「ソウルワーカー(Soul Worker)」アニメ調のキャラクターがド派手にアクション!豪華声優陣によるシネマトークも魅力のおすすめMO式アニメチックアクションRPG!



PC サービス中 無料 MMORPG アクション

【ソウルワーカー】アニメ調キャラクターが戦うアニメチックアクションMORPG

かわいい&かっこいいアニメ調キャラクターたちが人類の存亡を掛けて戦うアニメチックアクションMORPG!
正式サービス開始は2016年LION GAMESWeMade Onlineが贈る、8人の主人公が異能力者ソウルワーカーとなり、人類を襲う異生物と戦うポストアポカリプス・ファンタジーだ。

キャラクター毎に異なるスキルを自分好みにセットして戦うバトルや、手に入れたアイテムを配置して自分だけの部屋を作れるマイルーム機能などコンテンツも満載!

シナリオパートは茅野愛衣さん、下野紘さん、加隈亜衣さんら豪華声優陣によるフルボイスで展開。戦闘中でも会話が進行する「シネマトークシステム」により、まるでアニメの世界に入りこんだかのような感覚でストーリーを楽しめるおすすめPCゲームだ!

「気分はアニメの主人公!」没入感がウリのアニメチックアクションRPG

本作は「気分はアニメの主人公!」をテーマにハイセンスな戦闘アクションと惹きこまれるような独特の世界観を融合させたアニメチックアクションRPG!
アニメチックといっても日本人になじみ深いアニメーション動画の類はほとんど登場しない。グラフィックはフル3D、ムービーはイラストが中心とアニメとは縁遠いように思えるが、ひとたびプレイすると「これは間違いなく『アニメ』のゲームだ!」とうなってしまう怒涛の演出がクセになる注目作だぞ!

【ソウルワーカー】日本アニメを踏襲した韓国発のMORPG


正式リリースは2016年4月。開発は韓国のゲーム会社Lion Gamesが2011年から行い、5年もの月日を経て日本に上陸。韓国から出発したゲームでありながら本作は開発当初より日本向けを意識しており、とくに日本アニメの再現に尽力したという。
突如現れた異生物の侵略で荒廃した近未来の世界を異能力者が駆けぬける―――いわゆる「厨二」にカテゴライズされるアニメを踏襲した世界観。そんな設定をしっかり受け止めるアニメチックなグラフィックと手軽に遊べるスタイリッシュなアクション。日本人ゲーマーの心に根づくアニメへのイメージを「これでもか!」とゆさぶってくるタイトルとして、多くのユーザーから支持を集めているぞ。

【ソウルワーカー】戦闘画面

本作の「アニメっぽさ」を支える要素はいくつかあるが、とくに大きなウエイトを占めているのは戦闘中もストーリーが進行するシネマトークシステムだろう。オンラインゲームのシナリオといえばクエストの受諾と達成で物語が進行するイメージが強く、合間の戦闘パートではシナリオが進まないゲームがほとんどだ。


ストーリーはストーリー。戦闘は戦闘。オンラインゲームのセオリーといってもいい構造だが、日本アニメをリスペクトする本作ではこれをあえて放棄。戦闘中でもキャラクターたちが思い思いに会話し、リアルタイムで物語が進展するシステムを採用している。それがシネマトークシステムだ。

【ソウルワーカー】シネマトーク

強敵と戦っている間も「ソウルワーカー」のストーリーは止まらない。キャラクターたちが時にシリアスに、たまにはコミカルに会話をくり広げ、刻一刻と状況が変化していく。プレイヤーは一瞬たりとも物語からはなれる余裕はなく、やがて「ソウルワーカー」の世界でたくましく生きる主人公に強く感情移入していけるだろう。まるでお気に入りのアニメを楽しんでいるかのように。

日本アニメにならったただけでなく、プレイヤーが主人公に感情移入できるシステムをふんだんに盛りこんでいるのが本作の大きな特徴だ。「気分はアニメの主人公!」「アニメのキャラクターを操作するような感覚」といったフレコミに偽りはない。アニメが大好きな人はもちろん、世界観に没入してゲームを遊びたいユーザーにも自信をもっておすすめできるタイトルだぞ!

爽快感重視のド派手な無双アクション!スタイリッシュにコンボを決めろ!

「ソウルワーカー」の戦闘システムは、ステージ内に出現する敵の大群をプレイヤーキャラのみでなぎ倒していく無双系アクションだ。拠点エリアでクエストを受注してからメイズと呼ばれるステージに入場し、無数のザコ敵と最深部のボスを撃破するのが基本的な流れとなる。
人類を追いつめた異生物たちを今度はたったひとりで追いつめていく。そんな反撃のシチュエーションがなんともたまらない。ただの無双ではなく、ストーリーとリンクしたカタルシスが味わえるぞ。


それでは細かい操作やゲームコンテンツについて個別に見てみよう。まずは基本操作からだ。

基本操作

操作はすべてキーボードとマウスでおこなう。通常攻撃は左クリック、キャラ移動はWASDキー、視点はマウスで調整とコマンドは直感的にわかりやすいので、本作がはじめてのPCアクションゲームという人でも苦労せず操作に慣れていけるだろう。
とはいえ、最初のうちはどのキーでなにができるのか混乱してしまうユーザーも少なくない。アクションだけでなく拠点エリアでの行動もすべてキー入力で操作するため、コマンドが複雑なのも事実だ。そんなときはF5キーを押せばどんなタイミングでもコマンド一覧がチェックできるぞ。困ったらとりあえずF5、と覚えておこう。

【ソウルワーカー】F5キーで基本操作が見られる

ちなみにキー配置は環境設定からいつでも変更可能だ。ほかのPCゲームとの兼ね合いで本作のキー配置がどうしても不便だと感じる人は遊びやすくいじってしまおう。


スキル

「ソウルワーカー」の戦闘をど派手に盛りあげてくれるのがキャラクター固有のスキルだ。大剣がトレードマークの主人公なら身の丈ほどのソードで敵をなぎ払い、刀を愛用するキャラなら居合で縦横無尽の斬撃をおこなう、といった形で個性的なアクションを見せてくれる。
中にはギターの音色で攻撃する、銃かと思いきや巨大なレールガンに変形するなど予想外のギミックを持つ主人公もいるので、スキルでプレイヤーキャラを選ぶのも一興だ。

【ソウルワーカー】スキル
▲ハルのスキル「ブレードウォール」。大剣を召喚して敵を引き寄せる便利なスキルだ

スキルは基本操作と同じようにキーひとつで発動するお手軽仕様。最大6個までスキルを登録できるスキルスロットにセットすれば、対応するキーを押すだけで発動できるぞ。ボタンひとつで群がる異生物をまとめて撃退する気持ちよさをぜひ体験してほしい。
また、スキルの組み合わせ次第では最大3コンボまでつながるスキルコンボが発生する。さまざまなスキルを試行錯誤する自由なカスタマイズが可能だ。
単なる必殺技にとどまらず、カスタム要素もギュッと詰まっているのが本作のスキルシステム。演出や性能をよく吟味して最強のソウルワーカーを育てあげよう。


オートマッチング

ゲームを進めていくと、どうしても攻略できないクエストが立ちはだかることがある。地道にレベル上げやスキルスロットの調整をするのもいいが、いっそのこと他プレイヤーと協力するのもひとつの手段だ。オートマッチングはそんなプレイヤーを助けてくれる便利なシステムである。
使い方はいたって簡単。挑戦したいステージを選択するさいに、ステージ名の下にある「オートマッチング」ボタンをクリックするだけ。するとレベルが近い他プレイヤーをゲームが検索し、見つかれば自動でマッチング。パーティを組んでクエストに参加できる仕組みだ。

普段はひとりだけで戦うクエストもふたり以上だと新鮮な気持ちで挑めるし、なによりクリアがグッと楽になるぞ。

【ソウルワーカー】オートマッチング

▲オートマッチングでは最大4人パーティでメイズに挑める


「だれかに助けてほしいけど、知らない人にチャットで話しかけるのは気まずい…」と考えるユーザーはぜひオートマッチングを活用してほしい。

協力プレイはオートマッチングだけでなく、好きなプレイヤーとパーティが組める招待モードや特定のプレイヤー同士で結成するギルドも存在する。「むしろいろいろなプレイヤーと仲良くなりたい!」と考える人はこれらのシステムを積極的に使っていこう。ただしギルドは操作キャラクターがLv20になるまで解禁されないので要注意。


以上が本作の戦闘システムとなる。このようにバトルだけでも夢中になれるクオリティだが、自分だけの和める居場所マイルームや植木鉢で野菜を育てる栽培といった戦闘以外のコンテンツも豊富にとりそろえている。

バトルをやりこみすぎて一息つきたくなったときに利用してみてほしい。緊迫のバトルもホッとできる日常もいっぺんに体験できるのが「ソウルワーカー」の奥深いところだ。

 

舞台はポストアポカリプスの近未来!異能VS異形の戦争に飛びこめ!

『ソウルワーカー』の世界観は、世界を襲った大災厄「空白」と正体不明の異生物ソウルジャンク悪魔ヴェシによって人類が絶滅寸前まで追いこまれた近未来の終末ファンタジーだ。人類はわずかな生き残りが寄り集まってコミュニティを結成し、圧倒的に不利な防衛戦をくり返している。そんな人類の希望として立ちあがるのが異能力者ソウルワーカーである。
崩壊した日常、目覚める異能、異形のモンスターをなぎ倒していく主人公…その世界観は日本アニメの一大ジャンル「厨二」のど真ん中を貫いており、新時代の王道といえるだろう。超能力バトルが好きなユーザーならハマれること間違いなしだ!

 

【ソウルワーカー】厨二感あふれる世界観

ここからは世界観をより知ってもらうため、本作のプロローグを紹介しよう。すこし複雑な世界観を理解してもらうべく、いくつかの重要ワードについても掘り下げて解説していく。

 


15年前、世界は崩壊した。


その始まりは人類の想像をはるかに超えた超巨大竜巻。その竜巻は何者かの悪意に操られているかのようだった。建物や人々を無慈悲に呑みこみ、やがて中から代わりだといわんばかりに不気味な異生物ソウルジャンクと残酷無比な悪魔ヴェシを吐き出す。竜巻から生まれた異形はまたたく間に人類を滅亡の危機に追いこんでしまう。

【ソウルワーカー】超巨大竜巻と異生物

この星の住民が人間から異形へと変わろうとしていたころ、人類は異能力者という名の希望と出会う。竜巻が消滅した跡地に発生した大穴「空白」から落ちてきた彼らは、常人離れした身体能力と超常現象をあやつる力に目覚めた人類の切り札だ。異能力者のなかでもとくに卓越した能力を有する者は異形と戦うヒーローとして称えられ、いつしかソウルワーカーと呼ばれるようになった。
ソウルワーカーと彼らを擁するスタリーフォレスト連合の活躍により人類はかろうじて全滅をまぬがれる。しかし無限に増え続ける異生物の侵略は容赦なく、戦局は悪化の一途をたどっていくのであった。

【ソウルワーカー】主人公たち

そして始まりの竜巻から15年後の現在。世界でもっとも危険な「空白」で、あるいはどこかの街で、また新たなソウルワーカーが産声をあげる。拭いきれないトラウマを抱え、それゆえに力を得た最上級のソウルワーカー。それは人類が待ち望んだ、正真正銘の希望の担い手だ。
物語の主役は8人のソウルワーカー。人類存亡をかけた戦争は、彼らの覚醒をもって真の始まりを迎える―――!


ソウルワーカー

「空白」から落ちてきた人間のなかでもとくに優れた異能を発現させた存在。通常の異能力者には扱えない特殊な武器を自在にあやつり、その影響力は絶大のひと言。秘めた感情を媒介に異能を発揮するため、その能力は個人の性格や生い立ちに強く結びついている。
本作でプレイヤーが操作する8人の主人公は、ソウルワーカーのなかでもトップクラスの潜在能力を秘めているぞ。主人公によって物語の展開が変わってくるのも本作の見どころ。格闘ゲームのアーケードモードのように、キャラクターごとに独自のストーリーが楽しめるぞ。


異生物ソウルジャンク

15年前の超巨大竜巻から吐きだされた正体不明の存在。機械と動物が混ざりあった異形であり、オオカミ型やクモ型、はたまた人形型など多彩な種類が確認されている。
各地で断続的に発生する竜巻から絶えず新個体が吐き出されているため、いくら狩っても減るどころかむしろ総数は増える一方とされる。まさに人類の天敵だ。


悪魔ヴェシ

ソウルジャンク同様、超巨大竜巻から誕生した人類への新たな試練。外見は人間に近くソウルジャンクと違って言葉を話すが、その行動原理は残虐で悪質極まりない。
戦闘能力は異生物をはるかに凌駕し、戦争初期においてなんとか踏みとどまっていた人類を一気に劣勢に追いこんだほど。通常の異能力者では太刀打ちできない個体も多く、真正面から対抗できるのは優れたソウルワーカーのみとされている。


スタリーフォレスト連合

ソウルワーカーの登場をきっかけに結成された軍事組織。スタリーフォレストには「星のように輝き、森のように希望を包みこむ」という意味が込められており、異生物および悪魔を討つ戦争に挑む。
異能力者の管理も彼らの任務に含まれており、物語冒頭で主人公を回収するのもスタリーフォレスト連合のメンバーだ。主人公によってはスタリーフォレストの一員として戦争に参加していく。

 

物語の中核を担う8人の主人公!個別ストーリーと個性的なアクションが魅力!

アニメチックアクションをうたう本作だけあり、登場キャラクターも大人気オリジナルアニメを思わせる個性的な面々がそろっている。主人公となるプレイヤーキャラクター、それぞれの思惑で行動する登場キャラクター、そして世界を襲う異形の敵対勢力の三すくみがストーリー展開にグッと深みを与えているぞ。

気になるプレイヤーキャラクターは現時点で8人。「空白」によって母を失った少女や肉体改造によって力を得た元被験体など、まったく違うタイプの人物が集まっている。プレイヤーが自分自身を投影できるキャラをえらぶもよし、応援したいと思えるキャラをえらぶもよし。思うままにソウルワーカーの世界で戦うキミの分身を見つけよう。
ここでは一部のプレイヤーキャラクターを簡単に紹介しておこう。彼らのボイスを担当する声優陣も有名どころが参加しているので、こちらもあわせてチェックだ。

 

【ソウルワーカー】ハルとエフネル
ハル・エスティア CV:茅野愛衣(上画像左)

「だれかを助けたい」
そんな純粋な気持ちを持ち続け、ついには医大に合格した心やさしい努力家の少女。それがハル・エスティアだ。しかし母親と喜びを分かちあうハルを待っていたのは「空白」の大災厄だった。
大災厄から15年後。空白から生還したハルが手にしていたのはソウルワーカーとしての異能。カタチは違えど他人を守る力を手にした少女は、使命を果たすべく戦う決意を固めるのだった。
気が弱いところがあり、本来は戦いに向いていない性格。しかし、他人が傷つく場面に出くわすと激しい怒りによって奮起する強さを秘めている。
戦闘
本作のメインヒロインにあたるポジションだけあり、だれでも使いやすい初心者向けキャラとして定評がある。身の丈ほどもある巨大なソードを豪快に使いこなす戦闘スタイルが特徴だ。右も左もわからないプレイヤーはとりあえず彼女をチョイスするのが無難だろう。

エフネル CV:佐倉綾音(上画像右)

幼少期に人体改造プロジェクトの被験体となり、失敗作の烙印を押された過酷な生い立ちの持ち主。皮肉屋でとんでもない毒舌を吐くこともしばしば。
友達、両親、そして自分を実験体にしたネッドカンパニー。あらゆるものから裏切られてきた彼女は世界そのものを憎んでおり、飄々な態度からは感じ取れないほどの強い復讐心を胸に秘めている。
とりあえずの目的はネッドカンパニーへの復讐。だれにも頼らず、慣れあわず、世界への憎しみに突き動かされる少女の旅はどこへ行きつくのか―――?
戦闘
スピアと体術を自在にあやつり敵を翻弄する。操作難易度は高めで、初心者には扱いきれないかもしれない。だが目にも止まらぬスピアの連打で無数のエネミーをなぎ倒す爽快感は8人の主人公でも随一だ。彼女にとって初めての「自由」に胸を躍らせているかのようなアクションをぜひ使いこなしてあげてほしい。

【ソウルワーカー】アーウィンとイリス

アーウィン・アークライト CV:下野紘(上画像左)

生まれながらの天才少年。幼いころからあらゆる分野で突出していた彼が、世界そのものに飽きるまでそう時間はかからなかった。
退屈な世界にとうとう絶望しかけていたその時、アーウィンは世界に発生した異常現象「空白」を知る。天才である自分が初めて遭遇する未知。その現実と出会った彼は何の迷いもなく「空白」へと侵入するのであった。
無事「空白」から生還し、ソウルワーカーとして目覚めたアーウィンはヒーローという享楽のために銃をとる。まるで滅びかけた世界を楽しむかのように。
戦闘
状況に応じて変化する二丁拳銃で戦場を制圧するスタイリッシュなアクションがウリ。銃使いだが近距離もそつなくこなすオールラウンダーだ。

イリス・マユ CV:加隈亜衣(上画像右)

勝気な性格だが人当りがよく、だれからも好かれる太陽のような方言女子。そのお転婆な気質からは想像できないが、8代続く名家マユ家の末っ子でもある。
ある日、母親と大喧嘩したイリスは日頃からため込んでいた後継者としての不満を爆発させ、怒りのまま家を飛び出してしまう。決められていたレールを走り続ける我慢の日々に彼女はうんざりしていたのだ。
ここまでならよくある話だが、問題は次の瞬間に「空白」が出現したことだった。
マユ家のすべてを呑みこんでいく「空白」。偶然にもひとりだけ生き残ったイリスもまた、「空白」へ自ら飛び込んでいく。なにもかもを失った自分のなかに芽生えた感情を制御できないまま。
戦闘
砲撃機能を搭載した巨大なハンマーによる圧倒的火力でゴリ押す典型的なパワータイプ。動作のタメが多いのが難点だが、複数の敵をまとめてブッ飛ばせる豪快さは病みつきになる。



ちなみにプレイヤーキャラの名前とビジュアルは作成時にアレンジ可能だ。用意されたパターンを元に理想のアバターが作れるので、プレイヤー自身の分身として愛着が持てるようになっているぞ。
8人の魅力的な主人公を自分好みにアレンジして、荒廃した世界を救うヒーローをめざそう!

これから始めたい人必見!序盤を効率的に進める5つのポイント

ここまでで「ソウルワーカー」に興味を持ったユーザーのために、ここからは本作の序盤を進めるうえで覚えておいてほしい基本を伝えておこう。
本作は世界観やキャラクターこそ日本人ゲーマーにはなじみ深い要素で構成されているが、クエスト制やミッションなどPCゲームにあまり縁がないユーザーにはわかりづらい決まり事がいくつかある。家庭用ゲームを遊ぶことが多いゲーマーはなにかと混乱しやすいのだ。
しかし慣れてしまえばテンポよく「ソウルワーカー」の世界を楽しめるようになるので、これから本作を始めたい人は以下の5ポイントを要チェックだ!



1.インストールは時間に余裕がある時に

「さあソウルワーカーを始めるぞ!」と意気込んでいる人はちょっとだけ落ち着いてほしい。本作はダウンロード形式のPCゲームであり、遊ぶには公式HPからゲームを動かすクライアントとゲーム本体をインストールする必要がある。
このインストールがクセモノで、環境次第だがすこし時間がかかる。試しに時間を測ってみたところ、初回起動まで1時間ほどかかった。(PCのスペックや回線状況で前後する場合も)

ド派手なアクションとアニメチックな豪華演出を堪能するための必要経費と捉えたうえで、時間に余裕をもって本作を導入しよう。GAMECOM 、ハンゲー、DMMのいずれかに会員登録するのもお忘れなく。

2.キャラクターは好みorプレイ難易度でチョイス

【ソウルワーカー】キャラクター選択

 

無事「ソウルワーカー」の起動に成功したら、キミの分身となるプレイヤーキャラを選択しよう。1つのアカウントにつき8人まで作成できるので、あまり深く考えず気楽に決めてしまってOKだ。
8人の主人公はそれぞれ簡単なプロフィールとグラフィックがチェックできるので、見た目や操作してみたいアクションを吟味したうえで決めよう。「このキャラじゃないと他プレイヤーとの競争に置いていかれる!」といったあからさまな性能格差は存在しないので安心していい。


【ソウルワーカー】ハルは8キャラ中で屈指の使いやすさがウリ

▲プレイ難易度☆☆のハルはスタンダードな使いやすさが特徴


どの主人公も魅力的で決められないという人はステータス欄のプレイ難易度を目安にしよう。アクションPCゲームは初めてなユーザーなら低難易度のハルかアーウィン、「クセのあるキャラを使いこなしてこそ!」というこだわり派なら上級者向けのエフネルやイリスがおすすめ。


3.最初はメインクエスト&サブクエストの二刀流で

ゲームを始めたらしばらくはシナリオを楽しめるメインクエストをひたすら進めていこう。メインクエストをとおして操作に慣れつつ、人類滅亡の危機に抗う異能力者たちの活躍を描く「ソウルワーカー」の物語に没頭してもらいたい。
メインクエスト自体はNPCキャラクターの指示どおりに行動すれば進めていけるが、ここで気をつけたいのがサブクエストの受領。サブクエストはメインの進行度によって開放される、いわゆるおつかいイベントだ。
「アイテムを〇個回収する」「特定の敵を倒す」といった条件が多く、メインクエストをクリアするついでに達成可能なものばかりだ。序盤は不足しがちな経験値を獲得できる大事なチャンスなので、サブクエストが発生していたらメインクエストの前に必ずチェックしておきたい。

【ソウルワーカー】サブクエスト
▲サブクエストは青い「!」マークのNPCに話しかけるとスタート

序盤に限らず、本作では「メインクエストを開放する」→「サブクエストをすべて受領」→「メインとサブを同時にクリア」の流れが基本となる。サブクエストは拠点の住民と交流できる貴重な機会でもあるので、やらない手はないぞ。


4.インベントリの空きに要注意。余剰装備は分解すべし

メイズを攻略しているとよく遭遇するトラブルがアイテム欄ことインベントリの空き不足だ。インベントリが埋まったままでウッカリ出撃してしまうと、せっかくのレアドロップをゲットできなかったり手持ちのアイテムを破棄しなければならなかったりとデメリットしかない。クエスト出撃前にはIキーでインベントリをチェックするクセをつけておこう。
また、新規登録ユーザーは初回ログイン時にインベントリ枠を増やせる拡張チケットがもらえるので、こちらを使うのも忘れないようにしたい。

【ソウルワーカー】インベントリ
▲このように気づいたらすぐ埋まってしまうぞ

ちなみにインベントリ内のアイテムの処理は、メインを進めて開放する銀行にあずける商店での分解が主な手段になる。ここでおすすめしたいのが商店での分解だ。武器や防具といった装備を分解すると、新アイテムの製造や強化に使える素材アイテムがゲットできる。ゲームを進めていけば強力な装備の作成がかならず必要になる場面にでくわすだろう。その時のためにも、序盤から分解で素材を集めておこう。

【ソウルワーカー】商店

▲分解はこちらの商店で

分解の目安は自分の装備品よりステータスが低いかどうかで決めていい。ちなみに自動選択だと分解すべき装備品をえらんでくれないケースが多いので、多少面倒でも手動でえらんだ方がむしろ手間が省けるぞ。

5.期間限定ミッション「レッツ!ソウルワーカー!!」を見逃すな!

本作ではゲームを始めたばかりの初心者向けに期間限定ミッションを用意している。それが7日かけてこなしてい特殊ウィークリーミッション「レッツ!ソウルワーカー!!」だ。

【ソウルワーカー】レッツ!ソウルワーカー!!

 

「レッツ!ソウルワーカー!!」では新規に作成したキャラクターを対象に、計7日分の限定ミッションが課せられる。とはいっても「キャラクターをLv5にする」「スキルを強化する」などチュートリアルのような内容ばかりなので、ここまでで紹介してきたポイントをしっかり守っていれば難なくこなせるものばかりだろう。ミッションを達成すれば戦いに役立つアイテムがもらえるので、ゲーム画面右上のアイコンからチェックだ。


【ソウルワーカー】ミッションはアイコンからチェック
▲矢印のEVENTアイコンからミッションが確認できる

すべてのミッションをクリアできれば最終達成報酬として高レアA.Rカードが確定で出現する特製A.Rカードキューブを筆頭に、豪華なアイテムが多数もらえるぞ。本作を長く続けたいと思ったらかならず全部こなしておきたいところだ。ミッションには一区切りともいえるLv30達成も含まれているので、すべて終わるころには一人前のプレイヤーにまで成長しているだろう。


以上の5つのポイントを念頭に置けば、本作の序盤はもう怖くない。操作性に不安がある場合は先ほどお伝えしたキー配置アレンジやスキルスロットを駆使すれば問題ないだろう。
そして序盤を乗りこえてプレイングに余裕ができたら、新しいキャラクターを作成するのもおすすめだ。主人公によってストーリー展開がガラリと変わるのも本作の特徴なので、さまざまなキャラクターを駆使して「ソウルワーカー」の世界を遊びつくしてほしい!



人類を追いつめた異生物を無双アクションでなぎ倒す爽快感と、ポストアポカリプスの世界を丁寧に描いた重厚なストーリーが同時に楽しめる本作。ゲーム性もシナリオも高いレベルでまとまっており、幅広いユーザーが満足間違いなしなクオリティに仕上がっているぞ。
「大好きなアニメの世界に行ってみたい」アニメ好きならだれもが考えたことがある願望を叶えてくれるゲーム、それが「ソウルワーカー」だ!

ソウルワーカー(Soul Worker)スペック/動作環境

動作環境 必須環境 推奨環境
対応OS Windows 7 32bit以上 Windows 7 64bit以上
CPU Intel Core2 Duo以上 Intel Core i5以上
メモリー 2GB以上 4GB以上
グラフィックカード GeForce GT440 以上 GeForce GTX 460 以上
VRAM
HDD空き容量 20GB以上
DirectX DirectX 9.0c以上 DirectX 9.0c以上
回線速度
備考 ※グラフィックカードを搭載していないパソコンでは、メモリ4GB 以上を搭載していないと正常に動作しない場合があります。

ソウルワーカー(Soul Worker)の評価・レビュー・評判(13件)

  1. クシャナ(女性)
    5.0点
    割と出来がいいのになぜか知名度が低いゲーム

    初めて3ヶ月ほど、課金は月5000円未満、カンスト2キャラ所持のライトユーザー目線でのレビューです。古いレビューしかなかったので、2020年夏現在の情報を書きます。

    【総合評価】
    知名度がなく、過疎と聞いたためあまり期待していなかったのですが、少なくともレベルカンストまでは大変面白いです。特にストーリーがしっかり作ってあって、ストーリーのためだけにサブキャラを作るレベルです。無料でそこまでスペックも必要としないので、ひとまずやってみることをおすすめします。

    2020年6月からDMMアカウントでもゲーム開始できるようになりました。

    【どんなゲーム?】
    アニメを見るように、選んだキャラのストーリーを楽しむ無双系アクションゲームです。大量の敵をなぎ倒す快感、個性的なキャラクター、意外な展開がもりだくさんのストーリー。また主人公の闇落ちものやトラウマが好きな方にもおすすめします。

    【キャラクリ】
    全7キャラ(+夏に新キャラエフネル実装)から好きなキャラを選びます。キャラの性別や顔だち、声、性格、体格などは全て固定です。しかし、課金で髪型や髪色、瞳の色、肌、そしてアバターが変更できます。

    髪色だけでも60種類近くあるので、それだけでもかなり個性をつけることができ、上手な人だと「それ……どのキャラ?」と元が判別しづらくなるほどになります。

    一から自分だけのキャラクターを作りたい人はがっかりするかもしれませんが、どのキャラも性格が個性的で、それを楽しむゲームでもあるので、ゲームをやっているうちにある程度納得できるのではないでしょうか。

    【課金】
    できれば最初にアバター一式(2000~3000円)orブローチパンチャー(100円x10個)を買っておくと後半非常に楽です。ブローチがつけられるので火力が跳ね上がります。

    それ以外は無課金でも十分に楽しめるレベルです。課金売りする人も多く、ゲーム内マネーを貯めれば課金アイテムを購入もできます。1日1時間しか遊ばないライトユーザーでも、Lvカンストしていれば1日に100円分くらいになるゲーム内マネーを余裕で調達可能です。

    もちろん、早く強くなりたいと思えば数万、十万単位の課金が必要になってきますが、それはどのゲームでも同じことだと思います。

    【ガチャ要素】
    このゲームはアバター課金ガチャがほぼなく、買い切りが9割以上なので良心的です。アバターや髪色、髪型など買い揃えても5000円もあればおつりがきます。新規勢の1stキャラなら鞄拡張アイテムも豊富にもらえるので、無課金勢でも問題ないでしょう。

    ガチャアイテムとしては「ARカード」という、ステータスアップや攻撃スキルとしてつかえるカードがガチャアイテムとして1枚100円で存在します。しかし、無課金でもログボやダンジョン、イベントでぼろぼろもらえるため、無課金でも3ヶ月くらいやれば★5ランクまであるうち★3まではほぼ揃うでしょう。

    ★4、★5を狙うためにガチャを回すわけですが、排出率が1%未満と非常に渋いです。そのため、毎月数千円の微課金ではあまりおすすめできないアイテムです。一気に入手・育成しようとすると十万~数十万くらい飛びます。

    しかし、無課金でも月1枚くらいは★4や★5がぽろっと出るので、じっくり楽しみたい人なら問題ないかと思います。私もカードは無課金ですが、数ヶ月である程度有用なものが揃っています。

    【育成】
    レベル上げだけなら苦ではありません。土日に経験値アップイベントがあるのを利用すれば、メインストーリーをとばさず読んでも、はやくて2~3日くらいでカンストできます。サブクエまでやっていると2~3週間はかかるでしょう。

    【ストーリー】
    一部誤字、脱字などがひどいものの、博多弁での会話表現があったり、日本のギャグなどがあったりなど、翻訳自体はとても日本向きで違和感のないものになっています。

    ストーリーの展開も思わず先が気になる、引き込まれるものが多いです。また、ストーリーはキャラごとでNPCの受け答えが全く異なり、展開は同じでも、別キャラでプレイすることでまた違った味わいがあります。キャラによっては違う展開になる場合もあります。

    私がサブキャラを作った目的は、そのキャラのストーリーを見たいからでした。5キャラ作りましたが毎回新鮮です。

    【ボイス】
    シネマトークという演出があり、ダンジョン内での会話は、プレイヤー自身を含めフルボイスで、臨場感たっぷりに進みます。豪華声優を使っているので声優ファンにもおすすめです。

    【BGM】
    クオリティが高いです。初期のオープニングムービーの曲が特に評価が高い様子。Youtubeなどでもあるのでぜひ聴いてみてください。私はアイアンキャッスルメイズのノリノリのBGMが大好きです……。

    【難易度】
    初期はいわゆる無双系アクションで、とにかく武器をぶん回していれば倒せます。ボスすら一撃で沈むこともあります。雑魚より弱い。回避?なにそれ美味しいの?

    一方、Lv55を過ぎると突然難易度が跳ね上がり、主にレイドでHPがごりごり減るギミックや、即死ギミックも出てきて、死亡回数が増えていきます。回避って大事だったんだ! 唐突に難易度が上がるので、愕然とする人もいるかもしれません。Lv55からはPT必須項目が多くなるでしょう。

    ただし、ストーリーを追ってカンストさせるだけであれば、序盤とそれほど変わりません。

    【ソロプレイ】
    Lv55までは実質ソロです。Lv55~からPTコンテンツが増えていきます。ソロでもごく一部のメイズ(ダンジョン)を除いてできなくはありませんが、結構苦行です。私はソロでしたが、諦めてPT募集をし始めました。へたくそですが、強い人がよく来てくれるので快適にプレイできています。

    【装備】
    このゲームは装備がすごいです!
    Lv1~Lv55……LvUP報酬で武器防具がもらえる、アクセはダンジョンで拾う
    Lv60・Lv65……最終強化+9済みの武器防具アクセを一式もらえる
    Lv65(2段階目)……基本的にゲーム内で集めるが、イベントで交換券をもらえることがある
    Lv68(最終装備)……ダンジョンに行って揃えるか、取引所でゲーム内マネーで購入

    このように、かなり装備集めが楽なので、新規でも楽に最前線一歩手前まで到達できます。一方、最前線に行こうとすると課金では揃えられないアイテムでOP厳選をする必要があり、数ヶ月単位で時間がかかります。

    【強化】
    装備の最大強化は+9で、アクセは強化が不要のため、武器防具合計5箇所のみです。強化確率はマゾいという人もいますが、最強装備以外は緩和されているので+9にするのはそれほど難しくありません。無課金でも十分できます。

    一方、最終装備は強化確率がぐんと絞られているようなので、強化確率2倍イベントなどを利用してコツコツ叩いていきます。

    【人口】
    残念ながら過疎です。しかし、PT募集すれば30分以内にほぼ集まる程度には人はいます(主に外国人ですが……) さびしいときは賑やかなギルドに入りましょう。

    【新規】
    DMMサービス開始されてから新規の人が増えています。掲示板などのギルド募集などの書き込みもそこそこあります。

    【イベント】
    ほぼ毎週なんらかのイベントがあります。月に1回くらい何もない週があるかもしれません。イベントもLv30からと参加ハードルが低く、高レベルになってから使うアイテムを交換できるので、じっくり資材を貯めて行けます。

    【外人が多い?】
    他のレビューなどで言われていますが、外国人が本当に多いです。日本語堪能な人も、全て英語で話す人もおり、私は英語の勉強になると前向きに考えてプレイしています笑。野良を組んだらほとんど外国人になるでしょう。日本人だけのギルドは当然あるので、日本人だけでプレイしたい場合はそういったギルドに入ることをおすすめします。

    【装備で蹴られる?】
    装備で蹴られることはたしかにあります。一方で、そもそも募集主がそんな装備で大丈夫か?という状態のことも多くあるので、意外と入るだけならハードルは高くありません。自分で募集すれば、装備を見た人がこのくらいのレベルなら大丈夫そうだな、と判断して応募してきてくれます。

    そもそも日本語が通じない相手も多いので、会話もせいぜいよろおつ程度。募集主の責任を感じることはあまりありません。

    【エラー落ちする?】
    クライアントが頻繁に落ちるというレビューもありますが、推奨環境を満たした私の環境ではごくまれにある程度です。他のゲームと似たようなものだと思います。

    1 違反報告 [2756] 
  2. カースン(男性)
    3.0点
    今後に期待するとして☆3とします

    今回のアップデートで色々と見直された面があり、段階的にテコ入れをしている姿勢はボチボチ評価できました。

    ただ、システムを抜本的に見直す必要がある箇所としては、戦闘時のスタミナシステムと回避手段が挙げられます。

    というのも、キャラクターが回避を行うたびにスタミナが消費されるのですが、これが現在の戦闘の面白さを半減させている要因です。

    スタミナが尽きれば回避はできず(しかもダッシュする際もスタミナがいる)歩いて避ける他になく、その時にガードを使ってダメージを減らす、というようなシステムはありません。

    回復薬はありますが、そんなのをいちいち使ってられる余裕は皆無です。

    なので敵側の仕掛けが有利すぎます。さらにバグも多いので、プレイヤー側が別ベクトルの難易度に虐げられている部分がかなり多い。

    プレイヤーのスキル要素とは無関係に、こういう立ち回りにおけるシステムはアクションMOでは非常に重要でしょう。今後の運営側がその辺をどう考え修正していくかで結末が変わるかと思います。

    今はまだ実装してわずか数か月という段階。今のうちにテコ入れをしないとこのような周回要素しかほぼないゲームはすぐに飽きられ(もうだいぶ飽きられてきている)てしまいます。資金繰りがキツくなりガチャを強いるシステムをやむなく取り入れるほかに手法はなく、悪循環になっていくことは火を見るよりも明らかです。

    クライアントが頻繁に落ちる事に加えて、課金コンテンツであるARカードのバグ、敵のモブ描写における読み込みの負荷やエフェクトでかかる負荷の調整などなど、探せば探すほど非常に多くの修正を要する箇所がありますが、きちんと解決してほしいです。

    まだクローズドβ以上オープンβクラス未満の出来と思っています。しかし、今後に期待するとして☆3とします。

    2 違反報告 [2529] 
  3. 石ちゃん(男性)
    5.0点
    絵は好みの問題もありますが、個人的にはすごく好き

    絵は好みの問題もありますが、個人的にはすごく好き。
    キャラと声優が一致してるのもさらにいい。

    ジャンルはアクションで、ゲームしない人にとっては馴染みづらいジャンルだが、操作はすごく簡単。

    1人から4人まで楽しめるが、フレンド機能が充実してて、知らない人でもマルチプレイがアドホック・パーティー並にやりやすかったです。
    爽快感と賑やかさを求める人には絶対楽しめます。

    これからキャラも徐々に増えていくので楽しみです。
    サーバ自体がしっかりしてるせいか今は重くならずにプレイできています。
    ゲームだけでなくストーリーやキャラ自体も楽しめるのでもろもろ飽きずに今のところプレイしています。

    6 違反報告 [2531] 
  4. ryuuto(男性)
    1.0点
    キャップ解放がされない

    「韓国との統合でSコイン価値引き上げARカード1枚単価の値下げ。Sコインの価値は引き上げるがイベント配布や各種報酬におけるSコインも増量する予定です。」
    と言っていたが1周年記念イベント後不具合で接続時間報酬がアイテムキューブ配布になった。

    ARカードは単価値下げにより同じソウルコイン消費でも枚数は増えたがカード自体のレアリティーが上がり2段め3段目と強化するのに同じレアリティーのカードが必要なため、実際には段階をあげるのにはかなりの課金が必要。

    最悪なのは1年以上レベル解放されていないこと。プライマルは外人が多いので野良はコミュニケーションがとりずらい。よって、日本人はギルド・身内で周るためソロには厳しい。

    13 違反報告 [2593] 
  5. やまゆき(男性)
    4.0点
    ゲーム自体は面白くアニメーションの様なキャラクターがキュート

    ・ゲーム自体は面白い。
    ・アニメーションの様なキャラクターがキュート。
    ・アバターがキュート、安い、ゲーム内マネーで簡単に買えます。
    ・レベルがすぐに上がります。
    ・装備を揃えるのが楽しい。
    ・ソロでもオートマッチング機能、パーティー募集機能を使えば普通に遊べます。
    ・課金しなくても楽しめます。
    ・外国人が多い、グローバル。
    ・課金品の下方修正があるので課金がしにくいです。
    ・1日に行けるダンジョンに回数制限があります。なので、現在の最強ランクの装備を作るのに毎日やっても相当時間がかかります。
    ・強制終了のバグが直らないので、パーティーでダンジョンに入る前にリログインするのが常識となっています。
    ・バグすらも仕様という認識のもとでやっていれば腹立たしくはなりませんが、海外からの接続者と間違われてログイン出来なくなった時は腹が立ちました。
    ・過度の課金はおすすめしません。
    ・人口が少ないせいか、取引されているアイテム量も少ない、ゆえに独占しやすいため迷惑なセールを狙う人間が沸きやすい。
    ・わざと過疎らせたいのかと思うくらい運営がユーザーの心理を理解していない。しかしゲーム自体は面白いので無課金、微課金なら問題なく楽しめます。
    ・装備強化で失敗すると高い確率で装備が壊れる。それを防ぐには課金200円が山ほど必要で、直すには1000円と高いため本格的に強化してる人はあまりいません。
    ・アバターを、装備した際に使える特殊エモーションが凝っています。
    ・ソーシャルゲームみたいに手軽に遊べます。
    ・コツコツ毎日短時間にゲームしたい人には向いています。
    ・キャラクターを5枠まで作れるため、キャラクターを変えながらプレイすることが可能。
    ・キャラクターごとに別のギルドに入れるのでフレンドは作りやすい。

    バグと課金する人を生贄にするかの様な極端な調整がなければ良いゲームになっていたと思われます。これから人口が増加すればまだ可能性があります。

    17 違反報告 [2542] 
  6. ウーチャカ(男性)
    4.0点
    ストーリーが楽しくユーモア溢れるキャラ

    素材は素晴らしい!

    キャラも個性が各々ありストーリーが楽しくユーモア溢れるキャラ同士のやりとりはなかなか見応えがあります。

    今はそれが楽しみでストーリーをこなしています。

    ゲーム自体も爽快感あふれる アクションゲームです。
    これから伸びるゲームだと思いました。

    ただ、少し不備やバグが多いが一月前よりだいぶ修正されてきているので、 一月でここまで出来ているのであれば 期待してもよいのではないでしょうか。

    2 違反報告 [2519] 

ソウルワーカー(Soul Worker)のレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

2
3
Chevron up