【UE5の話題作】Unreal Engine 5で開発が進められているおすすめの最新ゲーム5選!

ZOOM編集部

ゲーム開発と3DCG製作の分野で比類なき性能を発揮する次世代型3DCGツールUnreal Engine 5は、今後ゲーム業界がグラフィック面で飛躍的な進化を遂げるためのカギとなる重要なツールと言える。本特集では、このUE5を用いて開発が進められている注目のゲームタイトルを5作品紹介していくぞ。

次世代型3DCGツール「Unreal Engine 5」

「Unreal Engine 5 (略称UE5)」は、2022/4/6に正式リリースされたEpic Gamesの3DCGツール。設計が一新された Unreal Editor、パフォーマンスの向上、3DCGアーティストが使いやすいアニメーション作成ツール、メッシュの作成・編集ツールセットの拡張、パストレーシング機能の向上が大きな特徴となっている。

次世代の3DCGツール「Unreal Engine 5」▲前モデルUE4のワークフローを維持しながら、新機能の数々にアクセスできるツールだ。

UE5は、無料でインストールできる「Epic Games Launcher」経由でダウンロードすることが可能。個人や企業を問わず利用できる点が魅力で、商業利用を考えている場合には、このツールを用いて開発した作品の売り上げが「100万ドル」を超えた場合に、5%のロイヤリティをEpic Gamesに支払うことになる。

注目の新機能は「Lumen」と「Nanite」

Unreal Engine 5の新機能として突出しているのは、LumenとNaniteの2項目。Lumenはリアルタイムグローバルイルミネーションシステムで、例えばゲーム内の1日で経過する時間に合わせて、太陽の角度を自動で変化させるなどの機能があり、今まで以上に自然なライティング環境の変化に対応できる点が特徴だ。

Lumen を利用することで、これまではほぼ必須の作業工程だったライトマップUVの作成や、ライトマップベイクの待ち時間、反射キャプチャの配置が不要となり、製作者は大幅な作業時間短縮の恩恵を受ける。ライトを作成・編集するだけで、最終的なライティングを即確認できるという点も大きなポイントだ。

UE5の新機能「Lumen」▲自然なライティングをほぼ自動的に再現してくれるLumenは、UE5の大きな魅力だ。

もう一つの新機能Naniteは、仮想化マイクロポリゴンジオメトリシステム。これは高密度なジオメトリをレンダリングするための新たなアプローチ方法で、リアルタイムレンダリングでの大規模な環境作成を可能にする。数百万レベルのポリゴンを数百万個配置しても、リアルタイムのフレームを維持してくれる点が魅力だ。

LumenとNaniteに連携できる「仮想シャドウマップ (VSM)」を利用すれば、適正なパフォーマンス負荷でソフトシャドウを生成できるので、ポリゴン数やドローコール数の制限を大幅に取り除きながら、ディテール法線マップへのベイク作業や、LOD(遠景)モデルの手動作成といった時間の掛かる仕事を削減できる。

作業時間短縮と高品質なグラフィックの実現が魅力

LumenとNaniteがゲームにもたらす恩恵は、製作作業時間の大幅な短縮とフォトリアルなグラフィックの実現。作業時間の短縮は少人数で活動するデベロッパーに対して有益で、現実世界に近づくグラフィックの躍進は、これまで実現不可能だった描画表現に直結する。主にオープンワールドゲームで真価を発揮しそうだ。

UE5以前の3DCG制作現場では、多すぎるポリゴン数を削減するなどの努力が不可欠で、一度に画面上へ出現するモデル数も適宜調整していく必要があったが、上記の新機能を用いることで制限が大幅に緩和されるため、「大量の人々が活動している都市部を自由に探索する」といったゲームプレイが容易に実現する。

Unreal Engine 5の描画例▲優秀な自動調整機能とハイポリゴンの取り込みによって、フォトリアルな世界を実現。

Unreal Engine 5が持っているこれらの画期的な機能をゲーム内でどのように活かしていくかは、デベロッパーの手腕にかかっている部分も多く、また正式リリースされてから日も浅いため、現状でその性能をフルに発揮した作品は少ないと言える。UE5のポテンシャルを知りたい場合には、技術デモを見るのが一番だ。

業界を震撼させた『The Matrix Awakens: An Unreal Engine 5 Experience』

『The Matrix Awakens: An Unreal Engine 5 Experience』は、期間限定でダウンロードできたUnreal Engine 5の技術デモで、プレイヤーは映画『マトリックス』をフィーチャーしたオープンワールドの探索を体験できる。映画製作に関わっていたスタッフも協力して製作されたこのデモは、次世代ゲームのカギとなる作品だ。

技術デモ『The Matrix Awakens: An Unreal Engine 5 Experience』▲ウォシャウスキー監督や主演のキアヌ・リーブス、キャリー=アン・モスも参加している。

映画のデジタルダブルと比較しても遜色のないハイパーリアルなデジタルヒューマンが登場するシネマティックシーンから開始する本作は、その後映画のワンシーンを彷彿とさせるハイペースのカーチェイスおよびサードパーソンシューター風のアクションシーンへとなだれ込み、ユーザーを圧倒的なプレイ体験へ誘う。

『The Matrix Awakens: An Unreal Engine 5 Experience』のワンシーン▲シリーズ第1作目で印象的だった弾丸避けシーンもリアルに再現している。

注目すべきポイントは、これら一連のシーンが16平方キロメートルのオープンワールドマップ内で起こっている点であり、従来のゲーム制作技法では到達できなかったプレイ体験を生み出しているところ。ゲーム開発者が構想しながらも、現実的に不可能だった描画は、UE5のパワーによって実現する時代に来ている。

『The Matrix Awakens: An Unreal Engine 5 Experience』のカーチェイス▲フォトリアルな世界を体験できる『The Matrix Awakens: An Unreal Engine 5 Experience』。

都市部はプロシージャル生成される仕組みを持ち、簡単な定義に従って道路のサイズや建物の高さ、歩道の瓦礫の量までが自動的に決定されて再現されるため、本作の制作スタッフは比較的少人数で済んだとのこと。今後オープンワールドゲームの制作を目指すスタジオや個人にとって、大きな希望を抱かせてくれるデモ版だ。

本作品に登場する車両やキャラクターの服、建物の破壊などの動きはすべて「Chaos(ケイオス)物理システム」によってエンジン内でシミュレートされており、チェイスシーンでの車のクラッシュは毎回リアルタイムで計算されるため、同じクラッシュが2度起こることはない。こうした部分も非常に驚異的だ。

LumenとNaniteの性能と効果を体感できる技術デモ

都市は700万個のアセットで構成され、それぞれが数百万のポリゴンを含んでいる。7000の建造物、運転可能な4万台近い車両、260km以上の道路、512kmの歩道、27,248個の信号などがあるが、Naniteはこれら数十億のポリゴンをストリーミングしながら超高速処理を行い、映画レベルの品質でレンダリングしている。

また上記の3Dモデルは、グローバルイルミネーションシステムであるLumenによってリアルなライティングと反射を実現しており、プレイヤーに圧倒的な没入感を提供する。シネマティックシーンでもリアルタイムレイトレーシングが使用されているので、キャラクターに落とされる影の表現も非常に現実的だ。

『The Matrix Awakens: An Unreal Engine 5 Experience』の破壊シーン▲膨大なアセットとポリゴンがきちんと動く。圧巻の3DCG技術だ。

まさに次世代のブレイクスルーが実現した技術デモ『The Matrix Awakens: An Unreal Engine 5 Experience』は、ユーザーとゲーム開発者に大きな希望を投げかけてくれるものであり、Unreal Engine 5の圧倒的なパワーを体感できる素晴らしい教材と言える。現在は都市部のサンプルのみDLが可能だぞ。

3DCGツールの話題を扱う特性上、専門的な用語が数多く飛び交う内容になってしまったが、Unreal Engine 5にはゲームの未来を変えるポテンシャルと性能があることは十分にお分かりいただけたと思う。それでは、今後リリースが予定されているUnreal Engine 5で開発中の新作ゲーム5タイトルを見ていこう。

Unreal Engine 5で開発が進められているおすすめ新作ゲーム5選

1.『ドラゴンクエストXII 選ばれし運命の炎』(配信・発売日未定)

2021/5/27にその存在が発表されたスクウェア・エニックスの新作ゲームタイトルで、RPGの金字塔『ドラゴンクエスト』シリーズ本編第12作目となる作品。シリーズでおなじみのロゴの後ろに12を表すローマ数字が亀裂のように入るカッコ良さ満点のティザートレーラーは、約1年で296万回以上再生されている。

現時点でも製品のロゴが公開されている以外、具体的なシステムやビジュアル面に関しては伏せられたままとなっているが、シリーズ作品でゲームデザイナーを務めている堀井雄二氏の公式発言を拾っていくと、本作はダークな雰囲気を持つ「大人向けのドラクエ」になる予定で、さらに挑戦したゲームになるとのこと。

『ドラゴンクエストXII 選ばれし運命の炎』のタイトル画像▲副題の英語表記は「The Flame of Fate」。どうなっていくのか楽しみだ。

ゲームシステムに関する堀井雄二氏の公式発言では、選択肢を迫られるシナリオが展開していくそうで、プレイヤーが自分の「生き方を決める」要素があるそう。また、ファンが最も注目すべき発言として「コマンドバトルを一新する」というものがあり、既存のシリーズ作品とは一線を画するタイトルになりそうだ。

とは言うものの、コマンドバトルが全廃されるというわけではないらしく、システムに大きな変化が起こる可能性がある、というニュアンスで発言しているため、実際にどうなっていくのかは今後の正式発表に委ねられることになりそう。シリーズファンも違和感なくプレイできることは保証しているので、非常に楽しみだ。

『ドラゴンクエストXII 選ばれし運命の炎』の画像▲「人は何故生きるのか」というナレーションが入る公式ティーザートレーラー。

作品の存在が発表された2021/5/27には、公式Twitterアカウント上で新規開発スタッフの募集が行われ(現在は終了)、そのツイートで「Unreal Engine 5」を開発に用いている旨が掲載された。この時点でUE5は早期アクセス版の段階にあったが、最高峰のグラフィックを引き出すために英断したと捉えるべきだろう。

共同開発に関わっているのは、2012年の『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』や、2017年のシリーズ第11作『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』にも参加した株式会社オルカと、2016年に発売された『ファイナルファンタジーXV』に参加した経歴を持つヘキサドライブの2社だ。

公式にその存在が明かされてから約5年近くが経過しているが、現時点でも作品の詳細は伏せられたままとなっており、それが熱狂的なファンの想像力を膨らませている。2021年には長年ドラクエファンに親しまれた作曲家のすぎやまこういち氏が逝去するなど悲しい出来事もあったが、作品が無事に完成するのを待とう。

2.『ウィッチャー』シリーズ最新作(タイトル未定・配信・発売日未定)

2022/3/22にその存在が公表されたCD PROJEKT REDの最新ゲームタイトルで、『ウィッチャー3 ワイルドハント』に続くシリーズ最新作として開発が進められている必見作。4000万本以上を売り上げた前作の「新章」ということで世界中の期待を集めており、どのような世界が展開していくかが注目されている。

CD PROJEKT REDはこれまでゲーム開発を自社製のエンジン「REDengine」で行ってきたが、2022年にEpic Gamesと複数年に及ぶ技術的なパートナーシップ契約を締結し、ゲームエンジンをUnreal Engine 5に切り替えて新作を開発していることも併せて発表している。オープンワールドの進化が非常に楽しみだ。

リリース文には「Unreal Engine 5およびそれ以降のバージョンの開発における技術提携も含まれている」と書かれていることから、今後UE5に劇的なバージョンアップがあった場合には、その技術力を投入する可能性がある。現時点では開発状況や発売日を含めた情報は一切提示されておらず、今後の最新情報が待たれる状況だ。

『ウィッチャー』シリーズ最新作の画像▲公式にリリースされた画像はこの1枚のみ。シリーズファンには見逃せない最新作だ。

なお、CD PROJEKT REDの最新タイトルであるアクションRPG『サイバーパンク2077』に関しては、拡張コンテンツ製作にこれまで通りREDengineを用いているため、同社は『ウィッチャー』シリーズ最新作から自社製エンジンをUnreal Engine 5へと切り替え、その構図を複数年続ける構想を持っていることが分かる。

ゲームとしての『ウィッチャー』シリーズは、ポーランドのファンタジー小説作家であるアンドレイ・サプコフスキ氏の原作小説がベースになっていることは有名な話だが、ゲーム版は小説版と時系列などが異なっていることから、ストーリーを想像するのは容易ではない。現時点ではどの出来事が描かれるのかも未定だ。

ちなみにCD PROJEKT REDの公式サイトでニュースレターを登録しておくと、ニュースや特別オファー、その他の情報をいち早く入手できるので、メールアドレスを持っている人はこちらに登録して今後の最新情報をチェックするのもアリ。作品の全貌がお披露目されるのはまだまだ先になりそうだが、気長に待っておこう。

3.『S.T.A.L.K.E.R. 2: Heart of Chornobyl』(2023年12月配信・発売予定)

GSC Game Worldが開発を進めている新作サバイバルホラーアクションFPS作品で、放射能汚染されたチェルノブイリを舞台とする人気作『S.T.A.L.K.E.R.』シリーズの最新作。一時は完全に製作が頓挫していたが、2020年に改めて本作の再開発が公言され、その後Unreal Engine 5を用いていることも表明された。

64平方キロメートルの広大なオープンワールドマップが特徴で、様々な派閥と出会うストーリー要素、30種類以上の武器を改造しながら何百通りものカスタマイズを行える点が大きな魅力となっている。数種類のエンディングを持つためにリプレイ性も高く、昼夜と時間経過の概念を持つオープンワールドの探索も捗るはずだ。

新作ゲーム『S.T.A.L.K.E.R. 2: Heart of Chornobyl』▲UE5のポテンシャルを発揮したプレイ画面に期待が高まる新作アクションFPS。

Steamの製品ページや公式サイト、公式YouTubeチャンネルなどで閲覧できる本作の動画では、高精細なグラフィックで動くキャラクターと、細部まで丹念にモデリングされたキャラクターのリアリティーを確認できる。本シリーズの人気を決定付けたディストピアな世界観にも磨きがかかっており、必見だぞ。

『S.T.A.L.K.E.R. 2: Heart of Chornobyl』の一場面▲前作からの劇的な画像品質向上を実現。UE5への切り替えは正解と言えるだろう。

シリーズ作で象徴的だったミュータントは、異なる行動モデルとサブタイプを持ってプレイヤーの前に出現することが明かされているため、戦闘シーンがこれまで以上に緊張感を増すことが予測される。飢え、睡眠、出血、被曝効果があるサバイバル要素もあり、ハードコアなプレイ体験を求めている人には断然おすすめだ。

なお、公式サイトでは本作がMODを全面的にサポートする旨が発表されており、プレイヤーの趣向に応じてゲーム世界を自由に拡張・補完できることが明記されている。またマルチプレイモードに関しては発売日直後の無料アップデートで実装される予定で、高品質なプレイ画面の中でオンラインPvPを楽しめる予定だ。

UE5で開発中の『S.T.A.L.K.E.R. 2: Heart of Chornobyl』▲高精細な描画が恐怖感を大幅アップ。不気味なミュータントと戦おう。

それまでウクライナに拠点を構えていた開発元にGSC Game Worldは、ロシアの侵攻からゲームの開発環境を守るため、現在はチェコのプラハへ拠点を移して作業を続行中。一度は完全に空中分解してしまったと思われた本作だが、執念で開発が続けられており、年末の発表に期待が高まっている。完成を祈ろう。

4.『鉄拳8 (TEKKEN 8)』 (近日配信・発売予定)

5200万本以上の世界累計販売本数を誇るバンダイナムコエンターテインメントの超人気3D対戦格闘アクションゲーム『鉄拳』シリーズ最新作。PS5とXbox Series X|S、PC(Steam)で展開するタイトルで、異なるプラットフォームのプレイヤー同士が対戦できるクロスプレイにも対応することが明かされている。

『鉄拳8 (TEKKEN 8)』の画像▲おせっかいな喧嘩仲裁屋として有名な、風間流古武術の使い手である風間飛鳥。

風間仁、三島一八、ニーナ・ウィリアムズ、リン・シャオユウ、キング、風間飛鳥、風間準、マーシャル・ロウ、ポール・フェニックス、ジャック8、リロイ・スミス、ラーズ・アレクサンダーソンなどが参戦。キャラクターの個性や特徴を強化したシステムを持つことも公表されているので、今から非常に楽しみだ。

UE5で開発中の『鉄拳8 (TEKKEN 8)』▲Unreal Engine 5の高精細なグラフィック表現が、格闘ゲームの新時代を生み出す。

「最も長く続くビデオゲームの物語」と「最も長く続く3D対戦型格闘ビデオゲームシリーズ」の2項目でギネス世界記録を持つモンスターシリーズ作品の最新作で、今や世界で知らない人がいないほど広まった格闘アクションゲームの金字塔となっているため、一刻も早いリリースが期待される。情報解禁に期待しよう。

本タイトルのバトルコンセプトは「アグレッシブ」。勝負所やクライマックスをより分かりやすくする工夫が施されている点が大きな特徴で、このシステムは攻撃を仕掛ける側がゲームを一層楽しめることに繋がっており、従来のファン層は無論のこと、新規ユーザーにも大きなインパクトを与える要素と言えるだろう。

高精細なグラフィックが魅力の『鉄拳8 (TEKKEN 8)』▲前作とは異なるゲームシステムを持つ待望の最新作。正式発売日はまだ未定だ。

『鉄拳7』に搭載されていたシステムは一部廃止され、アグレッシブというコンセプトを体現している新システム「ヒートシステム」を導入しているなど、ゲームの完成度と方向性を新たに打ち出している点が特徴で、これまで以上に痛快なアクション対戦が生まれているとのこと。最新情報にも注目の新作ゲームだ。

5.『Project NB (仮称)』(タイトル・配信日未定)

韓国のデベロッパーであるBLACKSTORMが制作を進めている新作スマホ向けファンタジーRPG作品で、アニメ調のキャラクターが3Dモデルとなって動き回る世界観と、アニメーション映画の中に入り込んだような気分に浸れるゲームグラフィックが魅力。正式なタイトルは未定だが、詳細が気になる新作だ。

『Project NB (仮称)』のタイトル画像▲2023年5月に存在が公表されたBLACKSTORMの新作スマホゲームアプリ。

ストーリーや主要な登場人物については不明なままとなっているが、ゲームはオープンワールド型のオンラインRPGとなる予定で、プレイヤーが降り立つ世界には時間経過の要素があり、昼と夜で異なる表情を見せてくれるとのこと。セル画風背景と3DCGモデルが違和感なく融合したグラフィックは没入感満点だ。

『Project NB (仮称)』のオープンワールド▲西洋ファンタジー風の世界観を持つロケーションが登場。その様子は予告編で確認できる。

バトルはターン制をベースとしたスタイルを取っており、戦闘中にパーティーに編成しているキャラクターが固有のスキルを発動する際には、ゴージャスなカットイン演出も出現。こうしたシステムはスマホ向けRPGでは珍しくないが、Unreal Engine 5を用いているため、ハイグレードな演出効果を期待できる。

公式ティーザートレーラーの映像は、必ずしも正式バージョンと一致するとは限らないため、ここでご紹介している動画の画像は、製品版で大きく変わる可能性もある。ただし開発初期段階にありながら具体的な世界観やグラフィックが煮詰められているように感じるので、今後の開発進捗が非常に楽しみだ。

『Project NB (仮称)』のスキル発動シーン▲バトル時のスキル演出シーン。3Dモデリングの利点を活かしたカメラワークが冴える。

Unreal Engine 5が持つポテンシャルをスマホゲームにも活かしたいという向きは、今後も世界的に活発になっていく可能性が高いが、恐らく最大のネックはユーザーがどの程度ハイスペックなスマホを持っているか、ということで、スマートフォン本体の描画性能が進化していくことも条件になっていくはず。

現在もスマホ向けゲームとは思えない高精細なグラフィックを実現しているゲームタイトルが存在しているが、バッテリーの消費量が早まるなどの弊害もあり、また本体が熱を帯びることがあるなど、最高設定でプレイを継続することには障害も多い。より低電力で美しいプレイ画像を維持できるスマホの登場も必須だ。

『Project NB (仮称)』のワンシーン▲バトルシーンの抜粋映像も公式ティーザートレーラーで確認できる。美しいプレイ画像だ。

『Project NB (仮称)』がどのユーザー層に向けて製品を開発しているかは気になる部分だが、現在流通しているハイエンドなスマホを持つユーザーに訴求している場合、性能的に不十分なスマホを持っているライトユーザー層が置いていかれる可能性が出るため、ゲームの最適化で手腕が問われることになりそうだ。

とは言うものの、Unreal Engine 5はまだ進化を遂げる可能性がある3DCGツールなので、ハード面の制約と上手く折り合いを付けながら、それでいて次世代クラスのグラフィックを実現することは十分に考えられること。スマホゲーム業界にもUE5が進出していけば、革新的なゲームチェンジャーになれるかもしれない。

その他にもビッグネームがUE5で開発中

今回ご紹介したタイトル以外にも、Unreal Engine 5を用いて開発が進められているビッグネームは多数存在するが、イメージ画像すら存在していない作品については除外している。例えば世界中にファンを持つ『トゥームレイダー』シリーズの最新作もUE5によって開発されているが、現時点では画像も動画も存在していない。

今後の世界的なムーブメントになっていくこと必至のUnreal Engine 5は、個人開発者や大企業を問わず、誰もが高精細かつフォトリアルな表現を得られる3DCGツールとして人気を博していくことになるだろう。ゲーム業界にも真の「次世代」が到来しており、これから誕生するゲームの数々には期待を抱かずにはいられない。