙えるので最後まで勝利の行方が分からない。鍛え上げた腕前を存分に発揮できる「ぷよぷよ」ファン必見のパズルゲームだぞ。

 eスポーツ要素をフィーチャーした『ぷよぷよeスポーツ』対戦型パズルゲーム『ぷよぷよeスポーツ』

▲eスポーツをテーマにした作風が光る人気パズルゲームシリーズ作品。大興奮の対戦プレイを楽しもう。

 

ダウンロード版の販売価格は2036円と比較的安価。「おすそ分けプレイ」以外に、Switch本体を持ち寄るローカル通信とオンラインマルチプレイで最大4名のプレイヤーが『ぷよぷよ』の腕前を競い合える。前述の通りオフライントーナメントは8名まで参加できるので、パーティーゲームとしても優秀な作品だ。

ぷよぷよeスポーツ

ぷよぷよeスポーツ

価格:税込2036円
パズルゲーム

プレイ人数
1本あたり1~4人/通信:最大4人

 

ロロロロ(rorororo)

2017/11/2から正式配信されているCIRCLE Ent.のSwitchソフト。協力プレイ型のパズルアクションを体験できるゲーム作品で、80種類のステージが存在する「ストーリーモード」では最大2名、40種類のステージで協力プレイを堪能できる「パーティーモード」では最大4名のプレイヤーが一緒に遊べるようになっている。

 

3Dで再現されたトリッキーなステージでは、ロボットをゴールへと導くために様々なトラップを乗り越えていく必要があり、そこに協力プレイ要素と想定外のトラブルが発生するお笑い要素が生まれる。時に仲良く、時に邪魔しながらプレイするマルチプレイ要素が最高に面白いエンターテインメント型のパズルゲームだ。

 

協力型のパズルゲーム『ロロロロ(rorororo)』マルチプレイも楽しめる『ロロロロ(rorororo)』

▲頭脳プレイとアクションゲームらしい操作でトラップを突破しながらゴールを目指す。やり込み度は高いぞ。

 

ダウンロード版の販売価格は1200円と安価。ローカル通信とオンラインマルチプレイには非対応となるが、本体をシェアする「おすそ分けプレイ」で最大4名のユーザーが協力型のパズルアクションを楽しめる。家族や親しい友人と一緒にプレイするのに最適なパズルゲームで、みんなと一緒に盛り上がれるぞ。

ロロロロ(rorororo)

ロロロロ(rorororo)

価格:税込1200円
アクションパズル

プレイ人数
1本あたり1~4人

  

『ゴロゴア』(Gorogoa)

2017/12/21から正式配信されているAnnapurna InteractiveのSwitchソフト。イラストレーターのジェイソン・ロバーツ氏が手がけた数千点に及ぶ「手書きイラスト」の世界をフィーチャーした独創性満点のパズルゲームで、丹念に描かれたゲーム世界は芸術の域に達している。アーティスティックな感性を刺激する作品だ。

 

ゲームルールは本作独自のもの。直感的な操作でタイル状に並べられたイラストを動かし、動的なアニメーションの変化によってパズルアクション要素を楽しめるようになっている。これまでに見たことのないゲーム世界は大きな反響を呼び、数々の受賞歴も獲得。世界にセンセーションを巻き起こした必見のタイトルだぞ。

 

手書きイラストの世界でパズルを楽しめる『『ゴロゴア』(Gorogoa)』独自のルールでプレイが展開する『『ゴロゴア』(Gorogoa)』

▲パズル要素で画面を組み合わせることで情景やストーリー要素が展開。芸術性に富んだパズルゲームだ。

 

ダウンロード版の販売価格は1500円。一風変わったパズルゲームを求めている人には断然おすすめの作品で、ソロプレイ専用ながら深い没入感と体験で満足度は非常に高い。様々な手書きイラストを組み合わせていくことで巻き起こる画面変化を飽きることなく眺めていられるおすすめの新感覚パズルゲームだ。

ゴロゴア(Gorogoa)

ゴロゴア(Gorogoa)

価格:税込1500円
パズルゲーム

プレイ人数
1本あたり1人

  

超回転 寿司ストライカー The Way of Sushido

2018/6/8から正式配信されている任天堂のSwitchソフト。「回転寿司」をテーマとしたパズルアクションゲーム作品で、主人公ムサシが繰り広げる「スシバトル」を体験できる。子供から大人まで幅広い年代のプレイヤーが楽しめるSwitch向けソフトらしい作風とグラフィックデザインが光るおすすめのパズルゲームだ。

 

スシバトルでは、レーンに並んでいるお皿をスライド操作して「色を揃える」プレイが展開。動体視力と俊敏な操作が要求されるシステムが特徴で、重なったお皿を相手にぶつけることで得点が発生する仕組み。シンプルなルールで爽快なパズルアクションを体験できる作品で、お皿の色でダメージ数値も変わってくるぞ。

 

回転寿司がテーマのパズルゲーム『超回転 寿司ストライカー The Way of Sushido』幅広い年代が遊べるパズルゲーム『超回転 寿司ストライカー The Way of Sushido』

▲スシを食べまくりながらお皿の色を揃えていくプレイが展開。長く繋げることでダメージの威力がアップする。

 

販売価格はダウンロード版とパッケージ版共に5478円。本体をシェアする「おすそ分けプレイ」以外に、ローカル通信とオンラインマルチプレイにも対応し、最大2名のユーザーが一緒に「スシバトル」を体験できる。「My Nintendo」ストアでは無料の体験版も用意されているので、まずはお試しで遊んでみよう。

超回転 寿司ストライカー The Way of Sushido

超回転 寿司ストライカー The Way of Sushido

価格:税込5478円
アクションパズル

プレイ人数
1本あたり1~2人/通信:最大2人

 

ハコボーイ!&ハコガール!

2019/4/26から正式配信されている任天堂のSwitchソフト。ニンテンドー3DS用ソフトとして2015年に誕生したパズルアクションゲーム『ハコボーイ』をSwitch向けに移植した作品で、シリーズ初となる2人用モードが搭載されている点が大きな魅力。CO-OP要素でパズルアクションの数々に挑戦しよう。

 

シンプルなデザインのゲームグラフィックが魅力の作品で、本作では1人用モードのクリア後に背の高いキャラクター「キューディ」でプレイできるモードも出てくるので遊び甲斐は満点。収録された270種類のステージはシリーズ最多で、「ハコ」を活用しながらゴールを目指していくアクションパズル要素を満喫できるぞ。

 

2人プレイも楽しめる『ハコボーイ!&ハコガール!』アクションパズル要素を体験できる『ハコボーイ!&ハコガール!』

▲仕掛けやトラップに「ハコ」を利用したアクションで挑んでいくスタイルのパズルアクションゲームだ。

 

ダウンロード版の販売価格は1222円と安価。ローカル通信やオンラインでのマルチプレイは非実装だが、Switch本体をシェアする「おすそ分けプレイ」で最大2名の協力プレイを楽しめる。シリーズ初となる2人協力プレイモードに家族や友人とチャレンジして、多彩なパズルステージの攻略に挑んでいこう。

ハコボーイ!&ハコガール!

ハコボーイ!&ハコガール!

価格:税込1222円
アクションパズル

プレイ人数
1本あたり1~2人

  

ヒューマン・リソース・マシーン

2017/6/8から正式配信されているフライハイワークスのSwitchソフト。社員になって上司が出す課題に挑戦し、プログラムの概念を通じて問題を解決していく知能派のパズルアクションゲーム。ある意味パズルゲームとも言える「プログラミング」の世界を大々的にフィーチャーしたゲームシステムが冴える作品だ。

 

内容は真面目なプログラミングに関する出題だが、初心者でも徐々にプログラムに関する知識を得られるように設計されているため、完全初心者でもプレイできる点がポイント。理数系に強い人に有利な作品ではあるが、「プログラムについて楽しく勉強したい」という動機で遊んでも十分に楽しめる。よく出来たゲームだ。

 

プログラム風のパズルを体験できる『ヒューマン・リソース・マシーン』徐々にプログラミングを覚えられる『ヒューマン・リソース・マシーン』

▲海外ゲーム作品らしいグラフィックとゲームシステムの着眼点が光る異色のパズルゲームタイトルだ。

 

ダウンロード版の販売価格は1000円と比較的安価。ソロプレイ専用のゲームとなり、ローカル通信やオンラインマルチプレイモードは搭載されていないが、ゲームを通じてプログラミングに関する一般教養と知識を得られるため、利便性は非常に高い。将来プログラマーを目指したいと考えている人にもおすすめの1本だぞ。

ヒューマン・リソース・マシーン

ヒューマン・リソース・マシーン

価格:税込1000円
パズルゲーム

プレイ人数
1本あたり1人

 

セブン・ビリオン・ヒューマンズ

2018/10/25から正式配信されているフライハイワークスのSwitchソフト。前項でご紹介した『ヒューマン・リソース・マシーン』と対を成す続編作品で、パズルの数と社員数が大幅にアップした世界でプログラミング形式のパズルゲームに挑む。『ヒューマン・リソース・マシーン』にハマった人には断然おすすめのタイトルだ。

 

『ヒューマン・リソース・マシーン』の「1人の社員に命令を出すスタイル」から進化を遂げた本作では「集団に同時に命令を出すスタイル」へとパワーアップ。プログラミングの思考回路を使いながら効率的な業務実現を目指していくプレイを体験できる。困った場合には「ヒント」も参照できるので、幅広い人が遊べるぞ。

 

集団に命令を出すプログラム型パズルゲーム『セブン・ビリオン・ヒューマンズ』遊びながらプログラムを勉強できる『セブン・ビリオン・ヒューマンズ』

▲独特なプログラミング系パズルアクションを楽しめるシリーズ作品の続編。60以上のステージに挑戦できる。

 

ダウンロード版の販売価格は1500円と比較的安価。『ヒューマン・リソース・マシーン』と同じく本作もソロプレイ専用の作品となり、ローカル通信およびオンラインマルチプレイには非対応。「プログラミングは難しい」という先入観をゲーム形式で取り払ってくれる秀逸なパズルアクションゲームタイトルだ。

セブン・ビリオン・ヒューマンズ

セブン・ビリオン・ヒューマンズ

価格:税込1500円
パズルゲーム

プレイ人数
1本あたり1人

 

パズルゲームで気分をリフレッシュ!

画面に集中しながらステージクリアを目指すことに邁進できるパズルゲームは、気分をリセットしたい時にも役立つジャンル。脳トレ的な使い方にもうってつけで、良い頭の体操や運動にもなるため、ちょっとした空き時間に遊んでリフレッシュするのに最適。生活にアクセントをつけてくれる存在だ。

 

遊ぶ年代を問わずにプレイできる点も素晴らしく、Switch本体の機能を活かしたマルチプレイに対応している作品も多いので、パズルアクションや頭脳プレイの腕前を競い合いながら楽しい時間を過ごすこともできる。「おすそ分けプレイ」やローカル、オンラインなど、様々な方法で対戦・協力プレイを楽しもう。

 

気分転換にもなるSwitch向けのパズルゲーム

▲最大で4名のプレイヤーが同時に遊べるパズルゲームも多い。みんなと一緒に遊べば面白さも倍増するぞ。

 

今回ご紹介したタイトルの中には、無料でプレイできる「体験版」が別途配信されている作品も多いので、いろいろなタイトルを試遊して自分好みのパズルゲームを見つけ出してほしい。気分のリフレッシュにも最適なSwitch向けのパズルゲームをプレイして、スッキリした気分でゲームライフを満喫しよう。

 

【おすすめポイント】奥深いパズルゲームの世界で遊ぼう!