6b5e2429 b2be 495a 88c7 8680d4c0ee84

自由度の高いゲームをプレイしたい!オープンワールドのおすすめ人気作品を紹介!

3
ZOOM編集部成宮博史

基本どんなゲームもやる。コンシューマー、PC、スマホゲームを合わせて常時4~5タイトルを並行プレイしてて睡眠不足になることも多し、、業界に広くアンテナを張りつつ記事を執筆中。プレイ済タイトルの記事はちょっとしたお得情報や裏技も紹介していくよ♪

圧倒的な自由度の高さが多くのゲーマーから支持されている「オープンワールド」型のゲーム作品。一方通行ではないプレイが多くの驚きを生み出し、毎日違った場所を探索すれば驚きの発見も待ち構えている。今回はそんなオープンワールド型のゲーム作品の中から、世界的な人気と売れ行きを誇るおすすめのタイトルを一挙18作品ご紹介。アクションRPGやレーシングシミュレーション、サンドボックス型ゲームまでジャンルは色々。自分にピッタリハマる作品を見つけ出そう!

オープンワールド型の人気ゲーム18選!

今回の特集はズバリ「オープンワールド」ゲーム!自由に動き回りながら冒険やバトルを楽しめる作品が好きな人には断然おすすめのゲームタイトルを国内外併せてピックアップし、その魅力をご紹介。取り上げる作品のジャンルもアクションRPGからドライブシミュレーション、クライムアクションやサンドボックスまで多種多彩だぞ。

 

圧倒的な自由度の高さでプレイヤーを魅了してくれるオープンワールドゲーム作品には、型にはまらない面白さと楽しさがある。シームレスに繋がったマップを自由に散策しながら何かを発見することはこれ以上ない喜びをもたらし、何が起こるか分からないワクワク感を保ったままプレイできるため長時間飽きることがない。

 

自分自身の考えでどこでも好きな場所へ行けるオープンワールド型ゲーム作品のプレイ体験は、やみつきになる面白さ。プレイを重ねて知らない場所を巡っていくほど夢中になり、思わず時間を忘れて熱中すること請け合い。一方通行の紋切り型ではないプレイ体験を存分に味わえるタイトルでゲーム本来の面白さを実感しよう!

 

1.ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

2017/3/3からWii UとNintendo Switch向けに発売された任天堂のアクションRPG作品。ファミコン時代から多くのファンを持つ人気のRPG作品『ゼルダの伝説』シリーズ初のオープンワールド型タイトルで、主人公のリンクを操作しながら圧倒的な開放感を持つ世界を冒険できる。ゼルダファン必携の作品だぞ。

 

「どこに行って何をするのも自由なオープンワールドで遊べる、ゼルダ史上類を見ない新しいゲーム」と形容されたゲームシステムは文句なしの自由度を誇り、これまでのシリーズ作品とは全く異なるプレイ体験を得られる点が大きな魅力。敵に忍び寄って不意打ちを与えられるなど、バトル面での進化も見逃せない。

 

オープンワールドを体験できる『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』

美しいグラフィックが魅力の『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』

▲セル画調のイラストと3Dモデリングが融合したゲームグラフィックも幻想的で、没入感は満点だ。

 

本作のリンクは歩く、走る、ジャンプするといった基本アクション以外に、泳ぐ、登る、空を滑空するといった特殊な動作も可能で、多彩な地形を持つゲームの舞台「ハイラル」の探索と冒険が大いに捗る。天候変化の要素もある広大なファンタジー世界を自由に進みながら、様々な発見とバトルを楽しめる作品だぞ。

 

2.Red Dead Redemption 2 (レッド・デッド・リデンプション2)

2018/10/26に全世界同時発売されたロックスター・ゲームスのXbox One、PS4、PC向けクライムアクションゲーム。世界中のユーザーを虜にした前作よりも前の時代を描き、無法者たちが終焉を迎えるアメリカ大陸の様子を骨太なストーリーで描いていく。緻密なグラフィックで再現された1890年代の西部が魅力だ。

 

メインストーリーを進展させていくミッションは存在するが、基本的には何をしても自由。ダッチギャングの一員である主人公アーサーを操りながら広大なオープンワールドマップを散策し、強盗や人助け、危険な野生生物との戦いなどをたっぷりと体験できる。究極のオープンワールドゲームと断言できる文句なしの逸品だぞ。

 

無法者たちの終焉を描く『Red Dead Redemption 2 (レッド・デッド・リデンプション2)』

広大なアメリカを冒険できる『Red Dead Redemption 2 (レッド・デッド・リデンプション2)』

▲細部まで緻密に描写される圧倒的なグラフィックが凄まじい。西部開拓時代へ思いを馳せられる名作だ。

 

本作では新たにサバイバル要素も加わり、飲食と睡眠で健康状態を保つことも大切な要素になっている。地域によって衣装を変えないと温度差で体力が消耗するなど、よりリアルな世界観を再現しているため、没入感は非常に高い。突如巻き起こるサイドクエストも豊富で、何十時間でも飽きずにプレイできる作品だ。

 

 

3.Marvel's Spider-MAN

2018/9/7からPS4版が発売されているソニーのアクションゲーム。アメリカのスーパーヒーロー「スパイダーマン」を操作しながらオープンワールドで再現されたニューヨークを自由自在に移動できる作品で、その自由度は圧巻の出来栄え。スパイダーマンらしいジャンプアクションで華麗にオープンワールドを探索できるぞ。

 

ビル群が多いニューヨークをマップで再現していることによって「高低差のあるオープンワールド」を体験できる点が魅力。クエストや収集系アイテムもたっぷりと用意されているため、ヒーローらしい超人的なアクションを駆使して移動しながら多彩なコンテンツを楽しむことができる。ノリノリで遊べるゲーム作品だ。

 

高低差のあるオープンワールドを探索できる『Marvel's Spider-MAN』

ジャンプアクションで移動できる『Marvel's Spider-MAN』

▲PS4向けタイトルらしいグラフィックで自由なオープンワールドアクションを堪能できるおすすめ作品だ。

 

移動アクションに習熟すれば、華麗にビルとビルの間を飛び回ることが可能で、徒歩に縛られたオープンワールド型ゲーム作品とは全く異なる爽快感を得られる。映画も人気を博している原作ファンには無論のこと、原作を知らない人でも童心に帰って楽しめるオープンワールド型ゲームに仕上がっていると言えるだろう。

 

4.The Witcher 3: Wild Hunt (ウィッチャー3 ワイルドハント)

2015/5/18から販売されているCD Projekt REDのアクションRPGで、現在PC、Xbox One、PS4、Nintendo Switch向けに展開中。ダークファンタジーの魅力に満ちたオープンワールドで主人公ゲラルトを操作しながら様々なクエストと冒険、バトルを体験できる。数々の受賞歴を誇る名作中の名作RPG作品だ。

 

日本語吹き替えに豪華声優陣が参加している点も大きな魅力で、国産RPGと変わらない雰囲気でプレイを楽しむことができる。ゲラルトに向けた偏見や差別の目なども克明に描かれ、綺麗事だけでは済まされない大人のファンタジー世界を体験できる点もポイント。PS4版の売り上げは実に2800万本を超える。

 

ダークファンタジー世界を冒険できる『The Witcher 3: Wild Hunt (ウィッチャー3 ワイルドハント)』

広大なオープンワールドを冒険できる『The Witcher 3: Wild Hunt (ウィッチャー3 ワイルドハント)』

▲ダークファンタジー世界を自由に探索できるオープンワールド型のアクションRPG。高い完成度が魅力だ。

 

中世ファンタジー世界の中に展開する骨太な世界観が特徴のタイトルで、一部際どいシーンも発生するため18歳以上が対象となっている。大人も存分に堪能できるオープンワールド型ゲームを求めている人にもおすすめできる作品だ。重苦しい雰囲気に包まれた世界を冒険すれば、様々な出会いと驚きが待っているぞ。

 

 

5.Grand Theft Auto V (グランド・セフト・オートV)

2013/9/17から販売されているロックスター・ゲームスのクライムアクションゲームで、現在PC、Xbox One、PS4向けに展開中。オープンワールド型ゲームに革命を起こした犯罪アクションゲームシリーズの最新作で、3名の主人公を交互に操作しながらオープンワールドでアウトサイダーなプレイを展開していく。

 

出荷本数1億3500万本という驚異的な大ヒットを記録した本作は、多彩な乗り物と武器類を手に入れて好き放題できるアグレッシブな自由度が特徴。ただし犯罪を起こした時点で警察に通報され、前作以上の容赦ない追跡を受けることになる。手配度が最高の状態で逃げ回っている際にはアドレナリン全開になるぞ。

 

オープンワールドでクライムアクションを体験できる『Grand Theft Auto V (グランド・セフト・オートV)』

多彩な乗り物を操縦できる『Grand Theft Auto V (グランド・セフト・オートV)』

▲スカイダイビングにモトクロス、飛行機やヘリの操縦など、出来ないことは何もない自由度の高さが特徴。

 

車を盗んで自由気ままにオープンワールドをドライブし、ゴルフを楽しんだ後に立ち寄ったコンビニで強盗を働くことも可能。現実世界では決してやってはいけないことの数々をあっさりと実現できるオープンワールド世界が魅力で、本作の代わりになるゲーム作品は存在しないと言って良い。唯一無二の楽しさが待っているぞ。

 

 

6.The Elder Scrolls V: Skyrim (エルダー・スクロールズ・ファイブ・スカイリム)

2011/11/11から販売されているベセスダ・ソフトワークスのアクションRPGで、現在PC、Xbox One、PS4、Nintendo Switch向けに展開中。シリーズ最高の売り上げと評価を獲得したオープンワールドでのロールプレイング要素は出色の出来栄えで、自由気ままな人生を楽しめる点も魅力となっている。

 

雄大なタムリエルの大地を描くグラフィックは2016年発表のスペシャル・エディションでさらに精細さを増し、荘厳なオーケストラのBGMに身を委ねながら冒険を続けるプレイはファンタジーRPGファンの琴線に触れる仕上がり。後発のRPG作品に多大な影響を与えた名作として今後も金字塔の地位を保ち続けることだろう。

 

美しいオープンワールドが魅力の『The Elder Scrolls V: Skyrim (ジ・エルダー・スクロールズ・ファイブ・スカイリム)』

自由な冒険を楽しめる『The Elder Scrolls V: Skyrim (ジ・エルダー・スクロールズ・ファイブ・スカイリム)』

▲スタート直後からクエストそっちのけで自由に冒険することも許される。圧倒的な自由を体験してみよう。

 

本作を世界的なタイトルに押し上げた「MOD」の存在も大きく、現在もコミュニティーで有志が製作したMODが多数配布されている。一部のMODは公式でもアドオンとして入手でき、ベセスダがMOD文化に寛容であることを如実に物語っている。作品を自由に改変しながら遊べる点も大きな魅力となっているぞ。

 

 

7.The Crew2 (ザ クルー2)

2018/5/31から販売されているユービーアイソフトのオープンワールドレーシングシミュレーションゲームで、現在PC、Xbox One、PS4で展開中。自動車とバイクに加えて、前作では操縦できなかったボート飛行機を操作できるようになっている点が特徴。陸海空の全てで自由なプレイを満喫できるぞ。

 

アメリカ全土をオープンワールド化したマップは驚異的。実際に西海岸から東海岸へとシームレスに移動することが可能で、メインコンテンツでもあるレース要素そっちのけで大陸横断旅行気分を楽しめる。「Fast Fav機能」を利用すれば、自分が運転しているマシンを即座に切り替えることもできて面白い。

 

アメリカをオープンワールド化した『The Crew2 (ザ クルー2)』

乗り物を自在に切り替えられる『The Crew2 (ザ クルー2)』

▲シリーズ最新作らしいハイクオリティーなグラフィックは必見。リアルなオープンワールドを体験できるぞ。

 

登場するマシンのカスタマイズ機能など、ビークル好きな人には断然おすすめのオープンワールド型レーシングシミュレーションゲームで、前作をはるかに超えた自由な冒険とチャレンジを体験できる。広大なアメリカ全土を様々なマシンで駆け抜け、時に世界のプレイヤーと競い合いながらプレイを楽しもう。

 

 

8.FINAL FANTASY XV (ファイナルファンタジー15)

2016/11/29から発売されているスクウェア・エニックスのファンタジーRPGで、現在PC、Xbox One、PS4向けに展開中。日本が誇るRPGシリーズ第15弾となるタイトルで、壮大なシナリオで少年たちの友情と成長の物語を描く。アニメや映画などマルチメディアに展開していったことも記憶に新しい。

 

バラエティー豊富なロケーションを巡れるオープンワールド探索要素が大きな魅力で、ファンタジー世界と近代世界が融合した独特なフィールドは散策し甲斐がある。時間経過によって表情を変えていく世界も没入感満点で、次世代型グラフィックで美しく再現された世界には何時間でも浸れる魅力があるぞ。

 オープンワールドを冒険できる『FINAL FANTASY XV (ファイナルファンタジー15)』

人気シリーズ第15弾となる『FINAL FANTASY XV (ファイナルファンタジー15)』

▲自動車を利用した移動も可能。細部まで作り込まれたオープンワールド型ファンタジー世界を冒険できる。

 

移動中に発生するサブクエストや、オープンワールドを意識したキャンプでの食事摂取システムなど、自由に探索を続けながら冒険する醍醐味を存分に堪能できるゲームシステムが秀逸。PC版はベンチマークの常連タイトルで、美しいグラフィックを滑らかに体験することがPCユーザーの指標になることが多い。

 

9.Assasin’s Creed Odyssey (アサシン クリード オデッセイ)

2018/10/2から販売されているユービーアイソフトのアクションRPGで、現在PC、Xbox One、PS4、Nintendo Switchで展開中。世界中にファンを持つ「アサシン クリード」シリーズの11作目にあたるタイトルで、全世界の売上本数は1000万本以上。AAAクラスと呼ぶに相応しい風格と内容を持った作品だ。

 

紀元前430年のギリシアを広大なオープンワールドで再現した本作は、シリーズ中最も古い時代を描いており、初心者でも物語の前後関係を気にせず楽しめる点がポイント。男女別に選べる主人公を操作しながら傭兵稼業を請け負いつつ、美しさに満ちた自然豊かな世界を存分に探索・冒険できるようになっている。

 古代ギリシアをオープンワールドで再現した『Assasin’s Creed Odyssey (アサシンクリード オデッセイ)』

傭兵として戦う『Assasin’s Creed Odyssey (アサシン クリード オデッセイ)』

▲アテナイとスパルタ双方に肩入れできる戦争システムを搭載。古代をリアルに再現した世界観も秀逸。

 

シリーズでファンから高評価を獲得している船舶での移動システムは本作で完成度をさらに高め、陸地と海洋の両方でオープンワールドを自由自在に移動できる。本編メインクエストで通ることがない場所まで緻密に再現しているため探索要素が抜群に楽しく、軽く数十時間以上はプレイを楽しめる超大作に仕上がっているぞ。

 

 

10.原神

2020/9/28から配信されているmiHoYoのアクションRPGで、現在PC、PS4、スマホで展開中。クロスプレイにも対応し、PCとスマホはデバイス間でデータ連動が可能。プラットフォームに関係なくシームレスに遊べるおすすめ作品で、スマホ版は配信開始後30日間で2億4500万ドルを売り上げるという快挙を達成した。

 

4名のキャラクターを編成しながら美しさ満点のオープンワールドを探索できる王道のRPGプレイが展開し、満足度は非常に高い。芸術性に優れたグラフィックも特徴で、アニメ調キャラクターと3DCGが融合した世界は幅広いユーザーにおすすめできるものに仕上がっている。極上のファンタジー世界を探索しよう。

 

極上のファンタジー世界を探索できる『原神』

幻想的なオープンワールドが広がる『原神』

▲元素を利用するアクションバトルシステムが新鮮。幻想的な世界で冒険とバトルを堪能できる秀作だ。

 

アニメ調キャラクターとオープンワールドが好きな人にはバッチリハマるタイトルで、豪華声優陣のCVを聴きながらプレイを楽しめるため満足度は非常に高い。東洋と西洋が絶妙なアレンジでミックスされた王道ファンタジー世界で冒険とバトルを楽しみながら、雄大なストーリー展開を存分に味わえるぞ。

 

 

11.Ghost of Tsushima (ゴーストオブツシマ)

2020/7/17から販売されているソニー・インタラクティブエンタテインメントのアクションRPGで、PS4専用タイトルとなる。オープンワールドで再現された鎌倉時代後期の日本が絶品で、今は無くなってしまった日本固有の美しい自然をゲームでたっぷりと味わえる。時代劇や武士の映画が好きな人にもおすすめだ。

 

本作の主人公は、武士の道から外れた境井仁(さかい じん)。プレイヤーは冥府から蘇った「冥人(くろうど)」となった仁を操作しながら、舞台となる「対馬 (つしま)」を敵の手から救う戦いに挑む。リアルな武士の戦いを再現したアクションシーンも見応え満点で、没入感満点のストーリー展開も秀逸。ガッツリ浸れる作品だぞ。

 

鎌倉時代後期の日本をオープンワールドで再現した『Ghost of Tsushima (ゴーストオブツシマ)』

美しい日本の風景が魅力のGhost of Tsushima (ゴーストオブツシマ)

▲美麗な次世代型グラフィックで描かれるかつての日本が情緒豊かで面白い。丹念な製作が冴えるタイトルだ。

 

スキル技を組み合わせながら自分だけの戦い方で殺陣を繰り広げられる点が魅力で、多彩なバトルスタイルで一方通行ではない立体的な戦術を編み出せる。自分で考えながら主人公仁を鍛え上げ、徐々に苛烈さを増していく戦いの中へ飛び込んでいくプレイは最高の楽しさを提供してくれる。「サムライ」に憧れる人にはマストだ。

 

12.Goat Simulator

2014/4/2から販売されているCoffee Stain Studiosのアクションゲームで、現在PC、Xbox One、PS4、Nintendo Switch、スマホ向けに展開中。ヤギが主人公というユニークなシチュエーションが魅力のブラックコメディー系物理シミュレーションゲームで、そのノリにはやみつきになる面白さがある。

 

複数のパートに分かれるオープンワールド世界で自由にヤギを操作しながら、物理演算が生み出す予測不可能なアクションの数々を楽しむことが本作の目的。特定のアクションで実績が解除されるなどのサプライズもふんだんに用意され、不死身のヤギを縦横無尽に操作していく楽しみがどんどん加速していく。

 

オープンワールドでヤギを操作する『Goat Simulator』

物理演算の妙を楽しめる『Goat Simulator』

▲ユルゲーやバカゲーとして正しい方向性を持った最強のタイトル。後発で類似品が多数出現した衝撃作。

 

舐める、引きずるなどの「舌」を駆使したアクションで人間キャラクターを翻弄していくプレイもでき、楽しさは無限大。リアル過ぎずチープ過ぎない絶妙なグラフィック加減が笑いの要素を増しており、何も考えずにヤギを操作すれば良いストレス発散にもなる。オープンワールドでヤギを冒険させてみよう。

 

13.Horizon Zero Dawn

2017/2/28から販売されているゲリラゲームズのアクションRPGで、現在PS4、PCで展開中。文明が崩壊した世界をオープンワールドで再現するタイトルで、原始的な暮らしを営む人類とは対照的な動物型ロボットの存在が異質な雰囲気を醸し出す。世界的なヒットを記録し、売上は1000万本を超えている。

 

プレイヤーは熟練のハンター「アーロイ」として「古の遺物」や「謎に満ちた建造物」が点在するオープンワールドを探索しながら、忘れ去られた大地の秘密と謎を解き明かしていく。機械に支配された原始的な世界の謎解き要素が作品の大きな魅力となっており、映画のような世界観に浸りながらプレイを楽しめるぞ。

 文明崩壊後の人類を描く『Horizon Zero Dawn』

機械化された動物との戦いも巻き起こる『Horizon Zero Dawn』

▲高精細なゲームグラフィックも秀逸。雄大な自然と異質な機械生物の対比が効いているタイトルだ。

 

登場する機械生物はハッキングすることで「騎乗生物」として利用することが可能。またフォトモードで好きなロケーションを写真に収めることもできるため、観光気分で広大なオープンワールド探索を進めるのも面白い。多彩な表情を見せる景色を存分に楽しみながら「大いなる謎」の真相究明を行っていこう。

 

14.Watch Dogs2 (ウォッチドッグス2)

2016/11/15から販売されているユービーアイソフトのアクションRPGで、現在PC、Xbox One、PS4で展開中。ハッカー集団「デッドセック」と巨大企業「ブルーム社」の抗争を描く。ドローンや小型ラジコンカーを操作してハッキングに臨むアクションが特徴で、あらゆる物をハックして混乱を巻き起こすことが可能だ。

 

サンフランシスコを再現したオープンワールドの探索要素が最高に楽しく、徒歩や自動車、バイクなどを駆使して存分に歩き回れる。世界的に有名な刑務所「アルカトラズ」にも侵入することができ、アメリカの地理に詳しい人ほど感慨深いプレイ体験を得られるはず。各地の「ピア」も見どころ満点だ。

 

サンフランシスコをオープンワールドで再現した『Watch Dogs2 (ウォッチドッグス2)』

ハッキング集団が主役の『Watch Dogs2 (ウォッチドッグス2)』

▲サンフランシスコを緻密なグラフィックで再現。有名企業が本拠を構えるシリコンバレーに行くこともできる。

 

数々のミッションをハイテクなデバイスでクリアしていく要素が楽しい作品で、人間が通れない場所へ「ドローン」で侵入したり、ハッキングしたクレーン車を操作してビルに登ったりなどのパズル要素もあるため、飽きることがない。広大なロケーションに用意された様々な仕掛けを紐解きながらプレイを楽しめるぞ。

 

 

15.Days Gone

2019/4/26から発売されているソニー・インタラクティブエンタテインメントのPS4専用アクションアドベンチャーゲーム。ウィルスが蔓延して文明が崩壊してしまったディストピアな世界を舞台に、主人公ディーコンとして冒険とバトルを繰り広げていく。過激に暴力描写があるため18歳未満は購入できない。

 

「パンデミック」によって崩壊した世界を緻密なオープンワールドで再現し、絶望の中に希望を見出す骨太なストーリーが展開。大量の感染者や凶暴化した生物、そして時には敵対する人間とも戦いながら旅を続けていく世界観が秀逸で、探索要素でアイテムなどを見つけながら生き延びるサバイバルアクションを体験できる。

 

パンデミック後の世界を描く『Days Gone』

オープンワールドで生存を目指す『Days Gone』

▲感染によって理性を失ったゾンビ系感染者キャラが多数登場。ホラーアクション要素を持つタイトルだ。

 

凶暴化した感染者「フリーカー」との壮絶なバトルや、クラフト要素によってアイテムを生み出して生存者を助け出すシステムなど、歯ごたえ満点のプレイ体験を味わえる点がポイント。サバイバル要素を凝縮したオープンワールド型ゲーム作品を求めている人には断然おすすめのアクションアドベンチャーゲームだぞ。

 

16.Minecraft (マインクラフト)

2009/5/17から販売されているMojangとマイクロソフトのサンドボックスゲームで、PC、Xbox One、PS4、スマホなどで展開中。全てがブロック単位で構築された世界をクラフト要素で変化させながら生き延びていくゲームプレイは世界中のユーザーを魅了し、総売上が2億本を超えるメガヒット作品となった。

 

豊富なクラフトメニューと独創性を組み合わせて「自分だけの世界」を築き上げられる点が大きな特徴で、毎回自動生成されるオープンワールドで好きな世界を構築できる。夜間に敵対生物が発生するバトル要素もあり、クラフトとバトルを交互に楽しみながらプレイすることが可能。一度プレイするとやみつきになるぞ。

 

オープンワールドでサンドボックスを楽しめる『Minecraft (マインクラフト)』

グラフィックが進化した『Minecraft (マインクラフト)』

▲レイトレーシングに対応してグラフィックが進化している点もポイント。PC版では美しい景色も見られる。

 

常に何かを創造しながらプレイを続けていく点に大きな面白さがあり、世界中の熟練ユーザーたちはアッと驚くような世界を作り上げている。プレイヤーの独創性や創造力がプレイの面白さを決める作品で、これ以上ない「自由なキャンバス」をどのように使うかはプレイヤー次第。童心に帰って色々なことにチャレンジしよう。

 

 

17.Death Stranding (デス・ストランディング)

2019/11/8に発売されたソニー・インタラクティブエンタテインメントのアクションアドベンチャーゲームで、現在はPCとPS4で展開中。『メタルギア』シリーズで知られる小島秀夫監督率いるコジマプロダクションの最新作で、圧倒的なグラフィックと世界観、独創的なゲームシステムでオープンワールドを楽しめる。

 

ソーシャル要素を大胆にゲームへ組み込んでいる点が大きな特徴で、オープンワールドで他プレイヤーが残してくれたハシゴを利用したり、プレイヤーの行為に対して「いいね!」を送ることができる。インタラクティブにプレイヤー同士が繋がりながらプレイを楽しめる先鋭的なゲームシステムが展開するぞ。

 

絶滅寸前の世界をオープンワールドで描く『Death Stranding (デス・ストランディング)』

小島秀夫監督の最新作『Death Stranding (デス・ストランディング)』

▲小島秀夫監督が紡ぎ出した新たな世界。絶望と希望が交錯する世界でプレイヤーの冒険が始まる。

 

文学性と圧倒的な映像美で迫る世界観は唯一無二の存在感を誇り、荒廃したアメリカ大陸で命がけの「配達」を行うプレイヤーを没入感満点に迎え入れてくれる。小島秀夫監督が生み出す世界が好きな人にはおすすめで、見えない他プレイヤーとの「絆」を感じながらプレイできる特殊なオープンワールド作品だ。

 

18.Fallout4

2015/12/17から販売されているベセスダ・ソフトワークスのアクションRPGで、現在PC、Xbox One、PS4で展開中。各戦争後の荒廃したボストンを舞台に、息子をさらわれてしまった主人公(父親と母親を選別可能)を操作しながら壮大なストーリーを進めていく。様々な勢力の思惑も絡み合うディストピアなSF世界が魅力だ。

 

世界的な名作として知られている前作『Fallout3』から大幅に進化したグラフィックで描かれるオープンワールドは自由度満点で、様々なロケーションで発生するクエストに取り組みながらレイダー集団やミュータントなどの危険勢力と戦うプレイが最高に楽しい。善良な人々を救うための拠点システムも秀逸だ。

 

ディストピアなSF世界を描く『Fallout4』

危険なオープンワールドを探索できる『Fallout4』

▲レトロなSF世界をモチーフとした圧倒的な世界観はハマること請け合い。自由度満点の冒険を体験しよう。

 

放射能で汚染されたディストピアなオープンワールドは危険度MAXで、防護服を着用していないとあっという間に死んでしまうエリアも多数。好きなスキルを獲得できるレベルアップ要素で主人公をカスタマイズしながら、環境に対応できるキャラビルドで先を目指すプレイも楽しい。長時間ハマれるタイトルだぞ。

 

 

好きなオープンワールドで冒険しよう!

今回はオープンワールド型のゲーム作品の中から、特に世界のユーザー人気が高いタイトルを一挙18作品ご紹介した。Xbox OneやPS4、Nintendo Switchなどのコンシューマー機版や、高精細なグラフィックを堪能できるPC版など幅広い選択肢があるので、自分が好きなデバイスの作品を選んでプレイすると良いだろう。

 

自分なりの楽しみ方を見つけられる点もオープンワールド型ゲーム作品の魅力。「今日はあの場所でこれをしよう」「今日は今まで行ったことがない場所へ冒険しよう」など、毎回異なる目標を立てながらプレイできるため、長時間色々なアプローチで遊び倒すことができる。素晴らしいオープンワールドの世界を今すぐ体験しよう!

 

 

2
3
Chevron up